東京商科・法科学院専門学校

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

専修学校(専門学校) / 東京都 認可

東京商科・法科学院専門学校

最後まで頑張る! 最後まであきらめない! 大きな壁を越えるチカラを身につけよう!

◆経営・事務ビジネス学科〔昼間部〕
経営・販売・営業・ファッション・事務・経理等の分野を目指せます。専門的な資格を目指したり知識を得るだけでなく、公的年金・雇用保険・健康保険・資産形成やローン・金融商品等のファイナンシャル教育を通して自らのライフプランを描きながら「社会を生き抜くチカラ」を身に付けます。
◆公務員・法律学科〔昼間部〕
公務員試験や法律の国家試験では1点の違いにより合否が分かれます。
本校では「1点の重み」に重点をおき、特に基礎力の充実に力を入れています。授業中はもちろん授業以外においても「いつでも質問できる環境」を整え、わからないことを明日に持ち越さない日々の積み重ねで合格を目指します。
◆夜間部〔自力進学・働きながら学ぶ〕
昼間は提携企業で働きながら、夜間は学校で販売・事務・観光・ホテル・ブライダル・公務員試験等を学びます。高卒求人票(一部受入企業情報)で働くことができるので、社会人としてのマナーや実務経験を身に付けながら、支給される給料で、毎月の学費や生活費に充当できる自力進学の進路です。ご希望の方には、個室の学生寮(2食サービス)も用意しています。

トピックス

2021.03.01 高等教育の修学支援新制度

本校は、2021年度高等教育の修学支援新制度の対象校となりました。
住民税非課税世帯の方またはそれに準ずる世帯の方は。「給付型奨学金」と「授業料等の減免」を受けることができます。

本校HPでも詳細を掲載していますので、興味のある方はご覧ください。
https://www.tokyo-nissin.ac.jp/about/shugakushien.html

2021.03.01 【保護者の方に負担をかけずに自力進学!】働きながら学ぶ制度

昼働き、夜学ぶ。本校の「働きながら学ぶ制度」は、保護者の方に負担をかけず自力進学できる制度です。入学時に必要な費用は8万円のみ、2年間の学費は24回に分けて納める事ができるので、自分の力で進学する事ができます。

①働く(昼間)
昼間はハローワークを通した高卒求人票で学生社員として本校の提携企業で働きます。働く企業は自分で選ぶことができます。(入社試験あり)
※提携企業一部抜粋(一部企業は学生社員受入企業情報)
ユニクロ/シモジマ/東急ストア/ヴィ・ド・フランス/デイリーヤマザキ/ミニストップ/帝国ホテル/ホテルニューオータニ/アパホテル/東京ドームホテル など
②学ぶ(夜間)
仕事に役立つ知識が身につき、様々な資格を目指すことができます。卒業時には昼間部と同じく「専門士」の称号が付与されます。
●学べる学科
経営・ショップビジネス学科Ⅱ部/事務・情報ビジネス学科Ⅱ部/観光・ホテルビジネス学科Ⅱ部/公務員学科Ⅱ部
③住む(学生寮)
学生寮は寮長・寮母が常駐し、朝夕2食がサービスとなります。部屋には家具が完備されています。

2021.03.01 【学費月払制度】入学手続き時の大きな経済的負担を軽減できます

【入学前】入学金のみで進学できます
学費月払制度を利用すれば、入学時に必要となる費用(入学時納入金)は、入学金のみとなります。昼間部は16万円、夜間部は8万円となるため、通常入学手続き時に必要となる大きな経済的負担を軽減することができます。

【入学後】
2年間の授業料等は24回(24ヶ月)に分けて納めます。本校独自の制度で、ローン会社等との契約は一切なく、利息もかかりませんので、どなたにも安心してご利用いただけます。
毎月の学費は
①アルバイトで充当
②アルバイト+奨学金で充当
③ご家庭からの支援+奨学金で充当
④アルバイト+ご家庭からの支援
など、各人に合わせた方法により計画的に学費を納入できます。また夜間部では、毎月の学費を提携企業からの給料で充当することができます。

2021.03.01 公務員試験 1年合格

本校では1年次から最終合格をめざして公務員試験を受験することができます。1年次に最終合格した場合、本校を「合格退学」し、2年目からは公務員として就職することができます。その場合、2年目の学費は不要となりますので、ぜひ積極的に1年合格をめざしましょう。

2021.03.01 公務員特待生制度

公務員試験1次合格者の方で、昼間部「公務員コース」「警察官・消防官コース」または夜間部「公務員学科Ⅱ部」に出願し、公務員試験最終合格をめざす場合は、公務員特待生として1年次前期学費から15万円が免除されます。
※学費月払制度との併用も可能です。(15万円に達するまで毎月の学費が免除、減額されます)
※1次合格した公務員試験の種類は問いません。
※公務員試験1次合格を証明する書類を入学願書提出時に同封してください。

東京商科・法科学院専門学校に関する注目記事

主な就職先・就職・合格支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2018年~2020年3月卒業生実績

ジャパンイマジネーション | ストライプインターナショナル | ユナイテッドアローズ | シモジマ | 日本梱包運輸倉庫 | なとり | 日本通運 | 鴻池運輸 | ピーエス三菱 | 帝国ホテル | ホテルニューオータニ | パークハイアット東京 | プリンスホテル | アパホテル | ハイアットリージェンシー東京 | ホテル雅叙園東京 | リーガロイヤルグラン沖縄 | ルネサンスリゾートオキナワ | 東天紅 | 東京地下鉄(東京メトロ) …など

就職・合格支援

【公務員試験対策】
公務員・警察官・消防官として就職を目指すコースでは、筆記試験対策として知識分野と知能分野から出題される多岐な問題に対応するため、効率的な学習とテクニックを身に付けます。「わからないことを明日に持ち越さない」弱点をつくらない授業が本校の特色です。

【正社員就職を目指そう】
販売、営業、経営企画、ファッション、アパレル、一般事務、経理事務、営業事務などの分野で正社員就職を目指すことができます。学生一人ひとりへの就職指導が特長で、何回でも面接指導を受けることができます。

各種制度

東京商科・法科学院専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

学費月払制度(昼間部・夜間部で利用可)

入学金(昼間部16万円、夜間部8万円)のみで入学手続きが完了し、2年間の学費は24回に分けて納めることができます。無利息で分納することができ、ローン会社等との契約は一切ない本校独自の制度なので、どなたでも安心して利用することができます。

一般特待生試験制度(昼間部で利用可)

筆記試験・面接試験・書類審査により、入学時納入金のうち1年次前期授業料から5万円~39万円が免除となります。一般特待生試験の結果は、本校への入学の合否には影響しませんので、どなたでも安心して利用することができます。
※学費月払制度との併用はできません

公務員特待生制度(昼間部・夜間部で利用可)

公務員試験の1次合格者の方で、「公務員・法律学科 公務員コース、同 警察官・消防官コース」または「公務員学科Ⅱ部」に進学する方は、入学時納入金のうち1年次前期授業料から15万円が免除となります。
※学費月払制度との併用ができます。

再進学者学費支援制度(昼間部で利用可)

高校卒業後に大学・短大・他の専門学校を卒業または中退された方が、本校昼間部に進学する場合、入学時納入金のうち1年次前期授業料から10万円が免除となります。
※学費月払制度との併用ができます。

入学時納入金選択制度(昼間部で利用可)

2021年12月末までに出願した方は、入学時納入金(入学金+1年次前期学費)について、一括納入か分割納入かをお選びいただけます。
※学費月払制度との併用はできません。

働きながら学ぶ制度(夜間部で利用可)

昼間は本校の提携企業で働き、夜間は本校夜間部で勉強します。2年間の学費は24回に分けて納めることができるため、保護者の方に負担をかけずに自力進学したいという方のための制度です。ハローワークを通した高卒求人票によりアルバイトではなく学生社員として働くことができ、働く企業は自分で選ぶことができます。また、本校入学前に提携企業の入社試験を受験しますので、働く企業が決まった上で本校に入学するので安心です。働きながら学ぶ学生のための学生寮(個室・2食サービス)もあるので遠隔地からの自力進学も可能です。

学校No.5276更新日: 2021.03.17

東京商科・法科学院専門学校ページ上部へ