新潟食料農業大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

新潟食料農業大学

2018年4月開学

食料産業学部 食料産業学科 アグリコース

人と環境にやさしく、安全でおいしい作物を「つくる」

「日本の食の未来を変える」人材を育成する新潟食料農業大学。2年次から選択できるコースのひとつ「アグリコース」では、安全で美味しい作物を消費者に届けるために、植物・動物・微生物の生命体としての本質を学ぶとともに、良質・安全・安心な食材を効率よく安定して供給するための技術や知識を身につけていきます。
近年、農業の分野では美味しい作物を低コストで効率的に作ることはもちろん、環境や消費者のニーズを配慮した有機農業や、情報技術(IT)を活用した施設栽培技術の重要性などが大きな注目を集めています。「アグリコース」では、農業と食料産業が盛んな新潟という地にあることを活かし、地域と連携した講義・実習・研究を通して実践力を養います。また、「アグリコース」の専門的な知識だけではなく、生産から加工・流通・販売・食卓に至るフードチェーン全体を一体的に学ぶ特色ある科目を複数設けており、「フードコース」、「ビジネスコース」の科目を横断的に学ぶことで、食・農・ビジネスの総合的な知識を身につけることができます。

日本のみならず世界の農業、地域の発展に貢献する力を

アグリコースでの学びは大きく2つの分野に分けられます。
「栽培科学領域」の分野では、栽培の理論と技術、新しい栽培法などについて学びます。たとえば「野菜園芸学」の授業では、さまざまな野菜類の特徴を理解して、国内外での生産・消費のトレンドを知り、消費者が求める野菜について研究していきます。他にも、有機栽培や施設栽培、土壌・肥料、生物環境などを学び、情報技術(IT)などの先端技術を活用した環境汚染や労力を軽減した高品質生産技術の開発、生態系の仕組みを活用した新しい有機農業技術の開発などを研究します。
「植物分子科学領域」の分野では、植物を分子・遺伝子レベルから理解し、環境や生態系の状態によって、農業はどのような影響を受けるのか、病害菌に強い作物を作るにはどうしたら良いかなどについて学びます。たとえば、植物分子科学実験・実習での授業では、最新の分子生物学的手法や植物生理学的手法を修得することを大きな目標として、ひとつの品種に関して栽培方法を複数試すことにより、生育や栄養への影響などについて研究します。他にも、病理・微生物、植物生理、育種・遺伝などを学び、植物・動物・微生物の性質を理解することで、それらの新しい利用法や有害生物の管理法を修得します。
このような授業・研究を通じて「アグリコース」では、日本のみならず世界の農業、地域の発展に貢献できる力を身につけていきます。

こんな学問が学べます。
  • 農学
  • 農業経済学
  • 水産学
こんな職種が目指せます。
  • 農業
  • 農業系研究・技術者
  • 畜産農業
  • バイオ技術者
  • そのほかの環境・自然・バイオ系の職業

食料産業学部 食料産業学科 フードコース

「食べる」ニーズに応えて食品の新たな価値を追及する

人が生きていく上で、絶対に欠かすことのできない食。安心・安全であることはもちろん、時代や地域によって異なる多彩なニーズに合わせて、食料産業は発展していく必要があります。そんな日本の食の未来を変える新潟食料農業大学。2年次から選択できるコースのひとつ「フードコース」では、食品の栄養や機能、安全性などの知識を身につけるとともに、その食品の特性を活用・応用した新しい製造の方法、再利用、発酵、保存技術などを学び研究します。
近年の食料産業では、生産者側からの発想ではなく、消費者の立場に立って多様なニーズに応える「マーケットイン」の発想が重要。「フードコース」では、そのマーケットインの思想に基づいて食料産業を考え、これからの食の未来をつくる人材の育成を目指します。
食料産業の発展は、新しい事業の創造を通じて、地域活性や社会貢献につながる大きな可能性を秘めています。本学では、「フードコース」での学びに加えて、生産から加工・流通・販売・食卓に至るフードチェーン全体を一体的に学ぶ特色ある科目を複数設けており、「アグリコース」「ビジネスコース」の科目を横断的に学ぶことで、食品の製造・流通における長期的視点に立った加工技術を学ぶことができます。

人間の生命活動を維持する「食」についての知識を深め、食品の新たな価値の想像を

「フードコース」での学びは大きく2つの分野に分けられます。
「食品科学領域」の分野では、食品の持つ成分・栄養、それにより体に与える機能的な側面について学びます。たとえば「食品化学」の授業では、食品の主要な成分など化学的な基礎を学びます。色・味・香りなどと関連づけることにより、食品の新たな利用についての研究につながります。他にも、食品の持つ様々な機能(栄養、嗜好、機能性、安全性)などを幅広く学びます。
「食品プロセス学領域」の分野では、食品をどのように利用し、品質のより良い製品を製造するための知識・技術を身につけます。たとえば「農産物利用学」の授業では、農産物の主要な栄養成分の化学的な特性や機能性を分析することによる加工方法・利用法を研究します。他にも、食品成分の特性を活かした利用(製造・加工、発酵、保蔵、再利用)などについて幅広く学び、食品の新たな価値を追究します。

こんな学問が学べます。
  • 農学
  • 栄養学
こんな職種が目指せます。
  • 農業
  • 農業系研究・技術者
  • 畜産農業
  • バイオ技術者
  • そのほかの環境・自然・バイオ系の職業

食料産業学部 食料産業学科 ビジネスコース

「つくる」と「食べる」をつなぎ、新たな事業価値を創造する

「日本の食の未来を変える」新潟食料農業大学。2年次から選択できるコースのひとつ「ビジネスコース」では、フードチェーンの一端にある“食”を作り出す人と食べる人とをつなぎ、その間に新たなサービスを見出して、ビジネスチャンスを掴むための様々な知識を身につけることができます。
食べ物が、生産者から消費者の元に届くまでには、「消費者のニーズをとらえるマーケティング」、「生産物の流通技術」、「売れる商品の開発」、「新しいフードサービスの創造や企業経営のノウハウ」など、ビジネスの知識や流通のシステムが必要不可欠です。本学の教員には、大手食品メーカーなど民間企業での執務経験者も多く、ヒット商品の開発秘話や食品の加工技術などの授業を通じて理解を深めます。また、第一線で活躍する各分野のゲストスピーカーによる授業を取り入れ、実社会で即戦力として活躍することのできる、実践的な知識・技術を身につけます。
新潟は、長い歴史の中で多くの食料産業が根付き、多くの経験の蓄積がある地。新潟で学ぶことによって、食料産業で活躍する可能性を大きく広げます。さらに、「ビジネスコース」での学びに加え、生産から加工・流通・販売・食卓に至るフードチェーン全体を一体的に学ぶ特色ある科目を複数設けており、「アグリコース」「フードコース」の科目を横断的に学ぶことで、日本のみならず世界に誇る食料産業を創り出す人材を目指すことができます。

農業を通じてビジネスの新しい価値を創造できる人材に

「ビジネスコース」での学びは大きく2つの分野に分けられます。
「食産業学領域」の分野では、食料産業全般のビジネス(経営・マネジメントなど)を総合的に学びます。たとえば「食品企業論」の授業では、一次産業で生産された食品が、企業によってどのような付加価値を与えられていくのか、業界の再編やグローバル化にどのように対応していくかについて研究していきます。他にも、農業ビジネスや食料経済、農村ビジネスやフードビジネスなどを幅広く学び、新しいフードビジネスを創造し、観光・地域創成など豊かな地域社会の形成に貢献します。
「経営学領域」の分野では、食料産業を担う企業の経営手法や戦略についての学びます。たとえば「食産業ビジネス演習」の授業では、専門科目で身につけた食料・農業・フードサービス・食品流通などの知識を基に、実際の現場と連携したフィールドワークを行い、あらたなビジネスの企画・提案などを通して実践的な力を養います。他にも、ビジネスプランや企業価値、会計、マーケティングなどのビジネスマインドを磨き、企業経営のノウハウを修得し、ビジネスの力で食料産業を成長させていく人材を育成します。
「ビジネスコース」では、新たなフードビジネスを日本、そして世界へ発信する力を身につけることができます。

こんな学問が学べます。
  • 農学
  • 農業経済学
  • 水産学
こんな職種が目指せます。
  • 農業
  • 農業系研究・技術者
  • 畜産農業
  • バイオ技術者
  • そのほかの環境・自然・バイオ系の職業