日本医療大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学 / 学校法人 日本医療大学

日本医療大学

保健医療学部 看護学科

人びとの健康な暮らしと社会を支える実践科学

看護学は、人がよりよく生きることを支える実践科学です。人間が病むこと、人間がより健康に生活するための課題を問い続けるとともに、人びとの健康の保持・増進と健康障がいをもつ人びとへの生活を支援する看護師に必要な教科目を配置しています。

【学科のポイント】
1、札幌近郊で実践的な「看護学実習」
本学の看護学実習は、札幌市内および近郊に設定。最新の医療現場を学べる機会を整えています。また、実習先を札幌近郊とすることで学生への経済的・精神的な負担軽減に配慮しています。

2、信頼の絆を結ぶ、コミュニケーション能力の育成
看護師として、援助的人間関係を形成するために必要なコミュニケーション能力を段階的に育成することを重視しています。「人間関係論」「コミュニケーション論」「臨床心理」などを配置し、コミュニケーションに基づく対象理解を目指します。

3、高度な知識・技術を養う、最新の施設設備
看護実習室は領域別に部屋を設定しているほか、ICUスペース・在宅看護実習スペース・老年看護実習スペースも専用に確保。パソコン教室には英語等を個別に学修することができるシステムが整っています。また、学内全域でWi-Fiネットワークを使用することができます。

万全な国家試験対策と医療人としてのキャリア形成を両立

看護師国家試験は、必修問題・人体の仕組みと働きなどの一般的知識と、看護場面の状況を読み解く状況設定問題によって構成されています。看護師にはこうした知識が不可欠であり、これらの知識を土台にして実践を積み重ねていくことになります。本学科では、国家試験に向けて各学年で定期的に模擬試験を実施し、4年次には集中講義やグループ学習を取り入れ、国家試験の準備を行っています。また、学生のキャリア形成のための講習会を開催し、人材の育成にも努めています。卒業後は、看護師として希望した病院への就職や、大学院進学などの進路を選択しています。

【国家試験対策】
低学年から模擬試験に挑戦し、その後も学年進行に合わせた内容の模擬試験を受験するよう計画しています。本格的な国家試験対策が始まる4年次では、定期的な講習、学内教員による補講や個別指導などを取り入れながら、継続的にサポートしていきます。

【国家試験合格率】
2019年度看護師国家試験に看護学科3期生が挑み、全国平均を上回る合格率96.1%を達成。
※看護師国家試験:本学受験者数76名/合格者数73名(合格率全国平均89.2%)

【就職活動支援】
キャリア学修支援センターで就職相談の窓口となる専門員は、看護師としての経験を持ち、その業界の就職動向に詳しくネットワークも広く有します。そして学科教員・事務部門とも協業しながら教職員全員で学生の就職活動をサポートしています。

こんな学問が学べます。
  • 看護学
こんな職種が目指せます。
  • 看護師

保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

身体能力の回復によって医学と社会の橋渡しをする

理学療法は、加齢や疾病、事故などによって損なわれた身体能力を回復するリハビリテーションです。医学と社会生活の橋渡しをするもので、医療人としての人間性と高度な医療知識が求められます。
本専攻では、1995年に開校した専門学校日本福祉リハビリテーション学院が積み上げてきた育成ノウハウの上に、大学としての高度な教育、演習を通して問題解決力、科学的思考力を養います。

【専攻のポイント】
1、生涯の財産となる自己研鑽能力を育成
単なる技術者養成指導にとどまらない、自発的な学修意欲をかき立てる選択科目を多彩に展開。多様かつ最新のリハビリニーズを踏まえた、興味を持って学べる科目を多数配置しています。学生時代に培った自己研磨する能力は、専門職業人として一生の財産となるはずです。

2、チームアプローチを学ぶ
実際の医療や福祉の現場では、理学療法士と作業療法士が、それぞれの専門知識・技術を生かしながらチームを組んで患者さんへの治療にあたります。本学科作業療法学専攻と日常的に関わり共に学ぶことで、リハビリテーション職間で連携・協働する力を身に付けます。

3、実践力と情報力に磨きをかける施設設備
実際の医療現場と同様の学内実習設備に加えて、少人数ゼミナールや個別指導でじっくり学べる学修環境が充実しています。図書館は最新の医療関連図書が備わるほか、視聴覚教材、電子ジャーナルが整備されており、幅広い情報収集が可能です。

独自プログラムによる国家試験対策と就職活動をサポート

理学療法士・作業療法士国家試験は、共通科目である解剖学・生理学・運動学などの基礎医学分野と臨床医学分野、そして各専門分野から構成されています。本学科では国試対策ファイルを毎年作成し、体系的な独自プログラムを提供しています。特に、グループ学習指導や個別学習指導を徹底し、受験生個々の到達度に合わせたきめ細かな指導体制を組んでいます。さらに、就職活動においても学生全員の進路相談・面談を徹底し、面接練習など就職選考試験対策を実施しています。また、入学時よりキャリア形成のための研修会を開催し、理学療法士・作業療法士として活躍できる人材育成に努めています。

【国家試験対策】
前身である専門学校にて長年培ったノウハウを活用。一人ひとりの学習進度や理解度を把握しながら、模擬試験や補講、過去問題の分析など、きめ細やかな指導を1年次から継続して行います。

【国家試験合格率】
リハビリテーション学科2期生が理学療法士国家試験に挑み、全国平均を上回る合格率94.9%を達成。
※理学療法士国家試験:本学受験者数39名/合格者37名(合格率全国平均86.4%)

【就職活動支援】
キャリア学修支援センターで就職相談の窓口となる専門員は、理学療法士としての経験を持ち、その業界の就職動向に詳しくネットワークも広く有します。そして学科教員・事務部門とも協業しながら教職員全員で学生の就職活動をサポートしています。

こんな学問が学べます。
  • 医療技術学
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
こんな職種が目指せます。
  • 理学療法士

保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻

障がいがあっても、自立した生活をサポートする作業療法士

作業療法は日常動作のリハビリテーションを通して自立した生活をサポートします。本学リハビリテーション学科作業療法学専攻は1995年に開校した専門学校日本福祉リハビリテーション学院の実績、教育ノウハウを継承し、2015年に設置しました。
超高齢社会に対応し、医療チームの一員として認知症対策を含む高齢者の生活環境、社会環境の改善まで指導できる作業療法士の育成を行っています。

【専攻のポイント】
1、世界で通用する作業療法士の育成
先進諸国の社会問題「認知症」の症状を改善する役割の中心を担う作業療法士の最前線がグループ施設内にあります。その現場を肌で感じながら学び、国際的人材へと育っていきます。

2、チームアプローチを学ぶ
実際の医療や福祉の現場では、作業療法士と理学療法士が、それぞれの専門知識・技術を生かしながらチームを組んで患者さんへの治療にあたります。本学科理学療法学専攻と日常的に関わり共に学ぶことで、リハビリテーション職間で連携・協働する力を身に付けます。

3、実践力と情報力に磨きをかける施設設備
実際の医療現場と同様の学内実習設備に加えて、少人数ゼミナールや個別指導でじっくり学べる学修環境が充実しています。図書館は最新の医療関連図書が備わるほか、視聴覚教材、電子ジャーナルが整備されており、幅広い情報収集が可能です。

独自プログラムによる国家試験対策と就職活動をサポート

理学療法士・作業療法士国家試験は、共通科目である解剖学・生理学・運動学などの基礎医学分野と臨床医学分野、そして各専門分野から構成されています。本学科では国試対策ファイルを毎年作成し、体系的な独自プログラムを提供しています。特に、グループ学習指導や個別学習指導を徹底し、受験生個々の到達度に合わせたきめ細かな指導体制を組んでいます。さらに、就職活動においても学生全員の進路相談・面談を徹底し、面接練習など就職選考試験対策を実施しています。また、入学時よりキャリア形成のための研修会を開催し、理学療法士・作業療法士として活躍できる人材育成に努めています。

【国家試験対策】
前身である専門学校にて長年培ったノウハウを活用。一人ひとりの学習進度や理解度を把握しながら、模擬試験や補講、過去問題の分析など、きめ細やかな指導を1年次から継続して行います。

【国家試験合格率】
リハビリテーション学科2期生が作業療法士国家試験に挑み、全国平均を上回る合格率100%を達成。
※作業療法士国家試験:本学受験者数21名/合格者21名(合格率全国平均87.3%)

【就職活動支援】
キャリア学修支援センターで就職相談の窓口となる専門員は、作業療法士としての経験を持ち、その業界の就職動向に詳しくネットワークも広く有します。そして学科教員・事務部門とも協業しながら教職員全員で学生の就職活動をサポートしています。

こんな学問が学べます。
  • 医療技術学
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
こんな職種が目指せます。
  • 作業療法士

保健医療学部 診療放射線学科

現代医療のフロント、放射線医学を担う診療放射線技師の育成

平面から立体へ、画像診断からがん治療へ。より精緻に、より細密に。診療放射線学は医学の中でも発展著しい領域です。実際の医療現場と同様の学内実習設備など充実した学修環境の中で、少人数教育により、日進月歩の診療放射線学に柔軟に対応できる科学的思考力と問題解決能力を養います。

【学科のポイント】
1、プロを育てる教員陣と、現場仕様の設備
日々進歩する医療用放射線の技術や多様化する患者ニーズを熟知する医療のプロフェッショナルが、現場の視点から実践的に指導します。最新の医療機関さながらの設備も、正しい技術の修得に大きな力を発揮します。

2、臨床実習で、最先端医療を体験
4年次の実習は、国内有数の放射線治療施設で行われます。高度な知識と技術にふれる経験は将来の飛躍につながります。

3、豊かな人間性を育む充実した基礎教育
基礎教育科目を多分野にわたり、多様な学びの機会を通して、社会人としての幅広い視野と豊かな人間性を培うとともに、スペシャリストとして求められる資質や能力の向上をはかります。

試験対策講義、模試結果による補習など、一人ひとりを徹底サポート

診療放射線技師国家試験は14科目と広範囲に渡り、1年次の講義から国家試験に関連します。本学科では、理系科目が苦手な学生を対象とした数学、物理、情報科学などの基礎科目や専門科目などを開講し、個人の学力に合わせた指導を実施しています。4年次では国家試験過去問題を分析した模擬試験を実施し、各専門分野の教員が試験結果を踏まえた補講を行うなど、教員全員で学修をサポートします。また、キャリア研修などにより4年間で医療人に相応しい資質を有する卒業生を輩出します。

【国家試験対策】4年次に過去問題を分析した模擬試験を実施し、各専門分野の教員が模試結果を踏まえた補習講義を実施します。また、学内に4年次の自習スペースを設けてグループ学習を実施。さらに国家試験前日まで教員による対応を行っています。

【国家試験合格率】
2019年度診療放射線技師国家試験に診療放射線学科1期生が挑み合格率84.4%を達成。
※診療放射線技師国家試験:本校受験者数32名/合格者27名(合格率全国平均82.3%)

【就職活動支援】キャリア学修支援センターで就職相談の窓口となる専門員は、診療放射線技師としての経験を持ち、その業界の就職動向に詳しくネットワークも広く有します。そして学科教員・事務部門とも協業しながら教職員全員で学生の就職活動をサポートしています。

こんな学問が学べます。
  • 医学
  • 医療技術学
こんな職種が目指せます。
  • 診療放射線技師