東京国際工科専門職大学(仮称)の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

東京国際工科専門職大学(仮称)

2020年4月開学 認可申請中

工科学部

米国スクウェア・エニックス、チームラボ等のトップ企業との連携教育

55年ぶりにつくられた新しい大学制度が「専門職大学」。実践的な職業教育を重視し、社会に出て即戦力となる人材の育成を目的に誕生します。
東京国際工科専門職大学(仮称)は、現代社会で最も注目を集める「デジタルエンタテインメント」と「IT」という2つの分野でグローバルに活躍できる人材の育成を目的に開学します。
デジタルテクノロジーの発展は、従来の人間の感覚を越えて、コミュニケーションの可能性を大幅に拡大しました。そんな時代にあっては、新しいコンテンツの表現能力や思考力を身につけた人材が必要になります。
そこで東京国際工科専門職大学(仮称)は、専門職大学という特色を活かし、従来の大学では難しかった、より実践的な企業との連携や就職バックアップ、インターンシップなどに力を入れ、社会のニーズに応じた人材を育てます。
新宿駅前に設立されたキャンパスには、AI・人工知能専用の最先端のソフトとハードを完備。プロと同じ制作開発環境で学びを進めることができます。米国スクウェア・エニックス、バンダイナムコスタジオ、チームラボなど、グローバルなトップ企業と連携して、新しいモノやサービスを生み出すノウハウを実践・研究。卒業時には、企業に入って即戦力となるスキルが身につきます。

デジタルエンタテインメントとITという注目の2つの分野で活躍できる人材を

東京国際工科専門職大学(仮称)の工科学部には、AIやIoTなどの理論とそれによるサービスの設計・構築を学ぶ「情報工学科」と、日本が世界に誇るゲーム・CG分野のクリエイター、プロデューサーを育成する「デジタルエンタテインメント学科」の2つの学科があります。
情報工学科を構成するのは「AI戦略コース」「IoTシステムコース」「ロボット開発コース」の3つのコース。この3つの分野は、今後ますます市場が拡大することが予想され、優秀な人材の需要が大きくなります。そんな将来性の高い仕事の現場をリードし、活躍できる人材を育てるのが情報工学科です。
そしてデジタルエンタテインメント学科を構成するのは「ゲームプロデュースコース」「CGアニメーションコース」の2つのコース。日々進化・発展するデジタルエンタテインメントの技術を論理的に身につけ、それをさらに芸術的センスでコンテンツに落とし込むコンテンツクリエイターのリーダーとなる人材の育成を目指すのがデジタルエンタテインメント学科です。
国内外の提携企業での実習、インターンシップは必修科目で、より実践的な能力を身につけることができます。就職に関しては卒業時に万一就職が決まっていない場合、卒業後、就職が決定するまでの必要な学費は2年間本学が負担する『完全就職保証制度』や、卒業生が転職や再就職をしたい時にバックアップするシステム『生涯バックアップシステム』を導入しています。最先端の職業教育で優秀な人材を多く輩出していきます。

こんな学問が学べます。
  • 情報工学
  • システム・制御工学