仙台農業テック&カフェ・パティシエ専門学校の募集情報

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

専修学校(専門学校) / 宮城県 認可

仙台農業テック&カフェ・パティシエ専門学校

(2022年4月仙台カフェ・パティシエ&調理専門学校より学校名変更予定)

募集内容・学費

仙台農業テック&カフェ・パティシエ専門学校の募集内容や学費をチェックしておこう!

農芸テクノロジー科(2022年4月設置予定)

  • スマート農業&流通専攻
  • 地域創生&食農マネジメント専攻
  • ファームtoテーブル専攻
  • 食農&健康美専攻

食健康テクノロジー科(2022年4月設置予定)

  • パティシエ&ショコラティエ専攻
    • 概要

      技術力から創造力へ、「ゼロから作品を生み出せるパティシエ」へ。
      製菓技術の基礎から応用までとことん学びます。「種から植える食材作り」「お客様へ届けるホスピタリティ」「IT&マネジメント」を身に付ける事で、自ら育てた食材を活かした商品の開発に加え、その商品をよりたくさんのお客様へ届けられる人材へと成長できます。

    • 定員

      40名
      ◇学科の総定員数。

    • 対象

      男女

    • 年限

      3年

    • 学費

      ●初年度納入金 2022年度(予定)
      150万円(教本・教材費、海外実学研修積立金など別途必要)

  • 製パン&ベーカリー専攻
    • 概要

      製パンにおけるすべての技術を身に付けたスペシャリストへ。
      パンの技術の基礎から応用まで幅広く学び、即戦力として働けるパン職人になるのはもちろんのこと、さらに、SNS やIT&マネジメントも学ぶことで、自ら商品考案を行い、作った商品を市場に売り出す力を養います。これからの食業界が求めるチカラを持つ人材へ。

    • 定員

      40名
      ◇学科の総定員数。

    • 対象

      男女

    • 年限

      3年

    • 学費

      ●初年度納入金 2022年度(予定)
      150万円(教本・教材費、海外実学研修積立金など別途必要)

  • カフェ総合マネジメント専攻
    • 概要

      カフェを通して、「食の安心・魅力」を伝えられる人へ。
      カフェに関する全ての技術に加え、空間演出・新商品の開発までしっかり身に付けます。安心・安全をお客様に届ける為の産地研修お店を開いたときに、店頭で販売できるグッズや商品の作成まで、あなた自身をブランディングできるあらゆるチカラを身に付けて業界へと送り出します!

    • 定員

      40名
      ◇学科の総定員数。

    • 対象

      男女

    • 年限

      3年

    • 学費

      ●初年度納入金 2022年度(予定)
      150万円(教本・教材費、海外実学研修積立金など別途必要)

  • 農業&創作料理専攻
    • 概要

      調理を通して食材の素晴らしさを伝えられる料理人へ。
      西洋・日本・中国といったベースとなる各国の料理に加え、創作料理・製菓・製パンまで学べる、食のスペシャリストを目指すコース。食材作りから、その食材を活かした商品開発、流通や販売についても学びます。「料理を作れる人」から、「料理を通して、食の未来を創造できる人」を目指します。

    • 定員

      40名
      ◇学科の総定員数。

    • 対象

      男女

    • 年限

      3年

    • 学費

      ●初年度納入金 2022年度(予定)
      150万円(教本・教材費、海外実学研修積立金など別途必要)

調理師科

    • 概要

      調理師免許の取得を目指せます。和食・洋食・中華それぞれの調理の基本をマスターし、その上でオリジナル創作メニューを開発するための知識・技術を学びます。

    • 定員

      40名

    • 対象

      男女

    • 年限

      2年

    • 学費

      ●初年度納入金 2022年度(予定)
      150万円(教本・教材費、海外実学研修積立金など別途必要)