東京家政大学

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

東京家政大学

女性の生き方を応援し続けて136年。「生きる」に寄り添うスペシャリストを育成します。

1881年に「和洋裁縫伝習所」として設立されて以来、東京家政大学は、女性が経済的・精神的に自立するための職業教育に力を注いできました。その結果、教育・保育・栄養など、各専門分野でリーダーとなる人物を多数輩出。平成26年には狭山キャンパスに看護学部と子ども学部を新設。人々の医療や子育てへのニーズに応えられる専門性と実践力を備えた人材の育成に力を注いできました。そして平成30年には看護学部を改組して、新たに健康科学部※が始動。リハビリテーション学科※(作業療法学専攻・理学療法学専攻)を新設し、人間の生活のまさに「生きる」に寄り添い、支える人材の育成に力を入れます。4学部が連携しながら、大学全体で人の一生をサポートするスペシャリストを養成していきます。

※2018年4月改組構想中。名称は仮称であり、計画内容は変更になる可能性があります。

トピックス

2017.03.01 オープンキャンパス2017

学科説明、体験授業、先生との個別相談、
在学生が案内するキャンパスツアー、
在学生とのコミュニケーション、受験対策講座など盛りだくさんの内容です。
申し込みは不要ですので、どうぞお気軽においで下さい。

日時・内容など詳しくは本学ホームページ(http://www.tokyo-kasei.ac.jp)をご確認ください。

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2016年3月卒業生実績

東京都特別区(幼稚園教諭) | さいたま市(保育士) | 越谷市(保育士) | 北区(保育士) | 千葉市(保育士) | 東京都(小学校教諭) | 神奈川県(小学校教諭) | 埼玉県(小学校教諭) | 千葉県(小学校教諭) | 東京都(食品衛生監視員) | 東京都(栄養士) | 埼玉県(栄養士) | (独)国立病院機構 | 戸田中央医科グループ | (株)日清医療食品 | キユーピー(株) | 日本郵便(株) | 東日本旅客鉄道(株) | (一財)ボーケン品質評価機構 | (株)ミキハウス | (株)オンワード樫山 | (株)ワコール | 全日本空輸(株) | ANAエアポートサービス(株) | ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ | 星野リゾートグループ | (株)みずほフィナンシャルグループ | 埼玉県(養護教諭) | 東京都(養護教諭) | 北区(社会福祉士) | 横浜市(社会福祉士) …など

就職支援

東京家政大学では学生が個人の能力と適性に応じた職業につけるよう、さまざまな形で支援しています。「女性と仕事」や「基礎学力養成講座」などの基礎的な内容から、「栄養士職」「アパレル」「航空系」などの専門職別のセミナーや受験対策まで年間100講座以上のセミナーを実施。また、小学校校長、保育園・幼稚園園長経験者、企業の採用責任者など社会での現場経験・人生経験豊富な就職アドバイザーによる親身な指導・アドバイスにより、学生の夢の実現をサポートしています。
また、国家試験や公務員試験にも毎年多数の合格者を輩出。児童学科では保育士として就職したなかの59%(138名中81名)が公立保育士に合格。児童教育学科では54名(臨時任用12名含む)が小学校教諭として着任しました。また、管理栄養士国家試験の合格率が98.2%(合格者162名)など高い実績を維持しています。
(2015年度卒業生実績)

各種制度

東京家政大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

資格取得に直結した授業が魅力

本学は、教員免許を中心に各学科で資格取得に力を入れています。それぞれの学科では専門資格に対応する授業がカリキュラムに組み込まれているため、無理のない資格取得が可能。さらに、カリキュラム改革を進めることで、国家資格を中心によりいっそう多くの資格をめざせるようになりました。また、専門科目の授業は少人数クラスで実施。学生と教員との距離が近いことも本学の特長です。演習や実習・実験を豊富に設け、専門職につくための実力を身につける環境を整備しています。

学生が地域と交流し、学びを社会で実践

●ヒューマンライフ支援センター(ヒューリップ)[板橋]
衣食住、保育等、本学が生活関連領域で培ってきた知的資源を、地域社会に還元する目的で設立されました。「出会い、ふれあい、学びあい、育てあい」をキーワードに学生が地域住民との交流を通して、日常の学びを社会で実践できる場となっています。例えば、「森のサロン」は0~3歳の親子と学生ボランティアや保育士、教職員が集う子育て広場。学生企画によるミニイベントなども実施。親子とふれあう体験を通して人と関わる力を身につけます。

●地域連携推進センター[狭山]
大学の使命である地域社会との様々な交流を目的とし、本学に関する各種情報の提供と相談窓口の開設、地域社会の要望に応じる学生のボランティア活動やインターンシップ、地域コミュニティに関わる共同研究活動、各種生涯学習関連事業、施設開放等を行っています。本学の学生がボランティアの一環として児童生徒の学校生活をお手伝いするスチューデントサポーター、児童生徒と一緒に遊んだり、個別の学習補助などを行う狭山フレッシュ支援事業、まちづくり等、地域コミュニケーションに関わる共同研究活動などを行っています。

働くために必要な姿勢と力を直接感じることができるキャンパス

【板橋キャンパス】
●附属みどりケ丘幼稚園
キャンパス内に設置された附属幼稚園。児童学科や保育科の学生は、子どもたちの様子を身近で観察・学習することができます。
●ナースリールーム
0~3歳未満の乳幼児の保育・研究施設。児童学科の学生が実習に入るほか、授業の空き時間を利用したボランティアも受け入れています。
●臨床相談センター
地域に開かれた心理相談所、臨床心理学専攻の大学院生の実習も行われます。

【狭山キャンパス】
●かせい森のおうち(保育所)
定員60名の認可保育所。「小児看護学保育園実習」(看護学科)や「乳児保育学内演習」(子ども支援学科)を実施します。子どもたちとふれあいながら、小さな命を預かる責任感や接する態度などを学んでいきます。
●子どもクリニック
アレルギー疾患や発達障がい専門の子どもクリニックでは、患者さんとの接し方やご家族の悩みなども学びます。
●かせい森の放課後等デイサービス「つくし」
特別支援学級などに通う子どもたちを対象とした学童保育施設。障がい児支援を行うとともに将来の特別支援教育を担う学生の学びの場にもなっています。

学校No.543更新日: 2017.11.28

東京家政大学ページ上部へ