帝京科学大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

帝京科学大学

生命環境学部 アニマルサイエンス学科

動物に関して深く学ぶことが出来る

アニマルサイエンス学科では、動物の生態を学ぶことはもちろん、人と動物の関わりについても重点的な学修を行っています。近年、盲導犬など社会で活躍する動物たちが増えており、動物と人間社会は深い関わりを持つようになっています。そのため、動物の生態に対して多角的な視点から特性を理解し、状況に応じた判断が出来る能力が求められています。本学科では実際に動物と触れ合う実習や観察が出来る施設をはじめ最新の設備・機器を設置。より学生が動物に関して深く学ぶことが出来る環境を整えています。
また3年次には、専門性を一層高めるために3つのコース制を導入。自身の将来の目標に合わせて、学びを深めることが可能です。
さらに動物の専門知識のみだけではなく、一般教養や英語知識、マネジメント能力など幅広い知識を養うことができるカリキュラムも展開。
動物に関する知識と組み合わせることで将来の可能性をさらに伸ばすことが出来ます。

豊富な設備と環境で学ぶ

動物についての知識を深めるために、イヌやネコなどの動物を実際に飼育し、行動についてじっくり観察が出来る「コンパニオンアニマルセンター(CAC)」を設置しています。また、千住アニマルケアセンター内に、動物病院が開院。予防医療やリハビリ、栄養相談、行動カウンセリング、臨床実習を通じて、動物看護師としての実践力を高めます。
そのほかにも乗馬療法について学ぶことができる「馬介在活動センター」などの施設も充実しています。多彩な設備に加えて最新の機器も導入しているため、授業で学んだことを実践することができ、さらに専門性知識を高められます。

こんな学問が学べます。
  • 水産学
  • 生物学
  • 動物看護学
こんな職種が目指せます。
  • 動物看護士(師)
  • 動物園の飼育係
  • 水族館の飼育係
  • ドッグトレーナー(犬の訓練士)
  • インタープリター

生命環境学部 自然環境学科

キャンパス全体が、学びの場

自然環境学科ではフィールドワークを通じ、「生物環境分野」と「環境科学分野」の二方向から学ぶことで総合的な視野を養います。
東京西キャンパスは緑に囲まれた自然豊かな土地であるため、フィールドワークを行う際には絶好の環境です。また、小笠原諸島などで実施される「環境特別実習」にも参加可能で、実践的な学びを重ねることで、課題を発見・分析・解決する能力を身につけることが出来ます。
また、学生の学びをサポートする実験設備・機器も充実。高度な技術によって得られたデータを読み解くことで、解析する力を大きく伸ばすことが可能です。

自然に囲まれた環境で、環境問題を考える視点を養う

フィールドワークによる調査・分析が中心の「生物環境分野」と、最新の実験設備や機器で、化学実験や測定・分析を中心に行う「環境化学分野」をバランスよく学べるのが、本学科の特長です。4年次からは、⾃分の興味・関⼼のある研究室に配属され、さらに専門性を深めます。地球上のさまざまな環境問題の解決への提言や、持続可能な社会の構築に貢献できる人材の養成をめざします。

こんな学問が学べます。
  • 環境学

生命環境学部 生命科学科

生命の本質とは、なにか

あなたは「生命」と聞いて何を思い浮かべますか?本学科では遺伝子から微生物、脊椎動物まで学べる環境が整っており、生命の本質とその応用について学修が出来ます。授業は少人数制を採用しており、学生一人一人に対して丁寧に指導、レベルに応じた教育を実施しています。そのため基礎的な知識から専門科目まで、しっかりと身につけることが可能です。
また、実験機器・設備も充実しており、実験のなかから、何度も試行錯誤を行うことで研究に対する姿勢を学ぶことが出来ます。
将来的には人々の生活に深い関わりのある食品や医薬品、バイオテクノロジーなどに携わることが可能です。

香粧品の研究も充実。生命科学分野での活躍をめざして

充実した実験・研究設備を使って遺伝子、動植物、医薬品、食品などの生命科学を考える「生命コース」。「生命」や「健康」に関して基礎から応用まで学び、「香粧品」分野も学べる「生命・健康コース」。工学系と医療系の知識と技術を兼ね備え、医療の最前線で活躍する臨床工学技士をめざす「臨床工学コース」。3つのコースから、多角的視点で「生命」と向き合っていきます。

こんな学問が学べます。
  • 生物学
  • 生命科学
こんな職種が目指せます。
  • バイオ技術者
  • 環境分析技術者
  • 環境保全エンジニア

医療科学部 理学療法学科

他学科と連携し、実践力を磨く

人体の仕組みや、ケガ・病気に対する治療法など、知識と技術を体系的に学んでいきます。早期からの学外実習により、コミュニケーション能力や、患者さんの気持ちを理解する方法など、実践的な学びも可能です。
また、アニマルサイエンス学科と連携した動物介在療法や動物を介したリハビリテーション、こども学科のロボットセラピーも履修可能。他学科と連携し、最新のリハビリテーションなど、知識の幅を広げることで現場での対応力を磨きます。
学術的な理学療法にも力を入れており、近隣の病院と連携をした共同研究も行っています。多角的な側面から学びを深めることで、理学療法士に必要な力を総合的に養うことが出来ます。

万全の国家試験対策で学生をサポート

臨床実習後、国家試験の勉強に集中が出来る専用の学習室を完備。授業の空き時間などに利用することができます。
また、各学年において基礎科目についての講義を受講できるため、基礎をより強固に出来ます。学修進捗によっては国家試験対策の担当教員による集中講義を受けることも可能。助言教員と学年担任のダブルサポートによるきめ細やかなサポートで、学生を合格に導きます。

こんな学問が学べます。
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
こんな職種が目指せます。
  • 理学療法士

医療科学部 作業療法学科

常に現場を想定しながら学ぶ

患者さん一人ひとりの状態に応じてリハビリテーションを実施するのが作業療法士の仕事です。患者さんの症状は千差万別。オーダーメイドのリハビリテーションを展開するための知識と技術を身につけます。
和室やキッチン、浴室など実際の住環境を想定した実習室を完備しているため、患者さんの生活を想像しながら学びを深めることが可能です。また、陶芸や織物、木工などの作業を体験することで、リハビリテーションに及ぼす効果について、考察・分析する視点を養います。

国家試験対策も充実。豊富な実習時間で合格につながる

国家試験対策として、少人数制の教育環境と、助言教員による「目の行き届いた学修指導」を実施しています。実習室などの設備も充実し、作業療法に必要なさまざまなスキルと、患者さんに適切な提案を行うためのコミュニケーション能力を養います。さらに、1000時間以上の豊富な実習も特長。万全の体制で、国家試験に挑むことが出来ます。

こんな学問が学べます。
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
こんな職種が目指せます。
  • 作業療法士

医療科学部 柔道整復学科

少人数教育により、きめ細かなサポート

柔道整復師とは、投薬や手術をせず人間の持つ自然治癒能力を最大限に引き出し、医師以外では唯一ケガの処置ができる国家資格の医療職でもあります。
1学年につき定員が30名という少人数教育を導入しているため、きめ細やかなサポートを受けることができます。女性の教員が多いのも本学科の特長であり、男女問わず活躍の場が広げられるよう、幅広い視点から指導します。
またプロスポーツの現場を体験できるインターンシップも充実しています。3年次からは接骨院見学もでき、多様な現場を経験することで学びを深めます。そして、希望に応じてアスレティックトレーナー(AT)資格もめざすことができます。

伝統医療と西洋医学をバランスよく学び、幅広い分野で活躍できる柔道整復師に

柔道整復師は、接骨院だけでなく、整形外科、高齢者施設、スポーツの現場など、活躍の場が広がっています。
本学科では日本の伝統医療の技術に加え、西洋医学の知識も学修し、患者さんの心身に寄りそうためのコミュニケーション能力も身に付けます。
また「スポーツトレーナー入門」という科目も履修でき、「柔整」だけでなく、アスレティックトレーナー(AT)、トレーニング指導者などの資格取得をめざせることも特長のひとつです。

こんな学問が学べます。
  • 鍼灸・柔道整復学
こんな職種が目指せます。
  • 柔道整復師

医療科学部 医療福祉学科

卒業後も学び続ける姿勢を養う

本学科では、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士など複数の国家資格をめざします。福祉の最前線で活躍する方々や、障がいのある方による講義も実施。実際の現場の雰囲気を感じられるカリキュラムとなっています。
目指す将来に応じて自由に資格を選択できますが、自身の興味・関心に応じて様々な講義の受講が可能。複数の分野にまたがる学びをすることで、より多角的に専門性を磨くこともできます。
また、日々変化する福祉・医療の世界に対応するには、卒業後も学び続ける必要があるため、キャリアを通じて学修・研究を行うための姿勢やスキルも学びます。

他学科との連携でより深い学びが可能

福祉の現場では、専門的な知識のほかにも医療・保健などの知識も必要になる場面があります。本学科では、医療科学部にあるアドバンテージを活かして、他学科と連携した講義を受けることが可能です。現場で実際に働いている福祉職の方のお話を聞く講義もあり、実践力につながります。

こんな学問が学べます。
  • 社会福祉
こんな職種が目指せます。
  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士(精神科ソーシャルワーカー)
  • 介護福祉士(ケアワーカー)

医療科学部 東京理学療法学科

患者さんのこころに寄り添う力を養う

理学療法士は、病気やケガで身体に不自由を抱えてしまった患者さんの運動能力の回復をサポートする仕事です。的確なリハビリを行うスキルはもちろん、患者さんのこころに寄りそうコミュニケーション能力も必要となります。
本学科では1年次の夏季休暇に1週間実際に臨床の現場を経験。実践的なスキルを学びます。また、様々な専門分野の教員から学ぶことで、他職種のニーズやチーム医療のなかで必要な他職種との連携を学びます。
また理学療法士の国家試験に合格するために、個別指導や集中講義といったサポート体制も充実しています。そして、希望に応じてアスレティックトレーナー(AT)資格もめざすことができます。

実際の現場をリアルに想定した授業

治療の際に用いる温熱や電気、超音波、低周波治療器などを学ぶ授業では、実際に機器を操作することで具体的なイメージを持つことが出来ます。自分自身で実際に触ってみることで、機器の原理や、使用上の注意点についてより理解を深めることができ、機器から得たデータをもとに考察を行うことで客観的な検証能力を養います。

こんな学問が学べます。
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
こんな職種が目指せます。
  • 理学療法士

医療科学部 東京柔道整復学科

柔道整復師だけでなくアスレティックトレーナーもめざすことが出来る

日々のケガ、スポーツでの負傷、高齢者のケアといった幅広い将来像が広がる仕事、それが柔道整復師です。1年次から始まる専門的な授業により、国家試験合格のために必要な知識を身に付けます。実習では実践力を養うことで、専門的な知識・技術を取得します。
また、柔道整復師の資格だけでなく、希望者はアスレティックトレーナーの資格もめざすことができます。アスレティックトレーナーはスポーツ現場では欠かせない存在。アスリートをサポートできる医療人を目指すことが出来ます。

現場で実際に患者さんに触れることで、学びを深める

1年次の後期から、実際に接骨院での臨床実習が始まります。座学の授業で得たことはもちろん大切ですが、現場では理論や実技だけではなくコミュニケーションも必須スキルとなります。患者さんとのやり取りの中でいかに円滑に対応出来るか、実習を通して医療人としての素質を磨きます。

こんな学問が学べます。
  • 鍼灸・柔道整復学
こんな職種が目指せます。
  • 柔道整復師
  • アスレチックトレーナー

医療科学部 看護学科

看護学の発展や地域社会の人々の健康に貢献できる看護士をめざして

看護師とは、「いのち」と「こころ」に寄りそい、その人らしい生活ができるように支援する仕事です。本学科では高度な知識、技術はもちろん他の専門職とのチームワークを円滑に行うために幅広いカリキュラムを用意。
1年次から始まる病院実習、2年次では地域包括支援センターや高齢者施設などでの実習を行います。多職種と連携し、リーダーシップを発揮する手法も学びます。また、2年次で「低学年模試」を取り入れるなど、国家試験対策も充実。近年注目されているアニマルセラピーを実践する「動物人間関係論」などの授業も行います。

看護に必要な資質もサポート

医療現場において必要となる専門的な知識や技術だけではなく、治療に関わる多くの人に対する人間性や倫理観を育てることにも尽力しています。「美術と対話」や「音楽と表現」など、表現力を養うユニークな科目も導入されています。

こんな学問が学べます。
  • 看護学
こんな職種が目指せます。
  • 看護師
  • 保健師

教育人間科学部 こども学科

最新の知見を活かしたカリキュラム

本学科では「動物介在教育」や「ロボット介在教育」といった、最新の知見を活かしたカリキュラムを実施。本学ならではの、自然や環境を活かして、生命や自然の大切さを子どもたちに伝えるだけでなく、科学の楽しさを伝え、創造性を育みます。
「小学校・幼稚園教諭コース」と「幼稚園教諭・保育士コース」の2コースを設置し、めざす将来に応じて、教育者・保育者として必要なスキルを専門的に、かつ幅広く身に付けていきます。合唱・合奏・ダンス・舞台美術の発表会や運動会など、学生たちが主体となり開催し、学修によって身につけた技術を実践する機会になっています。

子どもの知性と感性を伸ばす、教育者・保育者に

学生生活の悩みから学修の相談まで、寄り添いサポートする少人数教育を導入し、学生一人一人と丁寧に向き合います。
また1年次から近隣の小学校や障がい者施設など様々な現場で実習を行うことで実践力を磨くほかに、地域と連携し豊かな自然を活用したユニークな実習も行っています。廃校を利用した「体験教室」では、学生自らが指揮をとり、地域の小学生を招いて様々な自然に触れることができるイベントを開催しています。

こんな学問が学べます。
  • 教育学
  • 教員養成
  • 保育・幼児教育
こんな職種が目指せます。
  • 小学校教師
  • 保育士
  • 幼稚園教諭

教育人間科学部 幼児保育学科

乳幼児期における成長を、専門家としてサポート

本学科では、進化・変革が進む幼児・保育現場で活躍が出来る人材を育むため、幼稚園教諭と保育士資格を取得するカリキュラムを用意。こどもの発達を適切に支援できる専門家を養成します。
また、千住キャンパスのある足立区と連携した保育所でのボランティア活動や工作教室、クッキング体験なども実施します。本学特有の「動物介在教育」では、子どもたちに対していのちの尊さを伝え、科学的な思考を養います。
「助言教員制度」では、1人の教員が卒業までサポート。1年次の「基礎ゼミ」では、レポートの作成や文献の検索方法など、大学での学びについて一から指導を行います。

学生主体の「のびのびプレイデイ」で多様性を実感

2歳~6歳までの子どもたちと保護者を対象に、学生たちが主体となって開催をしているイベントです。体操ゲームやアクセサリー作り、お話し広場など、学生間で様々なアイディアを出し合い作り上げます。学生同士で意見交換を行ったり、教員の助言をもらいながら、保育観の多様性を養うユニークな行事です。

こんな学問が学べます。
  • 保育・幼児教育
こんな職種が目指せます。
  • 保育士
  • 幼稚園教諭

教育人間科学部 学校教育学科

児童・生徒の可能性をさらに広げる教員に

本学科では、小学校教員、中学・高校の理科教員と保健体育教員・英語教員をめざせる4コースを設置。高度化・複雑化する社会のなかで、現在どのような教育が求められているのか?一人ひとりの個性を把握し、可能性を伸ばす方法を考えられる教員を養成しています。
1年次から学校現場でのボランティア活動やインターンシップを経験し、教員になるための実践的な学びを導入。
学生が自ら企画・実行する「SAT(Student Assistant Teacher:学生教育研修生)」では、地域の小中学校などでボランティア活動を行います。学習支援や体験教室など、早期から学校教育現場を体感し、教員になる目的意識を高めます。
また、一人の教員が入学から卒業まで見守る「助言教員制度」や教職センターとの連携など、サポート体制も手厚いです。

グローバルな視点を持った人材をめざして

2019年4月、教育人間科学部学校教育学科に「国際英語コース」が新設されました。本コースでは「英語の授業を英語で行う」ことのできる教員を養成します。
1年次後期に希望者が参加できる海外語学研修制度を設けています。事前授業で異文化について学び、ホームステイをしながら英語研修を行います。3年次以降は、アジア圏の小中学校で日本文化を英語で教える海外教育実習に参加することもできます。また、1学年30名という、きめ細かな少人数教育も特長。教員との距離が近いため、使える英語力が身に付きます。さらに、地域のこどもたちと交流する「TEIKA English Day」を開催。こどもたちと触れ合うなかで、英語を教える楽しさを実感できます。

こんな学問が学べます。
  • 教育学
  • 教員養成
こんな職種が目指せます。
  • 小学校教師
  • 中学校教師
  • 高校教師