名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科 芸術教養領域

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科 芸術教養領域

2017年4月、芸術教養領域リベラルアーツコース誕生!

音楽が好き、アートに興味津々。でも、アーティストやミュージシャン、芸術家をめざしているのではなく、いろんな素晴らしい芸術にふれ、音楽を聴いたり観たりしながら自分の世界を深めることが好き。あなたのその「好き」を、もっと広くもっと濃く、音楽・美術・デザインすべてをまったく新しいアプローチから学べる場所が芸術教養領域に誕生します。
「日本語・英語・情報・ヴィジュアル・サウンド」という5つのリテラシーを学びの基幹として、音楽・美術・デザインに関する知識・技術も身につけ、発想力やコーディネート力を伸ばし、専門性とコミュニケーション力、幅い教養を持つジェネラリストの育成をめざしていきます。

トピックス

2017.03.01 2017年4月芸術教養領域「リベラルアーツコース」誕生!

アートに興味津々だけど、芸術家を目指しているわけじゃない。
自分で創るというより、いろんな素晴らしい芸術にふれ、聴いたり観たりしながら、自分の世界を深めるのが好き。
そんな学生に・・・
リベラルアーツとは、「教養」の意味。現代社会では、広く活躍できる知見と技術、思考力を備えたジェネラリストを育成する、時代が求める学びの領域です。
専門性のみを追求するのではなく、芸術大学の中に「社会」を呼び入れ、複眼的なものの見方やコミュニケーションの力をつける学びを展開します。

2017.03.01 名古屋クリエーターズマーケット2016に出展しました!

東海地区最大の「つくるひとの祭典」、クリエーターズマーケットに、芸術教養領域リベラルアーツコースが参加しました。
音楽、アート、サブカルチャーへの興味を、社会で広く通用する教養につなげるリベラルアーツコース。
今回のクリエーターズマーケットでは、ヴィジュアルリテラシー(写真)と異文化体験にスポットを当て、自分で撮影した写真での缶バッジ作成、民族衣装のコスプレ体験をしていただきました。同時に、ホットレモンティーの無料サービスと入試などに関する相談も行い、来場者に広くアピールしました。

各種制度

名古屋芸術大学 芸術学部 芸術学科 芸術教養領域での学びを支援する各種制度のご紹介!

◇5つのリテラシーとプロジェクトで学ぶ4年間のカリキュラム◇

学びの基幹となるのが、大学ならではの視聴覚(ヴィジュアル・サウンド)をはじめコミュニケーションに不可欠な言語(日本語・英語)および情報リテラシー。芸術教養領域ではこれらを養う演習を充実させました。
1・2年次には教養と文化に関する広範な講義と多彩なゲストによる講演にはじまり、音楽、美術、デザインや人間全般について、深く理解し、ヴィジュアル、サウンド、英語、日本語、情報の5つのリテラシーを修得します。
さらに、プロジェクトを通してグループワークを遂行する力も身に付けます。
3・4年次には、修得した5つのリテラシーを融合させ総合的に活用するカリキュラムを用意。社会とつながる知識やそこで必要とされる実践的なスキルを身に付けたり、少人数セミナーで思考の手順とコミュニケーション力を養っていくなど、多彩なプログラムを用意しています。

◇リベラルアーツ教育◇

リベラルアーツとは「教養」を意味し、今、最も重要とされる学びの領域の
1つです。現代社会で広く活躍できる知見と技術、思考力を備えたジェネラリストを育成。専門性のみを追求するのではなく、芸術大学の中に「社会」を呼び入れ、複眼的なものの見方やコミュニケーションの力をつける学びを展開します。日本の芸術大学において、先駆けとなる新しい学びをスタートさせます。