法政大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

法政大学

国際文化学部

留学を経験できる!

国際社会人になろう!

法政大学国際文化学部は、分野融合型のカリキュラムによる国際人の育成を目指してきました。枠組みにとらわれない幅広い知識と柔軟な理解力。共感をもって異文化を理解すると同時に、自己の文化を客観化できる、通文化的かつ相互的な見方。英語および各種外国語の習得を通じて異文化を深く理解するとともに、異文化との情報の受発信が十分にできるような、双方向的コミュニケーション能力。さまざまな「文化情報」を、コミュニケーション(ICT)を駆使して受け取り、新たな「文化情報」として発信する能力。これらの目標を達成するために、活き活きとした多文化的な雰囲気の学部環境を整備しています。
本学部では外国語運用能力を伸ばし、異文化の理解を深めるために、すべての学生に留学への参加を求める、海外留学-SAプログラムを義務付けています。2年次の夏休みから冬休みにかけて、学生のグループが順次、海外へ羽ばたいていきます。
英語圏のみならず、独・仏・露・中・西・韓を第一外国語として学び、諸言語圏への留学を希望することができます。情報技術によるICTを習得する留学プログラムが用意されているのも、本学部ならではの特徴といえます。

4コースから国際社会を学ぶ

少人数教育で安心

国際文化学部では、文化をキーワードに国際的な視野で多様なテーマについて学びます。
文化というと国民が国家としてまとまった枠の中での文化と考えがちですが、例えば、一つの国の中にも多くの民族が暮らしていて、異なった文化が国境を越えて広がっています。このような文化のとらえ方をするのがこの学部の特徴の一つです。
もう一つは、文化が情報と密接に結びついていることを重視している点です。文化は言語をはじめ、映像やデザインなど様々な媒体を介して情報化され、発信されます。発信された情報を受け取る場所や地域によっては解釈が異なってきます。例えば、同じ内容のニュース映像であっても国や地域によって受け取られ方が異なることがあります。このように、どのような変化と問題が生じるのか、異文化間のコミュニケーションを考えるうえでとても重要になってきます。
また本学部では、2008年度から4コース制を導入しています。

 情報文化コース:情報リテラシーの基礎から始め、情報処理に関する高度な知識と能力を養います。
 表象文化コース:アート、デザイン、映画、アニメ、音楽、ダンスなどの視覚・聴覚表現について学びます。
 言語文化コース:言語のスキルを磨き、各言語に特有の文化を掘り下げて、文化の多様性を探究します。
 国際社会コース:地域や国を横断する国際社会の交流とその仕組み、問題点とその解決方法を探ります。

これら4つのコースは、バランスのとれた国際社会人を養成することが目的です。コース登録は2年生への進級時で、定員はなく希望のコースを選択できます。選択したコースにより履修の要件がありますが、他コースの専攻科目も自由に履修できる柔軟なカリキュラムになっています。
さらに本学部では少人数教育を導入しています。少人数クラスは、クラスやゼミの雰囲気がアットホームになり、充実した学生生活を送ることができると学生たちから好評です。クラスでは、大学で学ぶことの登竜門となるチュートリアルに始まり、語学、演習(ゼミ)など、少人数の授業が多いことは、この学部の魅力です。

こんな学問が学べます。
  • 国際文化学
こんな職種が目指せます。
  • 貿易事務