二松学舎大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

二松学舎大学

国際政治経済学部

国際政治経済学科

国際社会で活躍できる人材を育てます!

国際政治経済学部は「国際政治経済学科」と「国際経営学科」の2学科。国際的・学際的な学びが特長で、英語教育や情報教育も重視し、有能なビジネスマンを育成します。キャンパスは日本の政治、経済の中心である東京都千代田区。社会の動きを肌で感じながら4年間学ぶことができます。1年次からキャリア教育を実施。正課の授業にキャリア教育プログラムを組み込んでおり、さまざまなアプローチを通じて、国際社会で活躍できる人材の育成に取り組んでいます。
「国際政治経済学科」は1年次に政治・経済・法律の基礎を学んだ上で、2年次から「国際政治」「国際経済」「法行政」の3専攻に分かれて学びます。すべての年次で少人数制のゼミナールを展開。1年次は基礎ゼミ、2年次は基礎から専門への繋ぎとなるプレップゼミナール、3・4年次は専門ゼミナールが開講され、基礎から専門への移行もスムーズです。また、国際感覚を身につけるために海外社会事情や国際関係等を学び、語学においてより深く英語を学びたい人には英語特別プログラムが用意されています。

国際経営学科

国際経営センスを身につける!

「国際経営学科」は、実務に直結する国際経営センスを身につけることを目的としています。「経済」や「法律」を学んだ上で経営学を学び、基礎から実践的知識の習得をめざします。また、世界に通用する国際感覚を磨くため、「海外社会事情」「地域研究」「英語特別プログラム」などの授業も国際政治経済学科と共通で学べるようになっています。さらに、実社会で必要となるビックデータの利用・分析など、ICTリテラシーを育む独自のプログラムも用意されています。
本学科の特長は、多数の教員が実務経験者であること。ビジネスの最前線で活躍してきた教員陣からリアルな経営学を学ぶことができます。そして1年次から4年間少人数制のゼミナールが用意されていること。それ以外の授業でもグループワークを多用するなどアクティブ・ラーニングの比率は高く、早くから社会人基礎力アップが期待できます。

こんな学問が学べます。
  • 経済学
こんな職種が目指せます。
  • 貿易事務

文学部

広く教養を身につける

勉強も資格取得もサポート!

文学部は、国文学科と中国文学科、都市文化デザイン学科に分かれており、2年次より各専攻に分かれて学びます。ここでは国文学科と中国文学科についてのご紹介をします。

・国文学科
古典から近現代までの文学を学ぶ「国文学専攻」、映画・小説・古典芸能などのメディアを学ぶ「映像・演劇・メディア専攻」、日本語を追究する「日本語学専攻」、歴史学・美術学史・民俗学の視点から学ぶ「日本文化専攻」、中国文学科と共通の「比較文学・文化専攻」があります。

・中国文学科
中国の文学や思想を扱う「中国文学専攻」、漢文を通して日本の学術・思想・文化を学ぶ「日本漢学専攻」、中国文化に触れながら語学を習得する「中国語専攻」、書の道を歩んでいくための基礎を養う「書道専攻」、韓国の言語・歴史・文化を学ぶ「韓国語専攻」、国文学科と共通の「比較文学・文化専攻」があります。

国際化が進むなか、自らを見据え、他者に向けて発信する「中身」の重要性が大切になってきています。文学部では、その「中身」を重視して、学びのステップを用意しています!
「教職課程」「図書館司書過程」「学芸員過程」の資格に必要な単位の修得が可能です。
資格取得サポートも積極的に行っております!本学では、古くから教員を輩出してきました。現在も数多くの卒業生が現職教員として全国で活躍、高い評価を得ています。「教職課程」では、高等学校・中学校の教員免許状の取得に必要な単位の修得が可能。また、本学の教職課程に加え、玉川大学(通信教育部)との協定による「小学校教員養成特別プログラム」により、小学校教員の免許状(二種免許状)も取得可能です。

4ステップで学ぶ

基礎ゼミナールもあるから安心!

国文学科と中国文学科では学科の履修の流れは同じになります。
まず総合科目では、語学や教養を高めるための科目があり、国際政治経済学部との共通の科目群です。
文学部共通の科目群で、文学を学ぶために必要な基礎を1・2年次に修得します。また、大学での学習方法や学生生活のあり方を学ぶ「基礎ゼミナール」もここで学びます!
学科共通科目とは、学科ごとに開講される科目群で、1・2年次に学びます。国文学または中国文学を学ぶために必要な素養を身につけ、大切な基礎力をつけていきます。
次に、専門分野を深く掘り下げる講義が始まります。2年次には、所属する学科に置かれる専攻の中から1つの専攻を選択します。
専攻科目Iは2年次から開講され、自分が学びたい分野について専門的に学びます。
専攻科目IIは3年次から開講され、さらに深く自分の専門分野を追究することができます。
また、文学部で学ぶことの集大成ともいえるゼミナール。学生は自分が研究したいテーマを専門としている教員のゼミナールに所属します。3・4年次の2年間、同じ教員のもとで指導を受けながら、自らの設定したテーマに取り組みます。4年次には、卒業研究としてその研究内容を論文や作品としてまとめます。
また特別枠「自由選択科目」とは、自分の専攻以外の教養を身につけるため、又は自分の専門分野をより深めるために設定された履修上の科目区分のことです。あなたの好奇心、学びたい心を万全の体制でサポートしていきます!

こんな学問が学べます。
  • 日本文学
こんな職種が目指せます。
  • 営業

都市文化デザイン学科

グローバルな視点を養う

クールジャパンを追求する!

二松学舎大学には、漢学、日本文学、日本文化の研究の基盤があります。2017年に開設された都市文化デザイン学科では、その基盤を元に、社会で活躍するための実践的スキルを獲得できるよう、カリキュラムが用意されています。
日本はいま観光地として、文化発信地として、世界から注目を集めています。日本の小説、マンガ、アニメ、ゲームなど、「クール・ジャパン」のキーワードが表しているように、いまや日本文化はクリエイティブ産業における重要なコンテンツとなっています。
東京オリンピックを目前にして、日本の魅力を国内外に発信するチャンスは拡大していますが、発信力と「日本文化への深い理解」を兼ね備えた人材はまだまだ不足しているのです。
都市文化デザイン学科では、理論と実践の双方を重視しながら、文化リテラシーと発信力をそなえた人材を育てます。
人に伝えるための「表現力」「編集力」「読解力」「企画力」を養うことができ、グローバルな視点も同時に養うことができるようサポートしていきます!

柔軟な知性を身につける

ジェネリックスキルを持った人材を育成する

ジェネリックスキルとは、どんな時代が来ても、どんな仕事についても対応できる能力のことを指します。数十年のうちに、多くの仕事がAIなどのテクノロジーによって奪われていくと予想される今、将来的に必要とされるのはどのような人材なのでしょうか。このような問いかけから誕生したのが都市文化デザイン学科です。
グローバル化・高度情報化が進展するなかで、多様性にみちた豊かな文化を主体的にデザインしうる人材、AIによって置換されることのない「柔軟な知性」をそなえた人材、社会のいかなる局面でも活躍しうる、創造力・実践力・思考力・企画力などのジェネリックスキルをそなえた人材を、育てたいと思っています。
都市文化デザイン学科の学びの特徴として、文化との「出会い」をデザインし、それを「ストーリー」として発信する。「文化祭」のような身近なプロジェクトの企画運営をいくつも経験することで、さまざまなスキルを磨き、やがて世界的なイベントをも企画運営できる人材を育成します。
また、どんなプロジェクトも様々な関係性を無視した成功はありえません。プロジェクトに対する需要、人と人、歴史と文化、地域特性を、人々が共感できる魅力ある「ストーリー」としてデザインし、なおかつそれを世界にむけて発信できる、そんな能力を伸ばす教育を実践していきます。
都市文化デザイン学科は、こうした教育的な仕組みによって、都市に生きる人々と文化との「出会い」をデザインし、魅力的な「ストーリー」をもとに世界へ発信できるグローバルな人材を育てます。

こんな学問が学べます。
  • マスコミ学
こんな職種が目指せます。
  • 編集者