東京女子大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

東京女子大学

国際社会学科

現代社会の問題をとらえ、多角的に見る力を養う充実したカリキュラム

現代社会を広い視野でとらえる力を養い、地域社会や国際社会で活躍できる人材育成を目的とした「国際社会学科」には、国際関係、経済学、社会学、コミュニティ構想の4つの専攻があり、これらを横断的に学ぶことができるので、自分が何を学びたいのか、カリキュラムを通して関心のあるテーマをじっくりと探し、見つけることが可能です。
4年間のカリキュラムは「入門」「基礎講義」「応用講義」「基礎演習」「応用演習」「卒業論文」で構成されています。1年次に行う「基礎演習」では、4専攻の学生による少人数の混成クラスを編成し、ゼミ形式の授業が行われます。この授業では、専門分野の知識がどのような役割を果たすのかを認識するとともに、異なる複数の方法論が必要であることの理解を深めます。また、「入門」では4専攻共通科目として「国際社会論」を用意し、社会学を学ぶ上での基礎づくりをしながら、専門分野を学ぶことの重要性、学際的に学ぶことの重要性を確認します。
このように、専門とする学問分野の研究を深めながら、隣接する諸分野を横断的に学ぶことで、国際社会の問題を多角的にとらえ、解決できる力を身につけていきます。

4つの専攻を横断的に学ぶことで人間社会のあり方を探究

【国際関係専攻】
日本・アメリカ・アジアの諸地域を中心とした世界の政治、歴史、経済、文化、思想などについて、文化人類学や地域研究といった複数の方法論から多面的に学び、国際社会の多様性や複雑さを理解する力やグローバル化した世界を論理的に分析する力を身につけます。

【経済学専攻】
マクロ経済やミクロ経済といった経済理論を基礎から学ぶことで経済学的思考を身につけ、現代社会における問題を経済学視点で分析する力を養います。また、組織経営やマーケティングといった本格的な経営学も学べます。

【社会学専攻】
社会学の対象は衣食住や育児、介護といった身近なものから、貧困や差別といった社会問題まで多岐にわたります。物事を多面的に見る社会学的な視野を養いながら、現代社会を取り巻くシステムにたいして「なぜ?」と問いかけ、答えを導き出す力を身につけます。

【コミュニティ構想専攻】
人と人とが信頼と安定したつながりを築き、豊かな生活を送ることができる「コミュニティ」を考える専攻です。まちづくりや観光といったテーマを豊富な実習や演習を通して体験的に学び、コミュニティ構想に必要な知識や実践力を習得します。

国際社会学科では、これら4専攻を横断的に学ぶことで、グローバル化する社会の中で活躍するための力を養います。

こんな学問が学べます。
  • 語学(外国語)
  • 語学(日本語)
  • 国際関係学

数理科学科

「女性にこそ数学を」の精神をもとに、情報化社会で活躍できる女性を育成します

数理科学科は、第2代学長・安井てつの「数学を中心とした数理科学の素養を持つ女性は、より多くの活躍の場を見出せる」という考えのもと、1927年に私立女子大学で初めて創設された数学専攻部が起源となっています。情報化が進み、数学が社会に果たす役割がさらに増す現在、その信念は確固たるものとなり、「女性にこそ数学を」の精神で、複雑化した現代社会に対応するための数理科学的思考力を養う教育を行っています。
数理科学科には、解析学や幾何学などを学ぶ「数学専攻」と、情報科学や応用数理学を学ぶ「情報理学専攻」の2つの専攻があり、両専攻ともに、数学・情報科学・応用数理学の3分野を横断的に学びながら、数理科学的知識と論理的思考力を身につけます。
1年次では、理工学分野の基礎である微分積分学を中心に、基本的な数学を学びます。2年次では、各分野の基礎となる科目を学び、3年次からは各分野の理解を深めるとともに、より専門性の高い知識の習得を目指します。
理系の学問は基礎から順に積み重ねて学習するべきものなので、基礎から応用まで体系的に学べるようなカリキュラムを組んでいます。また、アドバイザーが学生の興味や卒業後の進路希望に応じたきめ細かな履修指導を行っているので、無理なく、理想的な知識の習得が可能です。

数理学の知識を高め、論理的思考力を養う「数学専攻」と「情報理学専攻」

「数学専攻」では、解析学、代数学、幾何学、確率論といった純粋数学を中心に、数学を基礎から体系的に学びます。また、データサイエンスの基礎となる統計学や金融・保険業界で役立つ数理ファインナンスなど、応用数学全般を学ぶことが可能です。数学を学ぶということは、公式や定理といったツールを身につけるだけではなく、「なぜそうなるのか」を考え、物事の本質を見抜く論理的かつ柔軟な思考力を養うことにつながり、数理的知識を身につけることで、IT業界や金融・保険業界はもとより、多種多様な分野での活躍の場が広がります。
「情報理学専攻」では、情報学の知識の習得だけでなく、基礎的な数学や自然科学に基づく数理モデルが学べます。たとえば、電車の混雑について時間帯や乗車率、運転速度などの数値を変えてシミュレーションし分析するといったように、身の回りの社会現象や自然現象を題材としながら、情報科学と応用数理学を学びます。また、プログラム作成やネットワーク設計など、実習の中で情報技術を扱う力を養います。4年間のカリキュラムを通して、情報化社会の中で求められる知識と技術、思考力を身につけていきます。

こんな学問が学べます。
  • 数学
  • 物理学
  • 化学