長野医療衛生専門学校の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

専修学校(専門学校) / 長野県 認可

長野医療衛生専門学校

言語聴覚士学科

即戦力へ繋げる実習指導

机上での学びを実習へ活かすために。

言語聴覚士になるためには、「実習」と言って実際に医療現場や福祉の現場に行き、言語聴覚士としての業務を見学・体験する必要があります。実習では、ことばの障害を持つ人が、その障害を克服する過程において、一人ひとりの必要性とその人を取り巻く環境を理解し、受容的な態度と技術をもって援助できる、人間性豊かな言語聴覚士を目指し、学習していきます。実習へ出るためには、本校の授業において、学んだ知識と技術を駆使して、患者様に応じた言語治療を実践していく必要があります。そのため本校では、実習前に患者様のご協力のもと、本校に来ていただき、学んだ知識と技術を持って実際に検査や訓練をさせていただく演習を設けています。上級生は、机上で学んだ知識に基づいて患者様に応じた的確な検査・訓練を行っていきます。また下級生は、初めて患者様と演習させていただく機会に緊張の面持ちではありますが、患者様の反応と先輩の行動を、注意深く観察し記録しています。このような演習を実習前に取り入れることで、学生たちは自信を持って実習へ行くことができるようになります。また、下級生たちも自らの学習へのモチベーションアップを図り、将来の自分をイメージし日々の授業に取り組むことができています。

子どもと言語聴覚士の関わり

医療現場に留まらず教育現場における言語聴覚士の関わりを学ぶ。

言語聴覚士は様々な医療現場や施設で働いています。現在、約2万人いる言語聴覚士の中で約7割が病院などの医療現場で成人を対象としたリハビリテーションを行っています。その他の活躍先として挙げられるのが、学校や特別支援学校などのお子さんを対象としたリハビリテーションです。本校では、成人領域を対象とした、病院実習、老人保健施設などの実習の他に、小児領域の実習も行っています。実習先としては、特別支援学校や近隣の保育園などです。この実習では、対象の児童・生徒さんと関わることにより、様々な障害の特性を理解すること、教育現場を観察し、教育機関の役割について理解することを目標に取り組んでいます。実習に向け、学生たちは担当の生徒さんに対しどのような訓練教材がいいのか、支援に必要な物品は何かと考え準備をしています。成人や小児、どちらのリハビリテーションも体験することができた学生たちは、自分の働き方についても具体的に考えることができます。

こんな学問が学べます。
  • 言語聴覚学
こんな職種が目指せます。
  • 言語聴覚士