福山医療専門学校の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

専修学校(専門学校) / 広島県 認可

福山医療専門学校

救急救命学科

病院前救護(プレホスピタルケア)の最前線に立つ救急救命士を養成

救急搬送件数の増加や全国的な大規模災害の発生など、病院前救護の最前線で活躍する救急救命士の需要が高まっています。
本校は、中国四国地方の専門学校として文部科学省指定としては唯一の救急救命士養成校です。
救急救命学科の修業年限は3年間で、救急救命士国家試験合格を最大の目標に掲げ、卒業生の多くは消防機関、自衛隊、病院、警備会社等で活躍しています。
また、各学年は担任教員制であることから、教員に気軽に相談や質問ができる環境が整っており、安心して学生生活を送ることができます。
救急救命学科の座学では、倫理、解剖生理学、病理学、薬理学、救急症候学、救急病態生理学、疾病など救急救命士に必要な医学知識を学びます。
学内実習では、消防機関での現場経験豊富な救急救命士専任教員が指導しており、1年次に市民が行う応急手当(心肺蘇生法やAEDの取り扱い)や救急隊員の基礎技術(ストレッチャーなどの救急資器材の取り扱い)を修得、2年次では救急救命士に必要な医療技術(気管挿管や点滴など)を修得、3年次ではより実践的なシミュレーション訓練により判断力・対応力を養います。
学外学習では、1年次に地域の消防署見学や消防学校見学、自衛隊見学などを通じて、病院前救護体制に関する理解を深めると同時にモチベーションアップを図ります。
2年次は近隣の消防署や中国四国地方に点在する救命救急センターで臨床実習を行い、救急救命士として必要な知識・技術を修得します。
国家試験対策としては、1年次から国家試験に準拠した模擬試験を繰り返して行い、国家試験合格に向けて学力アップを図ります。

救急救命士国家試験と公務員(就職)試験のダブル合格を目指す

本校では「救急救命士国家試験と公務員(就職)試験のダブル合格」を目指す学生が多いことから、教育カリキュラムに公務員試験対策科目が豊富に盛り込まれ、1年次から取り組んでいます。登校すれば必ず公務員試験対策の専任教員がいることから、放課後、他校に通うという、いわゆるダブルスクールによる経済的・時間的な負担は不要です。公務員試験対策は筆記試験対策のみならず、小論文対策や消防経験豊富な専任教員による面接試験対策も行われます。また、公務員試験対策は、消防職員採用試験のみならず、就職活動全般にも役立つことから、医療機関や民間企業を考える学生も熱心に取り組んでいます。

こんな職種が目指せます。
  • 救急救命士
  • 救急隊員
  • 消防官

作業療法学科

作業療法学科

”生活を再構築する” 作業療法士を養成

人はひとたび病気を患うと生活は一変します。私たち作業療法士は、対象者に対し、作業活動を通してリハビリを行い、生活をプランニング(再構築)することです。作業活動とは、対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為をさします。例えば、子どもなら就学や遊びに向けて、主婦(夫)なら家事ができるように、お勤めの方なら仕事復帰ができるように、作業療法士はその人らしい「暮らし」ができるように、その人なりの「日常」を作り出すために”こころ”と”からだ”の両面から治療・指導・援助する専門家です。一人ひとりの視点に立ち、運動面・心理面・認知面などあらゆる角度から支援できる人材を育成します。
学内学習では、各学年で明確なテーマに基づいて目標達成を目指します。1年生では正常な体のつくりとはたらき(解剖学・運動学・生理学)を中心に勉強します。2年生になると病気の勉強が始まり、1年生で学んだ正常な体が病気によってどのように変化していくのかを理解していきます(神経内科学・整形外科学・精神医学など)。また、これに加えリハビリ特有の勉強が始まります。対象者が「どんな人なのか」「どのような援助を必要としているか」を知るために、実際に実技を通して体・こころを評価するための勉強をします(評価学)。
3年生になると、半身に麻痺のある方、骨を折った方、生まれながらに障がいをお持ちの方、こころの弱っている方に対し、どのようにしたら、またその人らしい暮らしができるようになるか、日常生活を満足に生活できるかを考え、どう治療するか(治療学)を学びます。4年生になると集大成となる国家試験に向けての勉強です。国家試験を突破するため、教員も全力でサポートしています。
学外実習では、全学年が対象となっており、本学科の特徴のひとつです。1・2年生では5日間の見学実習、3年生では2年生に学んだ評価学を活かし、現場で3週間の実習を行います。4年生では指導者のもと実際に患者様を治療させていただく実習を8週間×2回行います。また、これ以外にも当校併設の施設で学内実習や授業内での地域演習なども実施しており、より多くの実習が行えることで実践力を身につけていきます。

国家試験向けのカリキュラムで高い合格率

本学科では、専門学校だからこそできる国家試験に配慮したカリキュラムを構成しています。その大きな柱が他学年交流の実施(1年〜4年)です。学生同士のわかりやすい言葉で説明しあうことで理解を深めることができています。また勉強だけでなく実技も合同で行い、教員やクラスメイトからは聞けない実習、勉強の情報収集などを行うことができます。
さらに実力試験(毎月1回)、模擬試験(3・4年生)も実施しており、個々人の弱い分野を把握することで重点的に学習することができます。
このような国家試験対策の効果が2020年の全国模試で4年生は全国135学科中第1位、3年生は全国79学科中第2位という好成績の結果を生むことができました。(※1)当校では「面倒見のよい学校づくり」をモットーに教育内容を充実させることで地域貢献できる作業療法士の育成に励んでいます。
過去8年間平均95.9%と高い国家試験合格率(全国平均:80.8%)(※2)を背景に、卒業生たちは社会の様々な分野へと進んでいます。主な就職先は、全国的に見ても病院への就職が7割強、老人保健施設が1割と約8割を占めています。また最近では、発達障害領域への就職も増えています。児童施設、学校(養護学校や小学校)でも作業療法士が働いています。その他に訪問リハビリや保健所、行政機関にも所属しています。本校卒業生においても病院への就職が主で国公立系の病院への就職も増加傾向です。自分の希望に合った就職先が見つかります。
※1 医歯薬出版 2020年 理学療法士・作業療法士 専門基礎3科目模擬試験
※2 合格率100% 合格者数17名/受験者数17名(2019年実績)

こんな学問が学べます。
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
こんな職種が目指せます。
  • 作業療法士
  • 福祉の公的施設で働く人
  • 福祉に関する企業で働く人

理学療法学科

国家試験合格に特化した授業や実技により最短距離で理学療法士に

理学療法士は、身体に障害を持つ人を対象に、機能回復のための運動療法や、障がいや痛みを軽減するための物理療法を提供することにより、寝返る、起き上がる、立ち上がる、立つ、歩くといった基本的動作の回復を援助します。患者さま一人ひとりの気持ちを考えつつ、問題点を見つけ、その問題について治療を行うための専門的で高度な知識・技術はもちろん、本校では何よりも「この人のために、なんとかしないと!なんとかしたい!」という強い気持ちを持ち、患者さまの自立する力を引き出しながら支援のできる理学療法士を目指します。
その目標を実現するため、本学科では最短距離で国家試験に合格する工夫がなされています。大学と違い研究がなく、国家試験合格に特化した授業や実技を中心とした授業構成となっています。早期から国家試験対策を導入することで基礎学力向上につながり、国家試験の合格率の高さに加え、全国模試の学校平均が上位にランクされています。さらに、近隣に競合校がなく就職活動も有利となっています。

充実した現場体験は試験や就職での強い味方

医療現場での確かな即戦力を養成するのが本学科の特徴のひとつです。そのために、在学中から臨床実習に力をいれています。中四国を中心とした実習地が確保されており、学生の個性や能力など情報提供しながら実習を進めています。近隣の施設・病院に卒業生の先輩が多いため、入職後も心強いのが魅力です。
実習前教育の充実も大きな強みのひとつです。教員と学生の距離が近く、アットホームな雰囲気で学生の方から相談しやすい環境が整っています。
クラス担任、個別の国試担当教員、個別の実習担当教員等、個別に相談できる担当教員が決められています。学生同士では、他学年との合同授業があるため上下関係の繋がりが強く、教員以外にも教えてもらえる環境が整っています。コミュニケーションや文章作成の授業があり、社会性や人間性の教育にも力を入れているため、卒業後もそれぞれの現場で大きな貢献をしています。

こんな学問が学べます。
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
こんな職種が目指せます。
  • 理学療法士
  • 福祉の公的施設で働く人
  • 福祉に関する企業で働く人