新潟リハビリテーション大学の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

新潟リハビリテーション大学

医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻

自分が好きなこと・趣味を活かせて人のためになる仕事を学ぶ

作業療法士は、人が活き活きとした生活を再び送れるように、仕事・遊び・家事などの生活行為の中での活動を通して、こころとからだを元気にする治療・支援を行います。そのため、新潟リハビリテーション大学は学生一人一人の個性を大切にしています。

作業療法学専攻では、身体または精神の障がいによって失われた様々な能力を、各種作業を用いた治療で回復させることのみならず、その方にとって意味のある作業を賦活させることにより、地域生活(近隣社会、学校、職場)を支えることのできる作業療法士の育成を教育目標としています。

リハビリテーション・作業療法・理学療法を学ぶ 医学・歯学・薬学・看護・リハビリ

社会人として幅広い教養から、専門職としての能力向上まで身につける

作業療法学専攻では、専門科目はもちろんのこと、専門以外の科目の英語や心理学概論などを学習します。
これは社会人としての応用力を養い、幅広い知識を身に付けるためです。

作業療法士の仕事は常に「人」とのつながりのため、社会人としての教養や、関連する他の医療・福祉の専門職と連携するためのコミュニケーション能力やそのための努力が必要となってきます。

そして専門科目においては、医学の知識を作業療法の実践に繋げながら学ぶため、1年次から施設などの見学実習が始まり、4年次ではそれまで積み重ねてきた知識と技術を統括し、臨床現場(病院など)で、対象となる人の生きがいや生活の再構築を具現化できる総合能力を身につけます。加えて、卒業研究を通じて研究手法や論文作成方法を学び、専門職としての能力向上をはかります。

「からだ」と「こころ」の両面からの援助法や創作・表現活動を通した援助法を学べます

作業療法における「作業」の意味は広く、その人がしている(してきた)大切な生活行為のすべてを指し、それらを治療・支援に活用していきます。

そのために基礎作業学実習では、編物、機織り、陶芸、木工芸、革細工、ペーパークラフトなどの作品作りを経験しながら正しい道具の扱い方と種々の技法を学びます。そしてその作業の特徴を知り、治療への活用方法を考えます。

作業を行うことは、からだとこころを元気にし、それが生きがいとなり、生活の質を高めます。自分の趣味や、やりたいことが治療に生かせます。