日本自然環境専門学校

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

専修学校(専門学校) / 新潟県 認可 / 学校法人 キャリアテクニカ学園

日本自然環境専門学校

日本の美しい自然環境の保全と持続可能な循環型社会をめざして

近年、日本各地で台風や集中豪雨による被害があいつぎ、地球温暖化や森林破壊との関連性が問題視されています。また環境の悪化から絶滅危惧種が増え続ける一方、⽣態系のバランスがくずれ、シカやイノシシなどの増えすぎた野生⽣物による⾃然破壊や林業・農業への被害も深刻になっています。

私たちは日本の自然環境や生態系について理解し、日本の環境保全に貢献する人材を育成し、環境問題を少しでも和らげるために努⼒しています。

〇新潟の多様なフィールドで学ぶ
新潟県は本州日本海側最大の都市です。県内には日本一長い信濃川が流れ、一歩郊外に出れば田園地帯や山岳が広がります。新潟県は海・山・川がすべてそろった、まさに自然の宝庫です。このような多様な新潟の環境が実習フィールドとなります。その一方、本校舎は新潟駅から徒歩1分の好立地で、学生生活を便利に送れる環境です。

トピックス

2021.03.01 樹木医の仕事と、樹木医になる方法

最近テレビで良く話題に上がる樹木医ですが、普段は樹木を診断・治療する仕事だけでなく造園の仕事をしていることがほとんどです。

樹木医になるには通常、実務経験が7年必要ですが、当校の環境創生農学科と自然環境研究科で規定の単位を取得すれば「樹木医補」の資格が与えられ、実務経験の年数が大幅に短縮されます。樹木診断・治療の実務経験が必要なので、樹木医が勤務している造園会社に就職するのが樹木医への道だと思います。

くわしくは、公式サイトの「樹木医になろう!」のコーナーをご覧ください。

「樹木医になろう!」
https://www.caretech.ac.jp/specialized_field/tree_doctor.html#

2021.03.01 野生生物の保護はなぜ必要?

レッドリストは国内の絶滅しそうな野生生物をリストアップしたものです。

このリストに掲載された生物は「絶滅危惧種」とよばれます。ではなぜ生き物が絶滅すると問題があるのでしょうか? 私たちの生活には何の影響もありそうにないし、現在それで困っている人はいないのではありませんか?

ここで重要となるキーワードは「生物多様性」という言葉です。生物間のつながりや多様な生物がいることが、私たちの生活を支えていることもあるということです。

続きは、公式サイトの「生物多様性と自然環境保全」のコーナーをご覧ください。

「生物多様性と自然環境保全」
https://www.caretech.ac.jp/specialized_field/biodiversity.html

2021.03.01 森を守り、地球温暖化を緩和する「森の仕事<林業>」の魅力とは?

今、林業を目指す若者や女性が増えています。その背景には地球温暖化対策としてバイオマス燃料の需要が高まっているのと、木材の輸出が伸びているためです。

バイオマス燃料として森の木を利用することは再生可能エネルギーを利用することになり、地球温暖化対策になります。最近まで日本の森は放置され、「木を切らない環境破壊」などと言われていました。

公式サイトでは「森林の保全と再生」で森林の問題について解説していますので、ぜひご覧になってください。

「森林の保全と再生」
https://www.caretech.ac.jp/specialized_field/forest.html

2021.03.01 卒業生の所属する研究チームが新種の昆虫を発見しました︕

本校の卒業生、竜洋昆虫自然観察公園に勤務している柳澤静磨さんが所属する研究チームの研究で、南西諸島(鹿児島県・沖縄県)から新たに2種のルリゴキブリ属のゴキブリを発見、ブルーメタリックに黄色い帯の美麗種2種を新種として記載しました。柳澤さんは、飼育や繁殖、形態分類を担当し、幼虫から成虫までを研究することで貢献したそうです。

日本自然環境専門学校に関する注目記事

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2020年3月卒業生実績

環境省 自然系職員(一般職) | 環境省 対馬自然保護官事務所厳原事務所 アクティブレンジャー(自然保護管補佐) | (株)ラポーザ | (株)ABdo | 佐渡測量(株) | 日本保健衛生協会 | 新潟県森林組合連合会 | 十日町地域森林組合 | 佐渡森林組合 | 河合伐採(有) | NPO法人 千葉自然学校 | (株)こだわりや | (株)森田木工所 | (株)ムスカ | オガサワラ林業(有) | (株)アキタフーズ | (有)山幸造園 | (株)牛歩園緑化 | (株)フィールドスケープ | (株)にいがた花壇 | (株)執行茂寿園 | (株)SAGトレーディング | (株)プラントビオ | (株)不二産業 | 新潟総合警備保障(株) | ワタキューセイモア(株) | 青木環境事業(株) | ネクスト誠 | (株)東海ビルメンテナンス | (株)コーテッツ 仙台支店 | シーアンドテクノ(株) | JFE環境サービス(株) | (株)ピットクルー | (株)パワーコメリ | 合同会社Little Peaks | 天海の都 | ストームフィールドガイド | アコーディア・ゴルフ・アセット合同会社 | (株)エイジェック | (株)ヤマシタ | 岩代工業(株) | (株)中央製版 | (株)ディバイザー …など

就職支援

★環境の業界に詳しい講師陣が、各学生の技術力や習熟度に応じて相談・指導をしています。

★環境企業は合同企業説明会にあまり出てこないため、環境の専門職は普通では探しにくいのですが、本校では多くの環境企業から直接求人をいただいています。
インターンシップなどで環境企業に行き、職業を体験することもあります。また、環境に関する企業のデータベースを作成しており、当校から企業へ働きかけを行ったり、環境企業に就職したOB・OGを紹介して話を聞く機会を設けることもあります。

各種制度

日本自然環境専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

充実の施設<実習棟、森林実習場>︕

弁天橋実習場ある実習棟には、ドローン操作が⾏える吹き抜けの実習室、野⽣⼩動物を飼育・展⽰できる⽔⽣⽣飼育室、⽊材の加⼯が⾏える⽊⼯⼯作室を完備しています。また敷地内には樹木の管理を行う花木園、緑化空間、畑があり、年間を通して植物の栽培・管理⽅法を学びます。

その他、本校所から1時間ほどの場所には五頭(ごず)森林実習場があり、林業実習や、泊りがけのキャンプや生物調査も行います。

公務員試験サポート制度

⾃然環境保全科、環境創生農学科、⾃然環境研究科の学⽣で、環境の公務員になることを希望する⽅は公務員試験対策のサポートを受けることができます。教養問題や林業の専⾨試験対策は⾃学⾃習⽅式で進めるので⾃分のペースで進めることができます。また、1週間に1度の⾯談で学習状況の確認・報告、相談とアドバイスを⾏っています。そのほかにも、単元ごとの⼩テストや過去問対策、試験前には⾯接と⼩論⽂の練習も⾏っています。

<合格実績>
環境省 1名
農林⽔産省林野庁 関東森林管理局 3名、東北森林管理局 1名、
新潟県農林⽔産部林政課 1名、⻘森県庁農林⽔産部林政課 1名、
群⾺県庁藤岡森林事務所 1名

大学編入への道もサポート︕

本校を卒業後、4年制大学の3年次に入学できる編入学のサポートも行っています。試験問題対策や論文・面接指導を行っています。これまでの実績は、2018年度に新潟大学農学部1名合格、2020年度に新潟大学理学部1名、農学部1名、大阪産業大学1名が合格しました。

県内企業と連携した実習体制

ブナ林の保全と林業への実⽤化に向けた「スノービーチプロジェクト」と連携した⾥⼭保全実習、動物の科学的データに基づいた予測・分析を⾏う「株式会社うぃるこ」と連携した⿃獣害対策実習、25年以上有機農業を営まれている「夢の谷ファーム」と連携した農業実地研修などの実習を積極的に⾏っています。

資格取得を全力支援

・合格率全国平均10%*の難関資格「⽣物分類技能検定2級」で、2006〜2019年で合格者を18名輩出しています。また、2017年度には⾃然環境研究科の柳澤静磨くんが植物部⾨と動物部⾨のダブル合格を果たしました。
*⼀般財団法⼈ ⾃然環境センター 2020年度 資料より

・国家資格である造園技能検定では、2019年度は3級合格率100%(合格者10⼈/受験者数10⼈)を達成。2級合格率は75%(合格者3⼈/受験者数4⼈)でした。

・ビオトープ管理⼠2級(施⼯部⾨)では、2019年度、合格率60.7%(合格者17⼈/受験者数30⼈)を達成。

短い期間で樹木医合格を目指せる︕

2016年度の卒業⽣、渡邉進さんが2018年度の樹⽊医試験に⾒事合格しました。渡邉さんは⼤⼿電機メーカーで⻑年働いていましたが、定年退職後、樹⽊医になる夢をかなえるため本校の環境園芸緑地科(現 環境創生農学科)に社会⼈⼊学されました。卒業と同時に樹⽊医補を獲得、卒業後は農業総合センターで1年間の業務経験を積まれ、2018年度の樹⽊医試験に最短合格されました。現在は樹⽊医として事務所を開業し、樹⽊の診断・治療の仕事をしているそうです。

充実の学費サポート体制

特待生試験を受け、合格すると、学費が最大100万円免除されます。その他、学校独自の「J-eco奨学金」や日本学生支援機構の奨学金制度など学費サポートは万全です。
新潟県外から一人暮らしされる方は、12月末までに出願すると入学時に5万円のアパート補助を受けられます。ほか、東日本大震災の被災者には学生寮の寮費免除などの支援があります。
大学で履修し単位を取得している授業については、単位認定制度による授業料の減免制度があります。
将来林業を目指す方で条件を満たす方は、「新潟県 緑の新規就業」制度により、最大300万円の給付金を受けることが可能です(詳しい内容はお問い合わせ下さい)。

学校No.4288更新日: 2021.04.20

日本自然環境専門学校ページ上部へ