名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科 芸術教養領域の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科 芸術教養領域

芸術学部 芸術学科 芸術教養領域

芸術を新しいアプローチから学び、実社会で活躍するジェネラリストへ

音楽が好き、アートに興味津々。でも将来はミュージシャンやアーティストを目指したいわけではない。芸術教養領域は、音楽・美術・デザインといった芸術をもっと広く捉え、実技だけではない、新しいアプローチから学ぶことができる場所です。

「クリエイト」とは、必ずしも⾃分の体を動かし、何かを作ったり表現したりすることだけではありません。芸術教養領域リベラルアーツコースでは、芸術の教養をベースに実社会を読み解き、企業や⾏政、NPOなどの現場で、社会に新しい価値や表現を創り出す⼈材を養成します。

アートやカルチャーに興味があってもっと自分の世界を深めたい、音楽や美術の経験はないけど将来は芸術に関わって生きていきたい、芸術教養領域ではそんな方が多く学んでいます。

現代社会を読み解く「5つのリテラシー」

芸術教養領域リベラルアーツコースでの学びの基幹となるのが、「ヴィジュアル・サウンド・英語・日本語・情報」の5つのリテラシーです。リテラシーとは、様々な情報を読み取り、理解し、自分でも発信し、活用する力のこと。

一般大学で学ぶ機会の多い「英語・日本語・情報」のリテラシーに加え、そこに芸術大学ならではの、写真・絵画・画像・映像などの「ヴィジュアル」と、音や音楽などの「サウンド」のリテラシーも扱っているのが本コースの特徴。

5つのリテラシーの学びを通して、多様化・複雑化する現代社会を読み解き、グローバルに発想する力と、地域や社会の中でヒト・モノ・コトをコーディネートする力を養います。

こんな学問が学べます。
  • 比較文化学
  • 地域社会
  • コミュニケーション学
  • メディア学
  • 語学(外国語)
  • 語学(日本語)
  • 国際文化学
  • 情報学
  • デザイン
  • 美術
  • 写真
  • 映像
  • 音楽
  • 舞台・演劇・舞踊学
  • 教養学
こんな職種が目指せます。
  • システムアドミニストレータ
  • Webアートディレクター
  • Webディレクター
  • Webコンテンツプランナー
  • 雑貨力フェクリエイター
  • 総務・業務
  • 広報・宣伝
  • 経営企画
  • 企画業務
  • 販売促進
  • 青年海外協力隊員
  • そのほかの語学・国際系の職業
  • 公務員(一般行政職)
  • 都道府県職員
  • 市町村職員
  • 学芸員
  • キュレーター
  • コーディネーター
  • アートディレクター
  • アートナビゲーター
  • 映像編集者
  • テレビ業界で働く人
  • CMプランナー
  • ラジオ業界で働く人
  • CMプロデューサー
  • 評論家
  • 新聞記者
  • 雑誌記者
  • ジャーナリスト
  • 編集者
  • 出版業界で働く人
  • 広告プランナー
  • 広告業界で働く人
  • 音楽雑誌記者・編集者
  • 音楽評論家
  • イベントスタッフ
  • イベントプランナー
  • イベントプロデューサー