日本医療大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学 / 学校法人 日本医療大学

日本医療大学

New! 保健医療学部 臨床検査学科

2021年4月新学科誕生!進化する医療現場で必要不可欠な高度専門職人を養成。さらに充実した医療大学へ

「臨床検査技師」とは、医療現場において臨床検査を担う医療の専門職です。臨床検査は、病気の診断、治療の選択・効果判定、健康診断や臨床治験の評価など、医療におけるさまざまな診療行為に必要不可欠な存在です。具体的には、私たち人間の身体から採取した細胞(例:皮膚、血液、毛髪、爪など)をもとに、さまざまな分析を行い、病気や原因の究明へと掘り下げます。医療用語で言うならば、生化学・免疫検査、血液検査、尿・一般検査、病理検査、微生物検査、輸血検査、生理機能検査(心電図、脳波、エコー検査など)や遺伝子検査(PCR検査を含む)などです。臨床検査技師が行う精密で緻密な業務は、医師の診療や治療方法の決定へとつながる重要なサポートとなるのです。
また、近年では、医療の進歩に伴い、臨床検査技術の高度専門化が進んでいます。本学では、医療現場での経験豊富な教員陣により、最新の高度な臨床検査の知識・技術の修得のみではなく、臨床検査データの見方・考え方など、医師に的確な診療サポートができる人材養成を目指しています。
患者さんからの検体採取も臨床検査技師の仕事として認められるようになり、臨床検査室だけではなく外来や病棟などにおける業務が新たに追加され、その範囲は年々拡大しています。

医師をサポートし、患者を第一に考える。最先端機器を操り最適な判断を下す。実践力のある技師を養成。

卒業後、その先の未来において、医療現場の第一線で活躍する医療従事者でいるために、幅広く深い学びのカリキュラムを編成。さらに、それらを担当するのは、高い専門性及び豊富な実務経験を持った優秀な専任教授陣です。

●臨床検査学科の学びの特徴
①.患者中心の仕事ができる人材の育成/「各種チーム医療の中での臨床検査技師の役割が理解できる」、「多職種連携を見据えたマネジメント能力を備えている」、「個々の症例における臨床検査データの解析による医師へのサポート能力を備えている」、人材を育成します。
②.科学的に臨床検査学を追究できる人材の育成/各種遺伝子解析装置をはじめとする先進医療を見据えた機器を設置し、高度な専門的知識や技術修得のための教育環境を整備。臨床検査の意義を理解し、応用力、観察力、洞察力、分析力を身に付け、実践的な臨床検査技師としての能力を養うとともに、研究の基礎となる独創性を培う教育研究を行います。
③検査室の基本的運営・管理ができる人材の育成/臨床検査の知識・技術の修得だけでなく、多角的な視点からの管理法として、各種機器の安全管理、臨床検査室の国際標準規格、臨床検査の精度保証に欠かせない内部精度管理や外部精度管理、病院内感染対策や医療安全管理の考え方などを修得。臨床検査室の運営・管理を実践できる人材を育成します。

●目指せる資格&卒業後の進路
<資格>臨床検査技師 国家試験受験資格
<進路>病院、診療所、臨床検査センター、保健所等の行政機関、検査機器メーカー、検査試薬メーカー など

こんな学問が学べます。
  • 医学
こんな職種が目指せます。
  • 臨床検査技師

保健医療学部 看護学科

人間の「生」に深く関わる看護学。患者に寄り添い、人の健康を守るプロフェッショナルな「看護師」として。

もしかすると、私たちが生まれてすぐに出会うのは、医師の次に看護師かもしれません。身体・歯科検診、健康診断、一般病院、大学病院、福祉施設、訪問看護ステーション、デイサービス施設など、年齢とともに出会う場所は異なりますが、私たちの人生のそばに必ず存在する「看護師」。こう考えると、その存在の重みをずっしりと実感できるのではないでしょうか。
「看護師」の仕事は、あらゆる年代の個人、家族、集団、地域社会を対象とし、健康の保持・増進、疾病の回復、健康の回復、苦痛の緩和を行い、生涯を通してその最期まで、その人らしい生涯を全うできるように援助することを目的としています。活躍の場は、医療機関や福祉施設、訪問看護ステーションなど多様です。医療や介護を必要としながら地域で生活する高齢者が増加しており、医療機関以外での看護師の役割の発揮が期待されています。

「人間・環境・健康・看護」の概念を基本にカリキュラムを構成。これらを胸に理想の看護師へと邁進。

看護学は、人間観や生命観を根底に人と深く関わる実践科学であり、「人間と健康」という人間存在の本質に深く取り組む学問です。
本学科における看護学教育は、人間が生きること、人間が病むこと、人間がより健康に生活するための課題を問い続け、人々の健康の保持・増進と健康障がいがある方への生活を支援する専門職業人としての看護師を育成することを目指します。
そのため、本学では、1年次に人間理解の基礎となる学問的知識を学び、価値観や人間観を育て、科学的思考力や主体的・自律的に学ぶ姿勢を身につけることを目標にしています。2年次以降は、1年次での学びをベースに専門科目並びに臨床実習の場を増やし、4年次では、さらなる実習で看護の領域の広がりを学ぶとともに卒業時の学修到達度と今後の目標および自己課題を明らかにすることを目的としています。

●国家試験合格率は96.1%!
2020年3月卒業生の国家試験合格率は96.1%(合格者73名/受験者数76名)で全国平均(89.2%)を上回りました。

●資格
・看護師国家試験受験資格

こんな学問が学べます。
  • 看護学
こんな職種が目指せます。
  • 看護師

保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

医学と社会生活の橋渡し的存在。個人に応じた物理・運動機能のスペシャリスト「理学療法士」。

疾病や事故によって損なわれた身体の機能。さっきまで“普通”に、“何気なく”できていたことができなくなるーー。そんな医療的ケアの必要な患者さんを、ある時には電気刺激や温熱療法などの物理療法で、またある時には筋肉や骨からアプローチする運動療法を用いて、機能の回復を図るサポートをする専門職人が「理学療法士」です。幅広い医療知識はもちろん、それを実践する高度な技術に加え、医療人としての豊かな人間性も求められる仕事です。
小児から高齢者までの幅広い世代の身体に障がいのある方に対し、起きる、座る、立つ、歩くといった日常動作に必要な動きの改善をよりスムーズに効率よく行う運動・動作のスペシャリストです。
本専攻では、専門学校日本福祉リハビリテーション学院が1995年の開校以来積み上げてきた育成ノウハウを受け継ぎ、その上で大学としての高度な教育・演習を積み重ね、現場での速やかな問題解決力や科学的思考力を身につけます。

障がいのある方や高齢者の支えとなれるよう「共生社会の実現」を目指し、日々専門的な知識を学ぶ。

身体に障がいがある方たちにとって、私たち健常者が無意識に何気なく行っている動作も、とても大きな負担であり、時間もかかります。理学療法士は、そんな低下している身体的運動機能の回復を促すスペシャリストです。骨や筋肉など身体全般についての幅広く深い専門知識はもちろん、患者の心に寄り添える豊かな人間力を求められるのも、この職業の重要なポイントです。
1年次には、人間の身体の構造や運動の仕組み、触診技術などの基礎を学ぶとともに、医療人としての基盤を築きます。2年次以降は、1年次での基礎を土台に知識の修得、実技・臨床演習も行い実践力を養います。集大成となる4年次には、長期実習(7週間×2)に取り組み、国家試験対策や就職活動へと進みます。

●国家試験合格率は94.9%!
2020年3月卒業生の国家試験合格率は94.9%(合格者37名/受験者数39名)で全国平均(86.4%)を大きく上回りました。

●資格
・理学療法士国家試験受験資格

こんな学問が学べます。
  • 医療技術学
こんな職種が目指せます。
  • 理学療法士

保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻

当たり前の日常を、当たり前に過ごせるように。身体と心の両面からサポートする「作業療法士」。

作業療法士の使命は、疾病や障がいのある方たちが、地域や家庭でそれぞれの役割を果たせる生活に少しでも早く戻っていただくことです。生活することは、身体活動だけではなく、心理面や社会的能力の回復も重要です。そのためには、幅広い知識と豊かな感性を育む教育が必要となります。本専攻では、多分野で豊富な臨床経験をもつ専任教員が、最新の知識と技術をリアルタイムに学生に伝え、社会のニーズに応える人材を養います。
「作業療法士」は、身体の機能を知り尽くし、それをどう活用させて生活行動を機能させるかといったリハビリを、個人に応じて行う専門の技術者です。疾病や障がいのある方たちが、地域や家庭でそれぞれの役割を果たせる生活に少しでも早く戻っていただくことが、この仕事の使命でもあります。身体活動だけではなく、心理面や社会的能力を回復させることも必要となり、作業療法士の役割はとても重要です。

理学療法士との連携、提携病院や施設での実習を重ね、社会での即戦力としての学びを実践します。

私たち人間の心と身体の仕組みを学び、病気や障がいへの理解を深めながら、作業療法の専門知識と技術をしっかりと身につけていきます。
1年次には、医学の基礎である解剖学や生理学、「こころ」の仕組みを知る心理学等とともに、作業療法の基礎(作業療法概論)を学び、臨床現場の見学も行います。座学の内容を隣接する「日本医療大学病院」等の施設で直接体験し確認・実感することができるのも、本学ならではの特長です。そういった貴重な学びを重ねながら、最終年となる4年次には、実際に患者さんへの治療介入の実習(8週間×2)を行います。同時に、卒業研究をはじめ、国家試験対策や就職活動も行っていきます。

●国家試験合格率は100%!
2020年3月卒業生の国家試験合格率は100%(合格者21名/受験者数21名)で全国平均(87.3%)を大きく上回りました。

●資格
・作業療法士国家試験受験資格

こんな学問が学べます。
  • 医療技術学
こんな職種が目指せます。
  • 作業療法士

保健医療学部 診療放射線学科

現代医療を支える専門技術職。高度な技術と高いコミュニケーション能力が求められる「診療放射線技師」。

一般診療で、健康診断で、専門治療の場で、X線やCT、MRIといったワードは聞きなれたものとなっています。ここで学ぶ「診療放射線技師」とは、まさにそういった最先端の機器を使い、医師のサポートをする職業のこと。
「診療放射線技師」は、医師または歯科医師の指示のもと、医療の中で放射線を使用した検査や治療を行うのが主な業務です。具体的には、全身各部のX線撮影や胃や大腸のX線検査、脳・心臓の血管造影検査を行います。また、CTやMRI などの装置を用いた全身の画像検査や画像処理、放射性同位元素を用いた核医学検査、高エネルギーのX線や粒子線を用いた放射線治療などを行います。その他にも各検査装置や画像情報の管理、放射線の安全管理も担当します。
放射線医学は日々進歩する分野であり、幅広い知識と繊細で緻密な技術、さらに豊かな感受性が求められます。本学では、医療現場で実際に用いられる装置を備え、診療放射線技師に必要な知識、科学的思考力、問題解決能力を養います。

充実した学修環境の中、少人数制による質の高い学びを提供。国家試験対策も一人ひとりを丁寧に指導。

1年次から、4年後の国家試験も見据えながら、基礎となる知識や技術をじっくり2年間かけて学びます。3・4年次は、臨床実習の時間が増大。1・2年時に学んだ基礎や専門科目を体感することにより、診療放射線技師の重要性や役割、医療従事者としての自覚などが芽生えてくることでしょう。集大成となる4年次には、専門科目と臨床実習を行い、より専門的な核医学、放射線治療や放射線管理などを学びます。同時に卒業研究と国家試験対策も行います。


●国家試験合格率は84.4%!
2020年3月卒業生の国家試験合格率は84.4%(合格者27名/受験者数32名)で全国平均(82.3%)を上回りました。

●資格&進路
・診療放射線技師国家試験受験資格
・エックス線作業主任者免許(※)
・ガンマ線透過写真撮影作業主任者免許(※)
※診療放射線技師免許取得後に、申請により取得できる。

こんな学問が学べます。
  • 医学
  • 医療技術学
こんな職種が目指せます。
  • 診療放射線技師