杏林大学総合政策学部の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

杏林大学総合政策学部

総合政策学部

「なりたい自分」を目指して、フレキシブルに学習ができる

総合政策学部の大きな特徴は、学生の進路に合わせて柔軟にカリキュラムを設定できる点です。
1年次では興味のある分野を模索するために、「政治」「経済」「法律」「国際関係」「福祉政策」「経営」「会計」の7つの社会科学の基礎について幅広く学びます。そして自分の関心分野の方向性を定めていき、2年次で自分の専門分野を決定し、各コースで専門的な学びを身につけていきます。また専門分野以外にも、他コースの学びを組み合わせることで、多角的な視点を養うことができます。たとえば先輩の学びの例をご紹介すると、【経済】×【国際関係】で【ワールドワイドなビジネスマン】や、【法律】×【経営】で【経営者感覚を持ち合わせた公務員】を目指すことができます。多様な要素によって形成される社会のなかで活躍するためには、専門性に加えて幅広い知識を持つ人材が重宝されます。自分にしかできない、スペシャルな能力を目指した学びを身につけることで、進路の幅が大きく広がっていきます。

学びや進路を支えるプログラムも充実

総合政策学部では、学部独自の正課外プログラムとして「グローバル・キャリア・プログラム(GCP)」を設置しています。GCPはネイティブのような発音や、完璧な英文法の修得を目的とはしていません。総合政策学部の専門科目(経済、国際関係、福祉など)のなかで、不可欠となる論理的思考やプレゼンテーションについて英語で学ぶことで、将来仕事で役立つスキルを身につけることを目指しています。
入学時の英語力は不問のため、「将来国際的な仕事に興味がある」「英語を使う仕事をしてみたい」という気持ちがあれば誰でも参加が出来ます。1年次にて基礎的な英語力をしっかりと身につけられるため、英語が苦手な学生でも安心です。2年次秋学期~3年次春学期には勉強の成果を試すことができる留学のチャンスもあります。

さらに、自身でカリキュラムを選択するからこそ、しっかりと将来について考える必要があるため、総合政策学部ではキャリア教育も充実しています。人生のそれぞれのステージについて細かく将来を想定し、目標を設定することで、しっかりと自身の進路の方向性を見据えることができます。

こんな学問が学べます。
  • 法学
  • 政治学
  • 経済学
  • 経営学
  • 商学
  • 金融学
  • 福祉学
  • 国際関係学