盛岡医療福祉スポーツ専門学校

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専修学校(専門学校) / 岩手県 認可 / 学校法人龍澤学館

盛岡医療福祉スポーツ専門学校

(2020年4月:盛岡医療福祉専門学校より校名変更)

福祉・こども・医療・スポーツの現場で「ありがとう」といわれる自分を目指そう

多くの人と関わる福祉・こども・医療・スポーツ関連の仕事では、国家資格等の取得や基礎知識はもちろん、現場で臨機応変に対応するためのノウハウも必要になります。本校は、多くの実習時間を設け、在学中の限られた期間の中でも、多くの経験を積むことができます。また実践的なスキルが身に付くよう独自の学習環境とカリキュラムで、学生の皆さんの成長をサポートしています。
「チームもりい」と称し、ボランティア・地域活動にも多く取り組み、地域の人たちと触れ合いながら社会貢献できる場を設けております。さらに、実際の現場とほとんど変わらない実習室などを完備しており、職場をイメージし現場に即した授業で実践力を身につけます。

《盛岡医療福祉専門学校 柔道鍼灸学科・鍼灸学科》
高い国家試験合格率達成に向けた本校独自の教育システムを実践しております。医学部教授経験者をはじめ、臨床のベテラン講師陣によるきめ細かい指導で9年連続全国平均を大きく上回る高い合格率を達成!卒業後は独立開業はもちろん病院・医院・整骨院・鍼灸院等、地元をはじめ全国から集まる豊富な求人数で第一期生より10年連続で高い就職内定率を誇っています。

トピックス

2019.03.01 オープンキャンパス開催中!

盛岡医療福祉専門学校では、学校の雰囲気や仕事について知ることができるオープンキャンパスを毎月開催中!
初めての方でも大歓迎!先生や先輩たちが優しく教えてくれます。この機会に学校生活の気になることを何でも聞いてみませんか?入試のことや学費のことも学校スタッフが個別に相談に応じます。参加すればお得な特典もあります。
2回以上参加:選考料半額免除(10,000円)など
岩手・青森・秋田の各地から無料の送迎バスもありますので、県外・遠方のかたもお気軽にご参加できます。
詳しくはモリイHPをご覧ください。(http://www.morii.ac.jp/)

≪盛岡医療福祉専門学校 柔道整復学科・鍼灸学科≫
盛岡医療福祉専門学校 柔道整復学科・鍼灸学科の校舎では毎週土日にオープンキャパス開催中!「柔道整復師、鍼灸師はどんな仕事?」「学校はどんな雰囲気?」「入試では何が出るのか知りたい!」という方はぜひご参加ください!岩手・青森・秋田の各地から無料の送迎バスもあり、運行日以外は交通費の補助も行っています。
詳しくは柔整HPをご覧ください(http://www.morii-ja.jp)

2019.03.01 入学金ゼロ!入学時納付金は驚きの低額(※柔道整復学科・鍼灸学科のみ)

入学時の負担を大幅軽減しました。入学納付金は、前期授業料のみ、柔道整復学科50万円、鍼灸学科50万円で全国平均の半額以下という驚きの低額を実現しています。

2019.03.01 デザイナーズ校舎で学びの快適空間を徹底追及!(※柔道整復学科・鍼灸学科)

快適性と美しさ、機能性を徹底追及。校内全館には癒しのBGMが流れ、全教室にはプロジェクター、ホワイトボード、スクリーンを設置。机はペットボトル対応のオリジナルデスク、椅子は座り心地抜群の布張り、床は美しいカーペット。2階から4階の各フロアーには各学科の教室とオシャレな学生サロンを2室完備。実技実習室は法的要件の1.5倍の広さを確保し、ベッド台数も豊富で、万全の実技実習体制を確立。臨床実習室(附属接骨院・鍼灸院)では実際に患者さんの施術に接し臨床における実践力を養います。

2019.03.01 国家試験聴講生制度(※柔道整復学科・鍼灸学科)

もし、国家試験で不合格になった場合、卒業後でも3年次の全学科に無料で出席することができます。3年次は、主に1・2年生で学んだ国家試験全科目を再度学びなおし、しっかりと理解できるよう、国家試験合格に向けたカリキュラムとなっています。

2019.03.01 本校独自の就職支援システム!盛医就職フェスタ(※柔道整復学科・鍼灸学科)

盛岡のアイーナで盛医就職フェスタを開催しています。全国から企業様をお呼びし、行うこのイベントは第1部では参加企業・施術所による会社説明会・ミニPRタイム。たくさんの会社のお話を聞ける絶好のチャンスです!第2部では個別ブースに分かれ、気になった企業の具体的な採用条件や業務内容、職場の雰囲気などをじっくり聞くことができます。そして第3部はいよいよ面接試験!その場で面接試験を受けることも可能なので、遠方の企業さまにもアピールできるのが魅力です。

各種制度

盛岡医療福祉専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

主な就職先

【盛岡医療福祉専門学校】※2018年3月卒業生実績
就職率98.5%(就職者129名/就職希望者131名)
【盛岡医療福祉専門学校 柔道整復学科・鍼灸学科】※2017年3月卒業生実績
就職率100%(就職者75名/就職希望者75名)

高齢者福祉施設、障がい者(児)福祉施設、児童福祉施設、社会福祉協議会、保育所、幼稚園、認定こども園、病院・クリニック、歯科医院、調剤薬局、プロスポーツチーム、各種スポーツ団体、スポーツジム、スポーツ専門ショップ、接骨院、整骨院、整形外科ほか、岩手・青森・秋田・宮城県内および首都圏を中心とした各地に就職しています。

就職支援

○豊富な現場実習
質の高い実習教育でリアルな現場を知り即戦力の人材として一歩リード!現場に実際に身を置くことで、授業だけではわからなかったことがたくさん見えてきます。基礎知識+リアルな経験で就職に向けて即戦力となるチカラを磨きます。また、実習で自分の力を発揮することは就職内定に大変有利なポイントとなります。

○担任と就職指導担当による丁寧な指導
「希望の職場で働きたい」という想いを叶えるため、担任と就職指導担当が連携し、一人一人に丁寧な指導を行います。豊富な実習や地域貢献活動により施設や企業への繋がりも強く、地元就職をはじめ、様々な地域への就職指導もサポートしています。

○柔道整復学科・鍼灸学科のみ
全国から企業をお呼びして会社説明会を実施。盛岡のアイーナで行うこのイベントは、企業説明会~面接試験までを受けることも可能。その後は国家試験に臨みます。

○卒業後もしっかりサポート
モリイは卒業したらおわりではなく、卒業後も資格取得や就職のサポート、仕事の悩みやキャリアアップのためのサポートも充実しています。

本校独自の学費支援制度

本校では各種学費支援を充実させています。
・特待生入学制度(学費免除)
・MCL経済支援制度(給付型奨学金制度)
・MCL特待生制度(学費免除+特別プログラム生)
・兄弟姉妹割引制度
・入寮奨学生制度
・学業優秀生特待生制度(※柔道整復学科、鍼灸学科のみ)
その他、日本学生支援機構奨学金や日本政策金融公庫、介護福祉士等修学資金貸付制度 等の奨学金も受けることができます。詳しくはオープンキャンパス等でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

仕事の現場に近い実習施設で資格取得に向けた技術を学ぶ

介護ベッドや車いす、和室を使った実習を行える基礎介護実習室や入浴機器を使用し、介助する側とされる側両方を体験することで入浴の際の注意点を学べる入浴実習室、一人に1台の環境でピアノの演習技術を習得できる音楽室の他、医療事務実習室、トレーニング実習室・ダンススタジオなど仕事の現場に近い各種実習室を完備しています。

豊富な実習で確実に実力アップ!

現場実習の時間を多くカリキュラムに組み込んでいます。実習や体験的な授業を多く取り入れることで、学内での学びを実際の職場で活かす機会を多く設けています。また学外で多くの人と触れ合うことで、気づきや、視野も広がり、段階を踏みながら確実に基礎知識と専門スキルを身につけます。

併修で短大・大学卒の学位も付与

こども福祉学科、こども未来学科、社会福祉学科、医療事務学科(医療事務短大併修コース)は近畿大学九州短期大学併修、心理福祉学科は中部学院大学併修となるため、卒業後に短大卒の「短期大学士」、大学卒の「学士」の学位も付与されます。専門学校の実践的授業はもちろん、深い教養を学ぶ短大・大学の授業も受けられます。

「チームもりい」としてボランティア活動に積極的参加!地域活動、交流を通して人間力を育成

もりいでは年間を通して様々な地域活動や独自ボランティア活動を行っています。すべて学生が企画・運営に関わり実施。活動を通じてたくさんの人との出会いや触れ合いを経験し、授業では体験できない達成感や感動を味わうことができます。
企画を最後までやり遂げるための行動力や積極性を伸ばし、仲間と力を合わせること、関わる相手を思いやる気持ち、成し遂げたときの喜びなど、沢山の経験が成長させてくれます。

仲間との絆をつくるモリイのサークル活動多数!

野球部や音楽サークル、フットサルサークルや手話サークル、ダンスサークルや太鼓サークルなどモリイならではのサークルがたくさんあります。やりたいことがあれば自分でサークルを立ち上げることもできます!
それぞれ、公式戦や障がい者との交流、被災地をはじめ様々な福祉施設で演奏を披露するなど活躍の場がたくさんあります。