杏林大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

杏林大学

外国語学部

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッション・ポリシー

外国語学部と各学科の理念・目的を理解し、その達成に真摯に取り組む意欲のある人材を求めている。具体的には、次のような資質を持つ学生を求めている。

(1)求める学生像、資質
(1-1)実践的な外国語運用能力を身につけ、グローバル化する実社会で活躍する仕事に就く意欲がある人
(1-2)外国語や日本語で情報や考えなどを的確に理解したり、適切に伝えたりするために、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を持つ人
(1-3)外国語学部の各学科での修学について強い好奇心・関心を持ち、問題について自発的に探究し、思考力・判断力・表現力を駆使して、問題解決につなぐ意欲を持つ人
(1-4)外国語や異文化に対する興味・関心を持ち、広い視野や国際感覚、国際協調の精神を身につける意欲を持つ人
(1-5)グローバル社会・地域社会において、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を持つ人

(2)求める学習成果
「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)および「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力を備えた人を求める。
(2-1)入学後の修学に必要な基礎学力としての知識や言語運用能力を有している。(知識・理解・言語運用能力)
・高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語などについて、内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。
・基本的な日本語運用力と表現力を身につけている。具体的には、文章読解力、課題に応じて内容をまとめる力などの表現力を身につけている。
・基本的な英語力を身につけている。具体的には、英語学科、観光交流学科の場合は、(財)日本英語検定協会による実用英語技能検定準2級に相当する英語運用能力を入学までに身につけている。
(2-2)自分の考えを的確に表現し、伝えることができる。(技能・表現力)
(2-3)知識・技能を活用して、自ら課題を発見し、その解決に向けて物事を多面的かつ論理的に考察することができる。(思考力・判断力)
(2-4)教育、人間、自然、文化などにかかわる諸問題に対する関心を持ち、課外活動・社会的活動・国際的経験を積んだことがある。(関心・経験)
(2-5)積極的に他者と関わり、多様な人々との対話を通して相互理解に努めようとする態度を有している。(態度・主体性・多様性・協働性)

(3)入学者選抜の基本方針
本学部の教育理念・目標に合致した学生を選抜するために、以下のとおり入学者選抜を実施する。
(3-1)推薦入試
面接、小論文および調査書、活動報告書、資格・検定試験等の結果の内容から、学習成果を総合して評価する。
(3-2)AO入試
面接および課題等の内容から、または学習・活動歴(ルーブリック)、プレゼンテーションおよび小論文等の内容から、学習成果を総合して評価する。
(3-3)一般入試
一般入試試験(英語または中国語および選択科目)の成績を中心に、調査書の内容を総合して評価する。
(3-4)センター試験利用入試
大学入試センター試験(外国語および選択科目)の成績を中心に、調査書の内容を総合して評価する。
(3-5)帰国子女入試
面接および成績証明書等の内容から、学習成果を総合して評価する。
(3-6)社会人入試
面接および小論文、学業成績証明書等の内容から、学習成果を総合して評価する。
(3-7)外国人留学生入試
入学試験(中国語学科と観光交流文化学科の場合は日本語、英語学科の場合は英語)、または日本留学試験の成績と面接の内容から、学習成果を総合して評価する。

外国語を学んで自分の視野を広げ、新しい世界を知る

外国語学部には、ビジネスや英語教育の現場で活躍する人材を育成する「英語学科」、中国語で社会に貢献する人材を育成する「中国語学科」、観光や国際貢献の分野で活躍する人材を育成する「観光交流文化学科」があります。高度な語学力に異文化理解を深める学習カリキュラムに加え、教養科目を学ぶことでグローバル社会を生き抜く力が身につきます。さらに語学サロンやライティングセンターなどの施設で学習をサポートしています。

こんな学問が学べます。
  • 観光学
  • 語学(外国語)

総合政策学部

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッション・ポリシー

総合政策学部は、本学部の理念・目的を理解し、その達成に真摯に取り組む意欲のある人材を求めている。具体的には、次のような資質を持つ学生を求めている。

(1)求める学生像、資質
(1-1)多角的・複眼的視点に立って、社会の仕組みやあるべき政策に関する諸問題を、把握・分析・解決しようとする意欲を持つ人
(1-2)様々な問題を理解し、問題解決のために必要な能力の土台となり得る科目の基礎を修得している人
(1-3)様々な考えなどを的確に理解したり、適切に人に伝えたり、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を持つ人
(1-4)社会人として求められる基礎的な能力や知見を身につけ、卒業後に社会において積極的に活躍する強い意志と意欲を持つ人
(1-5)政治・経済・法律・国際関係・福祉・経営および会計の分野を中心に、多角的視点から問題を把握・分析・解決することに意欲を持ち、広く社会に貢献することを目指す人

(2)求める学習成果
「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)および「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力を備えた人を求める。
(2-1)入学後の修学に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有している。(知識・理解・実技能力)
・高等学校で履修する国語・地理歴史・公民・数学・理科・外国語などについて、内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。
・基本的な日本語運用力と表現力を身につけている。具体的には、文章読解力、課題に応じた内容をまとめる力などの表現力を身につけている。
(2-2)知識・技能を活用して、自ら問題を発見し、その解決に向けて物事を多角的視点から論理的に考察することができる。(思考力・判断力)
(2-3)自分の考えや知識、経験などを的確に表現し、伝えることができる。(技能・表現力)
(2-4)社会の仕組みやあるべき政策に関する諸問題に深い関心を持ち、社会に積極的に貢献する意欲がある。(関心・意欲)
(2-5)積極的に他者と関わり、多様な人々との対話を通して相互理解に努めようとする態度を有している。(態度・主体性・多様性・協働性)

(3)入学者選抜の基本方針
本学部の教育理念・目標に合致した学生を選抜するために、以下のとおり入学者選抜を実施する。
(3-1)推薦入試
面接、小論文、調査書および資格・検定試験等の内容から、学習成果を総合して評価する。
(3-2)AO入試
面接、課題、小論文、適性検査、活動報告書および実技等の内容から、学習成果を総合して評価する。
(3-3)一般入試
一般入試の成績および調査書の内容を総合して評価する。
(3-4)センター試験利用入試
大学入試センター試験の成績および調査書の内容を総合して評価する。
(3-5)帰国子女入試
面接および成績証明書等の内容から、学習成果を総合して評価する。
(3-6)外国人留学生入試
入学試験(日本語)または日本留学試験の成績と面接の内容から、学習成果を総合して評価する。

「クロスオーバー学習」で多角的な思考を身につけ、問題解決力を養う

総合政策学部には、総合政策学科と企業経営学科の2学科があります。2学科とも政治、経済、法律、国際、会計、経営、福祉といった社会分野の科目を幅広く学べるのが特徴。学んだ知識を一つの問題を多角的な視点で考える「クロスオーバー学習」に活かすことで、高い専門性と問題解決力が養えます。さらに1年次から学部独自のキャリア教育を実施しており、将来像を早期に明確にすることでなりたい自分に着実に近づけます。

こんな学問が学べます。
  • 法学
  • 政治学
  • 経済学
  • 経営学
  • 商学
  • 金融学
  • 福祉学
  • 国際関係学

保健学部

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッション・ポリシー

保健学部は、学部の理念・目的を理解し、その達成に向けて真摯に取り組む意欲のある人材を求めている。具体的には、次のような資質を持つ学生を求めている。

(1)求める学生像、資質
(1-1)保健・医療・福祉に貢献したいという意欲を持ち、さらにその意欲を向上させたいという熱意を持つ人
(1-2)科学的視点を持ち合わせ、様々な現象について関心、興味が持てる人
(1-3)高い倫理観と職業意識を持ち、さらにあらゆる世代の人々と積極的にコミュニケーションをはかろうとする態度を持つ人
(1-4)疑問点などをそのまま放置せず、解決に向けた努力を怠らない人

(2)求める学習成果
「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)および「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力を備えた人材を求める。
(2-1)入学後の修学に必要な基礎学力としての知識や表現力を有している。(知識・理解・表現力)
・ 高等学校で履修する国語、社会、数学、理科、外国語などについて、内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。
・ 日本語による文書作成、課題に応じた内容をまとめる力などの表現力を十分身につけている。
(2-2)他者の立場や意見を尊重・理解した上で、自分の考えを的確に表現しながら、他者とのコミュニケーションを図った経験を有している。(思考力・判断力・表現力・コミュニケーション能力)
(2-3)積極的に人と関わりを持ち、対話などを通じて相互理解に努めようとする態度を有している。(態度・主体性・多様性・協働性)
(2-4)保健・医療・福祉のみならず、教育や文化などに関わる社会の諸問題に関心があり、自らが積極的に関わっていこうとする意欲がある。(意欲・関心)
(2-5)自分の考えを的確に表現し伝えることができる。(技能・表現力)

(3)入学者選抜の基本方針
本学部の教育理念・目標に合致した学生を選抜するために、以下のとおり入学者選抜を実施する。
(3-1)推薦入試
適性検査、面接および調査書の内容から、学習成果を総合して評価する。
(3-2)AO入試
面接、適性検査および調査書の内容から学習成果を総合して評価する。
(3-3)一般入試
一般入学試験(英語および選択科目)の成績を中心に、調査書の内容を総合して評価する。
(3-4)センター試験利用入試
大学入試センター試験(英語および選択科目)の成績を中心に、調査書の内容を総合して評価する。
(3-5)帰国子女入試
適性検査、面接および成績評価証明書等の内容から、学習成果を総合して評価する。
(3-6)外国人留学生入試
適性試験および面接から学習成果を総合的に評価する。

健康を科学し、健康の探求とその維持増進に貢献する人材を育成

保健学部には、臨床検査技術学科、健康福祉学科、看護学科、臨床工学科、救急救命学科、理学療法学科、作業療法学科、診療放射線技術学科、臨床心理学科の9つの学科が設けられています。健康の探求とその維持増進を目的とした知識や技術を身につけるために、授業は、少人数教育により高度な専門知識と優れた技術を修得できるカリキュラムを用意。人々が健康な暮らしを送れるようサポートできる人材を育成しています。

こんな学問が学べます。
  • 心理学
  • 福祉学
  • 社会福祉
  • 看護学
  • 医療技術学
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
  • 健康科学
  • 保健衛生学
  • 保育・幼児教育

医学部 

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッション・ポリシー

医学部医学科は、本学科の理念・目的を理解し、その達成に真摯に取り組む意欲ある人材を求めている。具体的には、次のような資質をもつ学生を求めている。

(1)求める学生像、資質
(1-1)生涯を通じて医師として他人のため、社会のために奉仕する強い意欲をもつ人
(1-2)生命の尊厳を尊ぶ心をもつとともに、高い倫理観と豊かな人間性を備えた人
(1-3)協調性と高いコミュニケーション能力をもち、周囲の人と良好な関係を築ける人
(1-4)柔軟な思考力と知的探究心をもち、生涯を通じて医学の修得・研鑽に熱意をもって取り組める人

(2)求める学習成果
「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)および「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な、次に揚げる知識・技能や能力を備えた人を求める。
(2-1)入学後の修学に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有している。(知識・理解・実技能力)
・高等学校で履修する数学、理科、英語などについて、内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。
・基本的な英語力および日本語運用力と表現力を身につけている。
(2-2)知識・技能を活用して、自ら課題を発見し、その解決に向けて物事を多面的かつ論理的に考察することができる。(思考力・判断力)
(2-3)自分の考えを的確に表現し、伝えることができる。(表現力)
(2-4)教育、人間、自然、文化などにかかわる諸問題に深い関心を持ち、社会に積極的に貢献する意欲がある。(関心・意欲)
(2-5)積極的に他者とのかかわり、多様な人々との対話を通して相互理解に努めようとする態度を有している。(態度・主体性・多様性・協働性)

(3)入学者選抜の基本方針
本学科の教育理念・目標に合致した学生を選抜するために、以下のとおり入学者選抜を実施する。
(3-1)一般入試
一般入試試験(数学、理科、英語)の成績、小論文、面接、調査書の内容を総合して評価する。
(3-2)センター試験利用入試
センター試験(数学、理科、英語)の成績、小論文、面接、調査書の内容を総合して評価する。
(3-3)外国人留学生入試
一般入試と同一の選抜方法、選抜基準により評価する。

高い倫理感と豊かな人間性を備え、国際感覚に優れた「良き医師」を育成

医学部は、「良医」を意味する「杏林」の名にふさわしい美しい技能、高潔な倫理観、さらには国際社会をも視野に入れて活躍できる、優れた医療人を輩出しています。複雑・高度化する医療の現場では、患者さん・家族・医療チームとの信頼関係を築きながら、いかなる時も「良き医師」として振る舞い、的確に問題を解決していく能力が求められます。国際基準に準拠したカリキュラムにより、医学に限らず幅広い知識を身につけられます。

こんな学問が学べます。
  • 医学