新潟リハビリテーション大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

新潟リハビリテーション大学

医療学部 リハビリテーション学科

優れた医療人を志す人とともに学びます!

新潟リハビリテーション大学のリハビリテーション学科には、理学療法学専攻、作業療法学専攻、リハビリテーション心理学専攻の3つの専攻があります。

理学療法学専攻は、理学療法士(国家資格)を目指す学生たちに向け、基礎科目はもとより、小児から高齢者までの幅広い年齢層、また様々な疾病や障害に対応できるよう、1年次から4年次まで段階ごとに学んでいきます。また、学びの特徴の一つに、実習前教育の一環として「客観的臨床能力試験(OSCE:オスキー)」を導入し、学内教育を強化しています。

作業療法学専攻は、作業療法士(国家資格)を目指す学生たちに向け、医学的な基礎知識をはじめ、作業療法の実践につながる数々のカリキュラムを設置しています。生活の再構築を支援する作業療法士にとって、人の「からだ」と「こころ」の治療・支援が最大の努め。その人がいきいきとした生活を再び取り戻せるよう、作業療法の知識・技能を身につけていきます。

リハビリテーション心理学専攻では、産業カウンセラー資格試験受験資格や認定心理士の資格取得が可能です。特徴の一つとして、心理学の専門科目を受講する学生ら15名による双方向対話型授業を展開。対人援助職に重要なことは人と人とのつながりであり、授業の中でそれを体現しています。また、計104時間行われる心理面接演習では、カウンセラーとしての基本姿勢や面接技術を習得。資格取得に直結する重要なカリキュラムであり、この経験は社会で活躍するための対人関係全般にも活かされます。

少人数ならではのきめ細やかな教育を行っています

新潟リハビリテーション大学では平成30年度より様々な改革を行っています。
大学院への進学、臨床のスペシャリスト、研究や海外をフィールドにした活躍など、様々な将来を選択可能です。またリハビリテーション心理学専攻では、学部4年+大学院2年の心理教育により心理系初の国家資格である「公認心理師」も目指せます。その他にも1コマ45分の短期集中型授業の導入など魅力あふれるものに改革していきます。

こんな学問が学べます。
  • 心理学
  • 医療技術学
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法