桐蔭横浜大学

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

桐蔭横浜大学

学生を大切にする双方向の対話教育

 本学は1988年に学校法人桐蔭学園によって初等、中等教育と並び立つ第二の柱として創設されました。
 本学の3学部・6学科は、いずれも社会的貢献度の非常に高い分野であることが特長です。すべての学部において、徹底した少人数教育にこだわり、それぞれ法律・臨床検査・臨床工学・教育・スポーツを中心に学習。これらの分野は、特に人材育成が急務とされている社会的ニーズの高いものばかりです。4年間の学びを通じて、専門知識はもちろん、コミュニケーション能力、グローバルに活躍する為の英語力等も見につけ、現代社会が求めている人材育成をめざします。

トピックス

2018.03.01 2018年度よりスポーツテクノロジー学科のコースがリニューアル。入学定員も30名増員。

スポーツ健康政策学部のスポーツテクノロジー学科は、スポーツ分野の教育と科学分野の実績をベースに、スポーツコーチング分野、スポーツ情報処理分野、スポーツトレーナー分野の内容をバランス良く融合、新しくスポーツ科学コース(スポーツコーチング専攻・スポーツ情報分析専攻)とトレーナーコース(スポーツトレーナー専攻)の2コース3専攻になります。 確かなスポーツ指導法、コーチングに加え、情報分析能力やトレーナーなど高い技能やスキルを身に付けた有為な人材を養成します。

2018.03.01 2016年2月に新しい体育館が完成。広さ1,500㎡のメインアリーナなどを完備。

学校法人桐蔭学園50周年記念事業の一環として、新しい大学体育館が2016年2月に完成しました。大学体育館1階の1,500㎡のメインアリーナにハンドボール・バスケットボール・バレーボール・バトミントンの各コートを設置、さらに可動式観客席が壁面収納されています。2階には畳260枚の広さを有する柔道場が完備され、いずれも国際試合規格に合わせた設計となっています。

2018.03.01 医用工学部実習棟

 2014年3月に完成した新校舎。主に医用工学部の研究・実習を行う施設として利用されています。1階は基礎医学・生理学実習室、2階は臨床工学実習室と基礎工学実習室、3階は微生物学実習室と病理学実習室があり、ここで臨床検査技師と臨床工学技士を養成します。

2018.03.01 英語村

 2014年に創立50周年を迎えた桐蔭学園。次の50年を見据えて、これまでの建学の精神に「自然を愛し、平和を愛する国際人たれ」という5番目の新たなモットーが加わりました。この精神を体現する場として、新たに「桐蔭英語村」を開設しました。
 あらゆる分野でグローバル化の進む今日、英語はこれまで以上に世界共通語としての役割を強めています。このような世界情勢の中にあって、幼稚部から大学院までの全桐蔭学園生が楽しく、そして自然に英語を使う場として、さまざまなアクティビティーを提供しています。
 桐蔭英語村は小さなスペースですが、広い世界への扉です。ドラえもんの「どこでもドア」のように、「ナルニア国の物語」のたんすの中の扉のように、「ハリー・ポッター」の9と3/4番線のように。

2018.03.01 大学院スポーツ科学研究科

 本研究科では体育・スポーツの現代的諸問題の解決・実現に指導的役割を果たす人材を「高度専門的職業人」と定義し、その育成を目指します。
 人工的に環境をコントロールする人工気候室や低酸素室など充実した設備のなか、さまざまな自然科学系の実験や研究が可能です。少数精鋭型のカリキュラムで、高い専門的知識や技能を習得し、その成果を実践できる優れた人材を育成します。

桐蔭横浜大学に関する注目記事

主な就職先・キャリア情報センター

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2017年3月卒業生実績

本田技研工業(株) | 日本生命保険相互会社 | 日本郵便(株) | 日本瓦斯(株) | (株)岡村製作所 | 富士ソフト(株) | 神奈川県民共済生活協同組合 | 因幡電気産業(株) | JTB関東(株) | (株)ノジマ | 警視庁 | 神奈川県警察 | 秋田県警 | 益田広域消防本部 | IMSグループ 板橋中央総合病院 | 安房地域医療センター | 公益社団法人 神奈川県予防医学協会 | 静岡徳洲会病院 | 独立行政法人国立病院機構東北北陸グループ 金沢医療センター | (株)LSIメディエンス | (株)ビー・エム・エル | 日本医科大学千葉北総病院 | 横須賀市立市民病院 | イムス葛飾ハートセンター | 日本鋼管病院 | 東戸塚記念病院 | 三機工業(株) | (株)三井住友銀行 | セブン-イレブン・ジャパン | 日本マクドナルド(株) | 住友林業(株) | 日本通運(株) | ヤマト運輸(株) | 横浜市立小学校 | 川崎市立小学校 | 横浜市立中学校 | 二宮町立小学校 | 大和市立小学校 | 秦野市立小学校 | 神奈川県警察 …など

2017年就職率96.8%(就職者数365名/就職希望者数377名)

キャリア情報センター

 入学時から始まる就職・進学支援の中心がキャリア情報センターです。専門スタッフとキャリアカウンセラーが一人ひとりをサポートします。
1.就職相談
 将来の進路選択をどうするか、準備はどのように進めていけばよいかなど、就職活動に疑問や不安はつきもの。カウンセラーが一緒に疑問や不安を解消します。
2.履歴書・エントリーシートの書き方
 企業などへの応募書類の添削指導を行います。自分のアピールポイントの書き方など自分では分かりづらい点なども面談しながら丁寧に指導します。
3.面接対策
 面接時の注意点の指導や模擬面接を行っています。模擬面接では自分では気付きにくい身だしなみ、挨拶など基本的なマナーから細かく指導します。
4.キャリア講座
 将来の進路選択や就職活動の際に役立つ内容の講座です。自己分析、企業研究、インターンシップ対策、履歴書・エントリーシートの書き方、面接の受け方などを行います。
5.企業説明会
 学内に数十社の優良企業を招いて合同企業説明会を開催しています。興味のある企業の方に直接質問をして、疑問点を解消したり、自分自身をアピールしたりする良い機会です。

各種制度

桐蔭横浜大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

フレッシュマン教育

 高等学校までの「受身」の学習スタイルから、主体的に学習や研究に取り組むスタイルへ。桐蔭横浜大学ならではのフレッシュマン教育(初年次教育)から、充実の学びは始まります。
法学部
 「フレッシュマン・ゼミ」で、読解力や分析力など法律を学んでいくベーススキルを身につけていきます。また、高校までは馴染みのない法学に関しては、法律入門演習、民法・憲法・刑法基礎演習などを通じて、基礎から学習。キャリア指導についても1年次から入門講義でフォローしていきます。

医用工学部
 医療技術の専門科目を学ぶうえでの、必要不可欠な知識と科目を広く復習していきます。具体的には数学、物理学、化学、生物学などの基礎科目を学びます。

スポーツ健康政策学部
 まずは情報操作機器の基礎を学びます。身のまわりにあふれる情報に「使われる」のではなく、情報や情報技術をマスターして、しっかりと「使いこなせる」よう学習していきます。

少人数・実践型教育

 桐蔭横浜大学の最大の特長が「少人数・実践型教育」。学生と教員の双方向の「対話」を重視・実践していくことで、学生の可能性を最大限に引き出し、積極的な学びの機会を創出します。
1. 少人数教育
 授業によっては10数名という少人数のグループで1クラスを編成することも。少人数制にこだわり、きめ細かな指導と学習のフォローを実現していきます。
2. 実践・体験型教育
 「模擬裁判」「病院実習」「プロジェクト研究」などの実践・体験型授業を積極的に展開。教室での講義だけでは得られない知識や技術を、実体験を通じてしっかりと身につけます。
3. クラス担任制
 全学部で「クラス担任制」を採用。学生と教員との距離が近い分、いつでも指導が受けられたり、学生同士の人間関係を深めたり、実りの多い大学生活を送ることができます。
4. 段階的なカリキュラム
 着実に力を伸ばすため、少人数で次第にステップアップするカリキュラムを採用。学びの基礎からしっかりと固めて応用へと展開、無理のないよう確実に進めていきます。

資格取得サポート

 桐蔭横浜大学では、資格を取得するため、公務員をめざす学生のためのガイダンスや採用試験対策講座などの対策に力を入れています。また、臨床検査技師、臨床工学技士の国家試験対策など、カリキュラムのみにとどまらずさまざまなサポートも万全。実学を重視し、資格取得のための学習環境がしっかりと整っています。

【取得をめざす主な免許・資格】
法学部
 警察・消防・行政等の公務員/司法書士/行政書士/税理士/宅地建物取引主任者など

医用工学部
 臨床検査技師/臨床工学技士/第1種ME技術者/第2種ME技術者など

スポーツ健康政策学部
 小学校教諭1種免許状/中学校・高等学校教諭1種免許状(保健体育)/警察・消防・行政等の公務員/スポーツリーダー/健康運動実践指導者/障がい者スポーツ指導者(初級)など

国際交流

1.ワールドアドベンチャースクール
 「ワールドアドベンチャースクール」とは、海外の大学と提携を結び、国際交流を行う留学プログラムです。法学部・医用工学部ではドミニカン大学(アメリカ)で語学研修を実施しています。また、グアム、中国の各地域にも提携の大学があり、現地の人々と多彩な交流が体験できます。今後提携校も拡大していく予定です。

2.国際コミュニケーション実習(海外語学研修+文化体験)
 スポーツ健康政策学部では、協定・提携関係を結んだ各国の大学(ニュージーランド、中国、韓国)で国際コミュニケーション実習を実施。語学研修だけではなく、身体運動等も含む文化体験プログラムを行っています。

学習支援施設

 学生が自由に使える授業外のレッスンルームを設けています。この部屋にはベテラン教員や卒業生、上級生のスタッフが常駐しており、いつでも質問・相談をすることができます。個人指導でしっかり教えてもらいたい、友達と一緒に楽しく勉強したいなど、使い方もさまざま。

陪審法廷

 日本にたった2つしか現存していない陪審法廷、旧横浜地方裁判所から移築・復元された施設です。当時は陪審法廷、終戦直後は軍事法廷、その後は特号法廷という名称で利用されてきました。旧横浜地方裁判所陪審法廷は、映画「私は貝になりたい」の舞台にもなっています。

メモリアルアカデミウム

 ドイツの法学者・サヴィニーの「法思考」に触れることができるミュージアム、学術シンポジウムなどが開かれるホールなどを設置。旧横浜地方裁判所陪審法廷も移築復元されました。まさに桐蔭の〝知の殿堂″です。

桐蔭シンフォニーホール

 約1,800人収容可能な大ホール。入学式や卒業式をはじめ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団など国内外の一流のオーケストラや劇団が上演するほか、映画なども上映されています。設計は世界的建築家の丹下健三によるものです。

学校No.638更新日: 2018.04.16

桐蔭横浜大学ページ上部へ