和歌山信愛大学

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

和歌山信愛大学

2019年4月開設

2019年4月、開設! 和歌山を中心に社会と地域に貢献する教師を育てます。

和歌山信愛大学は、学校法人和歌山信愛女学院が設立した5番目のカトリックミッションスクールであり、これまで培われた「信愛」の伝統のうえにできた入学定員80名、学生数320名(男女共学)、教育学部子ども教育学科のみの4年制単科大学で、「保育士・幼稚園教諭・小学校教諭」の3つの免許資格取得を目指せる大学です。
本学では幼児教育から初等教育まで深く理解した教育者・保育士を養成するため、2年次まで「小・幼・保」に関連する基礎的な科目を共通して学び、3年次から「小幼コース」「幼保コース」に分かれ、教育現場に即した実践力を身につけます。
また、キャリア形成科目群「教師塾」を開設し、1年次から4年次まで、県・市の教育委員会や現職教員と連携しながら、免許取得・採用試験対策、就職活動支援等を計画的に、かつ、一人ひとりに合ったきめ細いキャリア支援を行います。
さらに県・市や地域と連携のもと豊富に用意された学び・ふれあいの場を通して、地域課題解決能力の向上を図ります。子どもはもちろん、地域の人たちからも信頼されて地域社会でリーダーシップを発揮し、子どもと地域の豊かな未来を築く先生を育成します。

トピックス

2021.03.01 教師になるためのキャリア教育と「教師への道」

将来の教育者・保育者を目指す学生が、地域社会において自らが果たすべき立場や役割を踏まえ、多様な生き方に関する様々な情報を自ら主体的に判断してキャリアを形成していくために、1年次~3年次にかけて、「教職キャリアデザイン」「教職基礎実習」「教職基礎ゼミナール」などを開講。また、社会人としてのキャリア感を育む「キャリアガイダンス」を3年次に配置して、教員採用試験・公務員試験・就職活動に向けた意識向上を図ります。
さらに、教職経験者を招いて、各教科の学習を実践的に学ぶ「教師への道Ⅰ、Ⅱ」や教職教養を実践的に学ぶ「教師への道Ⅲ」を開講して、教職に求められる学力・能力の向上を図ります。

2021.03.01 県内各地のフィールドで地域の教育問題に取り組む

和歌山市・和歌山県はもちろん、湯浅町や日高川町とも連携を結び、和歌山県内で活動する他機関・大学とも協力しながら、和歌山各地をキャンパスに学びます。また、地域社会に貢献できる人材を送り出すため、学生が主体となってボランティアに取り組んだり、子育て支援活動を展開するなど、地域の人を対象とした活動を行います。
学内でも郷土を支える意欲と問題解決力を有し、子どもと地域の未来に貢献する人材を育成する地域連携科目群を設置予定。世界から見た和歌山の特色理解を図るために、「地域力再生論」「地域連携フィールド学習」「地域連携フィールドゼミナール」「地域防災教育論」といった特色のある授業を展開。地域毎に異なる教育問題に取り組む力を身につけ、「ずっとここにいて欲しい」と思ってもらえる先生を目標にします。

2021.03.01 1年次から現場を体験できる

和歌山の教育・保育の現場に根ざしてきた信愛は、行政の支援もあり実習先が豊富で多彩。1年次から4年次まで、個々の進路に合った実習を継続的に経験することができます。
1年次では「教職基礎実習」、2年次では「幼稚園実習Ⅰ」「保育実習Ⅰ(施設)」、3年次では「小学校実習」「幼稚園実習Ⅱ」、4年次には「保育実習Ⅱ」「保育実習Ⅲ」「保育実習Ⅰ(保育所)」を行います。
現在の自分の力を、実習を通して常に確認しながら、課題は日々の授業・生活で克服、次の実習で更なる課題を発見。このようにスモールステップで着実に成長することができます。

2021.03.01 地域連携で交流し、学びを実践に

和歌山市、日高川町、湯浅町と連携協定を結び、地域の課題や魅力を見つけます。地域連携フィールド実習では、日高川町に訪問し、地域住民の家に宿泊しながら農作業などの手伝いや、町の保育所に訪問し現場体験をするなど、その町での暮らしを体験。さまざまな世代の人たちとの交流を通じて、広い視野を広げます。
また、和歌山信愛大学のすぐ近くにある「ぶらくり丁商店街」の活性化にも参加。立場や世代を超えた人たちと協力し合い、地方創生の動向や経済・産業構造を踏まえたこれからのまちづくりの在り方を探ります。

2021.03.01 地域ボランティアに積極的に参加

和歌山信愛大学では地域社会に触れ、社会貢献の知見を広げる学外でのボランティア活動の取り組みも推奨。多くの学生が授業の内外でボランティアに積極的に参加しています。教育ボランティアや障がい者スポーツ大会、子ども食堂など多様な地域活動にもボランティアスタッフとして参加。特に教育ボランティアでは、実習に近い体験ができます。運動会の練習や準備を現場の先生と一緒になって行うことができます。このようなボランティア活動を通して、和歌山信愛大学は、学生1人ひとりが周囲との信頼関係を築き、地域社会で必要とされる力を持てるようにと支援しています。

各種制度

豊かな人間性と高いコミュニケーション力を備えた人材を育成します。

自治体と強力コラボ

本校は、和歌山市、和歌山県との連携により実習などで強力なバックアップが受けられます。

地域体験学習

「きのくにひとづくり連携協議会(仮称)」と「地域連携教育研究センター」による学習や実習等、フィールドワークを取り入れた体験学習を学ぶことができます。

学校No.6183更新日: 2021.03.01

和歌山信愛大学ページ上部へ