共立女子大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

共立女子大学

家政学部

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッションポリシー

家政学部では、生活者の視点から人間生活の向上と福祉に貢献する自立した女性を育成することをめざして、教育に当たっています。このために、本学の特色である人間生活を理論と技術の両面から学ぶ意欲のある学生を受け入れる。
衣・食・建築・デザイン・児童などの分野において、生活者の視点から人間生活を広く追究しようとする強い意欲や向上心と、教育課程を充分にこなしきれる基礎的学力を持つとともに、人々の生活の向上に寄与することを喜びとする精神を持ち合わせている人材を受け入れる。

人間生活を根底から支える女性へ

「幅広く深い教養及び総合的な判断力」を身につけること。それが本学部の人材養成目的です。生活者の視点から人間生活を考え、生活の向上と福祉に貢献する自立した女性の育成をめざしています。「被服学科」、「食物栄養学科」、「建築・デザイン学科」、「児童学科」の4学科を設置し、それぞれの専門分野を学びます。また、学科ごとに専攻やコースに分かれ、専門性を高めていきます。

こんな学問が学べます。
  • 建築学・意匠
  • 住居学
  • 服飾・被服学
  • 栄養学
  • 食物学
  • 児童学
  • 保育・幼児教育
  • デザイン

文芸学部

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッションポリシー

文芸学部では、文学と芸術に幅広い関心と教養を持ち、それらとメディアの関係を新たな視点でとらえることのできる、精神的に自立した人材の育成をめざしている。したがって高等学校で十分な基礎学力を身につけていることに加えて、高いモチベーション、豊かな個性、柔軟な発想力、創造性、他者を理解する力、さらには自ら問題を発見し、積極的に取り組もうとする主体的な姿勢を有する学生の入学を求める。
(高校で履修すべき科目や取得が望ましい資格等)
・特に日常的な学習が十分に行われていることが望ましい教科・科目 : 国語、外国語
・専門科目を学ぶために必要となる教科・科目 : 日本史、世界史

「文学」や「芸術」について、さまざまな角度から学びを深めていく

文学と芸術の世界を様々な視点から捉え、幅広い視野と深い教養を備えた豊かな人間性を養成します。自立した個人として他者と協調しつつ、主体的に行動することができる女性の育成をめざしています。さらに、メディアを通じて文学と芸術を受容・伝達する基礎能力を身につけた人材の養成も志しています。2年次からは、7つのコースに分かれて専門性を深めていきます。

こんな学問が学べます。
  • 外国文学
  • 日本文学
  • 歴史学

国際学部

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッションポリシー

国際学部では、急速に国際化しつつある現代社会のなかで活躍できる人材を育成している。そのためには、多様な文化への理解力、コミュニケーション能力、社会の仕組みに対する洞察力を養うことが必要である。本学部は、豊かな日本語能力を備え、外国語の基礎的能力があり、歴史や政治経済などについて一定の学力を持つ学生を求めている。大学で学んだことを将来のキャリアや社会活動に活かそうという意欲に溢れた人たちを歓迎する。
(高校で履修すべき科目や取得が望ましい資格等)
・特に日常的な学習が十分に行われていることが望ましい教科・科目 : 国語、外国語
(特に英語)
・専門科目を学ぶために必要となる教科・科目 : 日本史、世界史、地理、政治経済
・専門科目を学ぶために参考となる教科・科目 : 現代社会、倫理、数学

グローバル化が進む社会で活躍できる人材育成を目指す

本学部では、人文科学系分野と社会科学系分野との科目群から興味のあるテーマを追求することができます。国際化が進む現代社会では、豊かな日本語能力と外国語の基礎的能力、文化への理解力、コミュニケーション能力、社会の仕組みに対する洞察力を養うことが大切です。3つのコースと17の専攻分野から自主的に学びを選択するなかで、世界を社会と文化の両側面から理解し、国際社会で活躍できる人材を育てることを目指します。

こんな学問が学べます。
  • 国際関係学
こんな職種が目指せます。
  • 語学教師

看護学部

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッションポリシー

看護学部の学生には、高等学校までの学習が十分に身についていることに加えて、自ら課題を探求する意欲や行動力を備え、生涯にわたり自己の資質向上に努める主体的な姿勢を持つことを求める。
さらに、看護専門職として社会に貢献するために、相手の立場に立ち、他者の権利を尊重し行動できる、協調性に富み積極的に医療チームに関わることができる、保健医療の分野において、地域貢献に関心を持っている人材を求める。
(高校で履修すべき科目や取得が望ましい資格等)
・特に日常的な学習が十分に行われていることが望ましい教科・科目:国語、英語
・専門科目を学ぶために必要となる教科・科目 : 化学、生物
・専門科目を学ぶために参考となる教科・科目 : 数学、物理

社会に広く貢献する、自立した看護師育成のために

本学部では、看護学を学習するうえでの基礎から、将来の看護実践のための専門性を発展させることをめざした研究まで体系的に学ぶことができます。現代の医療の進歩と国際化を踏まえたカリキュラムを設置し、看護学教育に特化した効果的な学びを展開しています。また、総合大学というメリットを活かし、全学共通の豊富な「教養教育科目」を履修でき、看護に携わるうえで大切な、思いやりのある人格形成をめざしていきます。

こんな学問が学べます。
  • 看護学
こんな職種が目指せます。
  • 看護師