高知学園短期大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立短期大学

高知学園短期大学

生活科学学科

「食・栄養・健康」に関する幅広い知識と実践力を備え、社会で活躍できる栄養士を養成します。

 栄養士は、個人や集団を対象に食事や栄養についてアドバイスをする「栄養の指導」や、提供する食事の管理(献立作成や食材の発注、栄養素の計算など)をする職業です。このため、専門教育科目は基礎から応用へと体系立った教育内容となっており、学生は多様なカリキュラムと、充実した実験・実習・演習を通して栄養士に求められる専門知識と実務能力を習得することができます。また、栄養士免許を基本として、充実したカリキュラム選択により栄養教諭二種免許状の資格を取得することでもできます。
 さらに、医療、福祉、学校現場などで実績のある教員の指導により、情報社会に対応できる能力をもった栄養士を育成し、病院や福祉施設・学校など様々な分野で活躍できる実践的な力を養います。

栄養学を学ぶ 栄養・食物

◆健康な毎日の実現に貢献する栄養士へ

基礎では、私達が健康にいきていくための食物やその成分の役割、また、生体内における変化や機能などの基礎について学びます。そして応用では、基礎で学んだ知識をもとに、乳児期から高齢期などさまざまなライフステージやライフスタイルごとの特徴に適した栄養管理について幅広く学び、健康な毎日の実現に貢献できる力を身につけることができます。

◆ライフステージに応じた栄養管理の必要性

例えば、幼児期には「なぜ、間食が必要なのか」、間食はひとつ間違えれば肥満の原因や三度の食事にも影響し、将来の健康にも深く関わってきます。幼児期の特性と間食の必要性を理解した上で、そのとり方や内容について説明できる事が重要です。さまざまな対象者に応じたその「なぜ」が分かりやすく伝えることができるようになるためには、栄養学の知識は必須です。本学の生活科学学科では、栄養学の講義や実習は勿論のこと、他学科との連携による地域活動なども含め、一人一人の対象者に応じたコミュニケーションができるような柔軟性も養いながら、幅広く学ぶことができます。