明治薬科大学の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

明治薬科大学

薬学部 薬学科

“医療人”として信頼される薬剤師を目指す

6年制に移行した薬剤師養成教育。そのいちばんの目的は、充実した臨床実習を経て、患者さんの薬物治療の支えとなる薬剤師を育成することです。
また、「チーム医療」の重要性が取り上げられるなか、薬のスペシャリストである薬剤師も、チームの一員として患者さんの病気を治し、痛みの軽減を目指す役割を求められています。
このような環境の中で、薬学科では、基礎教育から始まり、コミュニケーション能力の育成、充実した実習病院、7コースの独自研修カリキュラムなど、6年間の教育課程を通して、医療人としての薬剤師を育成を目指します。

薬学を学ぶ 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ

薬学と関連分野の基礎を学び、全体像を理解する

入学すると、1年次には、薬学の基礎を身につけるところから学びが始まります。専門科目の基礎となる、化学系、生物系、物理系の薬学以外にも、語学や人文社会科学系、自然科学系の素養科目を学び、医療人に求められる幅広い視野を養います。

その中で、1年次に学ぶのが「薬学への招待」。この授業は、「薬学とは何か」を伝えるための導入編の授業です。薬学は『くすり』についての総合科学であり、新しい薬をつくる創薬科学、生体の機能を解き明かす生命科学、病気の予防や保健に深い関わりをもつ衛生薬学、医療現場での薬を適正に使うことを学ぶ医療薬学など、薬学は幅広領域にわたります。これらの領域を知り、薬学の幅広さと奥深さを理解し、薬学の全体像を理解していきます。

7つのコースから選び、各分野のスペシャリストとなる力を磨く「独自研修カリキュラム」

薬学科では、5年次になると、最長6ヶ月にわたる長期実習を中心とした、7コースの独自研修を行います。この研修は、必須の実務実習(22週間)とは別に用意されており、より高度な実務能力を身につけたり、自分がテーマとする研究をさらに深めたりするなど、学生それぞれの将来に向けた土台づくりを行う機会となっています。

コースは、将来も目標に応じて用意されており、病院薬学コース/地域医療コース/臨床開発コース/健康薬学コース/伝統医療薬学コース/薬学研究コース/海外医療研修コースの7つ。
【病院薬学コース】
本コースでは、約5ヵ月間の独自実務実習を実施し、臨床現場での薬物治療を通して、生きた臨床薬学を学ぶ「病棟業務」を実習の軸としています。週4日の病院実習と週末に大学で行われる少人数ゼミを通して、実習中に起こった薬物治療の問題点を話し合い、解決への糸口を見つけていきます。