山梨学院大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

山梨学院大学

法学部

「法律」を初めて学ぶ人も安心

専門知識や心構えを学び、あらゆる問題を解決に導ける人材を育成する

「公務員」、「企業」、「法律家」など、それぞれの分野で必要な知識や、心構えは異なります。法学科では、みなさんの目指す将来に合わせて、公務員を目指せる「公務員モデル」、現代のビジネス現場で重要な能力が学べる「企業モデル」、法律専門職を目指せる「法律家モデル」の3つの履修モデルを用意しています。1つのモデルをじっくり学ぶことも、カリキュラムを自由に編成して学ぶこともできるため、将来の選択肢が広がります。
1年次は法律の基礎を学び、「法学」の全体像をつかんでいきます。その後「政治学」「経済学」などの幅広い知識を身につけ、3年次では「刑法」「行政法」などの、より専門的な知識を学んでいきます。
また、弁護士事務所や県庁、一般企業でのインターンシップの他、第一線で活躍する警察官や山梨県内の市長の特別講義などを受けることで現場を知ることができます。施設訪問やボランティアなどの課外活動も充実しているため、「法律って難しそう」「まだ卒業後のことはよく考えていない」という方も、新たな自分を発見し、一人の人間として成長する機会がたくさんあります。

現代の政治社会のあり方を学ぼう

地域から世界までを視野に、「リーダー」として行動できる人材を育成する

人々が生活していく中で、「政治」とは必要不可欠なものです。
政治行政学科では、法律学とは違い、より広い視点で、現代の社会問題や紛争の原因を知り、リーダーとして解決に向けた策を練るための知識や考え方を身に付けることができます。
1年次は幅広い教養科目や、公務員としての基礎知識、公共的な領域での活動について学びます。そして、政治や政策について本格的に学んだのち、みなさんの興味関心や、目指す将来に合わせて専門科目を選択します。
積極的に社会に関わる上で必要となる「市民・政治モデル」、地域の課題や政策についてなど、公務員としての知識が身につく「行政・政策モデル」、国際的に活躍できる技術を身に付けられる「国際関係モデル」の3つの履修モデルを用意しています。
その他にも、公務員の仕事を体験できるインターンシップ(公務)や、山梨県昭和町議会と提携し、「共同ワークショップ」も行っています。このワークショップでは、議員と学生が議論するという大変貴重な場を設けており、また自分の考えた政策が、実際に行政に反映されることも。より実践的な体験を肌で感じ、「専門」を知る喜びが味わえます。

こんな学問が学べます。
  • 法学
こんな職種が目指せます。
  • 公務員(一般行政職)
  • 警察官
  • 消防官

経営学部

ビジネスの現場に応じた実践的な学び

社会をより良くするための力が身につく

「人々から信頼され、幅広い分野で活躍できる地域経済の担い手の育成」をコンセプトに、「社会をより良くする能力」を養う経営学部。
最初は自分に合ったペースで、基礎能力を1から築いたのち、ビジネス社会の求めている様々な分野を学びながら、経営・経済、マーケティング、簿記会計、情報など、社会をより良くするための力を養っていきます。
経済・経営分野(社会全体の経済動向・組織で働く人々のマネジメントなど)」、「2.会計学分野(運営に欠かせないお金のマネジメントなど)」、「3.マーケティング分野(商品企画、顧客ニーズ掴み方、物流のしくみなど)」と、人々の生活には切っても切り離せない様々な組織・経営について深く学ぶことができ、「将来はデータ分析のエキスパートになりたい」「ヒット作品をたくさん作りたい」と考えている方にピッタリです。
また、少人数で実践的なカリキュラムを用意しており、ビジネスの現場において必ず必要となる知識をしっかり身に付けられ、様々な資格取得を目指すことができます。

実践的カリキュラムが豊富

教科書にはない「未来のビジネス」を、自分で見つけ、自分で創れる人になる

経営学部では、ビジネス力が身に付く授業をたくさん用意しています。
例えば、常に大きく揺れ動く消費者の気持ちや行動を分析するためのディスカッションを行う「消費者行動論」や、現場で求められるコミュニケーション力を身に付けられる「専門演習」などがあります。
その他にも、地元山梨県で活躍している女性や、山梨学院大学のOGの講義、教授や仲間と議論を行えるゼミナールなどもあります。このように、自分たちに身近な企業やビジネスパーソンに触れる機会がたくさんあるため、ビジネスの世界をよりリアルに感じることができます。
夏休みには観光・ホスピタリティの業界でのインターンシップを受けられるため、観光業界で必要な知識はもちろんのこと、ホスピタリティについて深く知ることができます。
このように、教科書には載っていない「未来のビジネス」を肌で感じ体験することで、「自分で見つけ、自分で創りだすことができる」人材を育成していきます。

こんな学問が学べます。
  • 経済学
こんな職種が目指せます。
  • 広報・宣伝
  • 企画業務
  • 販売促進
  • アントレプレナー(起業家)

健康栄養学部

栄養学の専門家を目指そう!

創立60余年の伝統と実績を誇る管理栄養士養成施設

健康栄養学部は、2010年に開設されたばかりの新しい学部です。
でも実は、創立60年以上にわたり、たくさんの栄養士を育ててきた、伝統のある山梨学院短期大学食物栄養科が母体です。
健康栄養学部管理栄養学科では、5つの力を身に付けることを教育目標としています。
幅広い教養と対人関係力、高度な専門的知識や技術の他、チーム医療に貢献できる力や優れた栄養指導能力、そして地域活性化に貢献していく力。このような技術や知識を備えた人材を育てていきます。
「健康」や「栄養」に対する意識が高まっている現代の日本では、生涯にわたって心と体の健康を維持できるための専門的な知識や技術のレベルの向上が必要とされています。そこで健康栄養学部では、栄養学や食品衛生学などを学べる実験の他、実際に献立から給食を作っていく「給食運営実習」や「給食経営管理実習」など、充実した授業を用意しています。
「興味はあるけど、料理には自信がない」という方でも、様々な調理実習を開講しているため、安心して、調理の基本から技術が学べます。
そうして、社会的に必要とされ果たす役割も非常に大きな、「栄養学の専門家」を目指していきます。

実践的な研修制度も豊富

国家試験合格率 2年連続100%の実績!

健康栄養学部管理栄養学科は、地域と連携し、実践的な専門教育や、きめ細かな国家試験対策を大切にしています。管理栄養士国家試験の合格率はなんと2年連続100%!(2017年、2018年実績)過去5年を振り返ってみても、1期生以来、常に全国平均を上回る合格率を誇り、たくさんの管理栄養士を輩出しています。
既定の単位を修得すると、学士(栄養学)と栄養士免許が取得でき、その他にも在籍中にHACCP管理者資格や食品表示検定などの資格取得を目指すことができます。

また、実践的な能力を養い、グローバル社会でも活躍できるよう、ホテルでのテーブルマナー研修や語学力が身につく海外研修などもあり、管理栄養士としての専門知識以外にも、様々なシーンで重要とされるプレゼンテーション能力や、コミュニケーション能力が身に付けられます。
将来は病院、高齢者福祉施設、食品会社の他、保健所やアスリートの栄養管理など、管理栄養士として様々な場面で活躍できます!

こんな学問が学べます。
  • 栄養学
こんな職種が目指せます。
  • 管理栄養士

国際リベラルアーツ学部

アメリカ式のリベラルアーツ型教育で幅広い分野を学ぶ

教員との距離が近い!密度の濃い魅力的な授業

国際リベラルアーツ学部(iCLA)は2015年4月に開設されたばかりの学部です。専任教員の約75%が外国人であり、約90%の授業が英語で行われているので、英語によるコミュニケーション能力が自然と身に付きます。
「人文教養」「社会科学」「数的推理・自然科学」「保健体育」の4つの領域の他に、「日本研究プログラム(JSP)」から科目を自由に選択できるため、一つの専攻に集中することなく、幅広い分野を学べます。何を学ぶかは自分次第!
さらに授業は少人数制。英語をレベルアップする上で、少人数のインターアクティブな授業を経験することは欠かすことのできない要素のひとつです。教員との距離が近く、密度の濃い授業を味わえます!
また、留学生とともに同じ授業を受けるため、グローバルな視野や、物事を多角的に考えられる力が身に付きます。
生きた英語によるコミュニケーション力を身につけ、多様化する社会の中でもしっかり対応できる国際人を目指していきます。

グローバルな視野をもつ人材を育成

海外から日本を見てみよう!

国際リベラルアーツ学部(iCLA)では、グローバルな視点を養うためには、海外から自分の住む日本を見つめなおす機会が重要であると考え、1年間の海外留学を必須としています。山梨学院大学と交換留学協定を結んだ提携大学は、世界中に50校!(2018年3月現在)授業料の負担をかけず勉強に励むことができる環境が整っています。留学先はアメリカ、ヨーロッパ、アジアのほか、英語圏以外の国もたくさんあります。これからのグローバル社会において、英語を母国語としない人々と英語でのコミュニケーションをとる機会が増えていくと考えられるためです。
様々な人と触れ合う中で、日本の文化や歴史、自分が常識と思っていたことも、そうでなかったということに気付くことができ、世界の大きさを感じることができるでしょう。

しかし「興味はあるけど、外国に一人で生活するのって少し不安…」「きちんと会話やコミュニケーションをとれるのか心配」と思っている方はたくさんいると思います。
国際リベラルアーツ学部(iCLA)は、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの4つの技能を中心とし、言語運用能力を強化できるEAE(English for Academic Excellence)という集中プログラムの他、「言語学習アドバイザー」へ学習相談ができる言語学習施設で、継続的なサポートを受けることもできます。海外生活に必要な英語力を身に付けられる環境がそろっているので安心です。

こんな学問が学べます。
  • 教養学
こんな職種が目指せます。
  • 外資系スタッフ
  • そのほかの語学・国際系の職業

スポーツ科学部

スポーツを通じて社会に貢献できる人を育てる

運動が苦手でも大丈夫!スポーツが大好きな気持ちを大切にします

スポーツ科学科では、1年次からスポーツの基礎知識を学びながら、2年次からは、自身の興味・関心、卒業後に進みたい分野に沿って、2つのコースに分かれて専門的に学んでいきます。
「競技スポーツコース」では、ジュニア~シニアまでの、幅広い世代の競技者の競技力向上に貢献できる人を育てます。
「生涯スポーツコース」では、子どもから高齢者までのQOL(Quality of Life/生活の質)や健康体力向上に貢献できる人を育てます。
その後、各コース共通の演習を通して、問題解決能力やプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力をしっかり身に付けます。
中学校、高校の保健体育の教員を目指す方には、教員免許状取得に向けた科目を学んでいきます。
また、「スポーツは好きだけど、あまり得意ではないんです」という方も、入学してきています。山梨学院大学は、スポーツ振興に力を注いできたため、教育環境がとても充実しており、「スポーツとともに生きていく力」を身に付けたい方も、運動が不得手、苦手だけどスポーツが好きという方も、それぞれの立場に立った学びを深めていくことができます。

少人数制の授業が魅力

一人ひとりに行き届いた教育を心がけています

スポーツ科学部は、入学定員を1学年190人としており、専門教育科目の教員1人あたりの学生数はなんと9人!(※定員変更許可申請中)
このような少人数制のもと、双方向対話型の演習や、実験・実習科目を多く開講し、実践的な能力が身につくよう、一人ひとりに行き届いたきめ細やかな教育を心がけています。
また、授業以外にも、みなさんが目指したい将来や興味に応じて、教員が親身に指導を行っています。さらに教員の中には、メダリストを育てた指導者や、ナショナルチームの監督級の教員も多数在籍しています!

卒業後の進路は、さらなる専門知識や技能を身に付けるために大学院への進学や、スポーツ競技者の心理・体力・技術面をサポートするトレーナー、マネジメントスタッフの他、スポーツ関連企業、身体能力が要求される公務員(警察官・消防官・自衛官)など幅広いのが特徴です。
スポーツ科学の“知と技”をしっかりと身に付け、国内外の様々なスポーツ分野で、活躍していける人を育てます。

こんな学問が学べます。
  • スポーツ学
こんな職種が目指せます。
  • 中学校教師
  • 高校教師
  • スポーツトレーナー