京都美術工芸大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学 / 学校法人二本松学院

京都美術工芸大学

建築学部 建築学科(2022年4月開設)

既存の学部を改組し、2022年4月に「建築学部」が誕生。

京都で初※、美大で初※の「建築学部」誕生!建築と芸術が融合する理文を超えた学び。

新たに設置する「建築学部 建築学科」では、開学以来重視してきた建築分野と美術工芸分野を融合させた学びを継承しつつ、現代の建築を取り巻く社会環境に対応して、「建築デザイン領域」と「伝統建築領域」の横断的融合による新たな教育を実践します。建築に関する幅広い知識、技能の素養を身につけた「建築をベースとした高度専門職業人」を育成し、社会の発展に貢献するための建築的課題解決力、伝統から革新を生み出す構想力を修得することをめざします。
また、グループ校の京都建築大学校(KASD)とのWスクールシステムにより、「二級建築士・木造建築士」資格の在学中合格を可能にしています。この最短合格のシステムはKYOBIだけの制度で、他大学にはありませんので、在学中に取得できれば大きなアドバンテージになります。さらに、「一級建築士」資格は大学院との6年一貫教育で在学中の最短合格をめざすことができます。

「建築デザイン領域」と「伝統建築領域」を横断した学びで新たな建築空間の可能性を追究する。

KYOBIでは、図面表現などの基礎的な技術から建築空間の課題解決能力を高める演習を通して建築を基礎から学び、「建築デザイン領域」と「伝統建築領域」を横断した新たな教育を実践します。さらに、両者を融合させることで、例えば歴史ある建物や街を現代の生活空間に再生するなど、新時代の建築の可能性を追究することもできます。

※大学プレスセンター「ニュース」及び、旺文社「入試実態データ」より

新旧の建築技術と価値観が共存する歴史都市・京都で、建築と芸術を融合した新しい建築教育がスタート!

京都全体をキャンパスとしてとらえた学びを展開。
大学から徒歩圏内にある神社で建物の構造などを調べる実測調査や京都の建築、庭園、街並みをフィールド調査してパンフレットを作成する演習が充実。文化財・伝統建築から近現代建築まで、極めて幅広い時代の建築物が身近にある京都を活かした学びを展開しており、京都の街全体をキャンパスととらえて学びます。

最先端のコンピュータスキルを早期に習得。
建設業界で広く求められているBIM・CADの学修を1年次後期からスタート。2年次からはBIM・CADに触れる演習授業を増やし、2年次には建築設計で使用できるレベルをめざします。現場でBIMを活用している教員が指導にあたることも特長で、即戦力となるスキルを身につけます。

多くの制約の中で最良の創造を試みる。
1枚のベニヤ板のみ使用するという限定的条件のもと家具をデザイン・制作。敷地、予算、施主の要望といった多くの制作下で最良を創造する建築家の資質を磨きます。椅子を小さな建築と見立て、単にフィジカルな機能性だけではなく、メンタルな意味性など、機能や用途を超えたデザイン思想を表現します。


建築デザイン・伝統建築・融合領域まで、多彩な研究室を設置。
京都だからできる高度な研究に取り組む。
3年次後期から建築デザイン領域か伝統建築領域のどちらかを選択し、ゼミ形式で学びを深めます。4年次からは希望する研究室に所属し、高度な研究に取り組みます。建築を学ぶうえで、京都は研究対象の宝庫とも言える環境です。世界的にも類例のないほど幅広い年代の建築物が身近にあり、フィールド調査や実地測定に出向くことで、本物に触れながら研究を深めていくことができます。

こんな学問が学べます。
  • 歴史学
  • 建築学・意匠
  • インテリア
  • 工芸学
  • 住居学
  • デザイン
  • 美術
こんな職種が目指せます。
  • CADデザイナー
  • CADオペレーター・CAD技術者
  • 建築士
  • 建築設備士
  • 建築施工管理技士
  • 建築模型アーティスト
  • 宮大工
  • インテリアコーディネーター
  • インテリアデザイナー
  • インテリアプランナー
  • ディスプレーデザイナー
  • 空間デザイナー
  • 住宅デザイナー
  • リフォームデザイナー
  • 家具職人
  • 椅子職人