日本医療科学大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

日本医療科学大学

診療放射線学科

メンタル面でもサポートできる人間性豊かな診療放射線技師になる

早期がん発見のための健康診断や、救急医療の現場、そして末期がんの治療など、医療の様々な場面で利用される放射線は、現代医療に不可欠なものとなっています。
この放射線を安全かつ有効利用するための専門知識と技術を有するのが「診療放射線技師」です。現在日本では4万人以上の放射線技師が病院や研究施設で働き、放射線を治療に役立てています。
本学の診療放射線学科では、医学の最先端知識、技術に対応しながら、患者さんの心に寄り添える放射線技師の育成を目指しています。放射線に関する基礎から高度な知識・技術に至るまでを自然な流れの中で修得できるように配慮した講義・実習を通し、医療人としての奉仕の心と患者接遇やコミュニケーション能力を養います。

病院内の検査を模擬した実習により、技術と知識を深められる

1年次から学ぶ基礎教育科目においては、医療人に必要な協調性・学修意欲・問題解決能力を養い、チーム医療で活躍できる力を培います。障害者や高齢者の心理や福祉を学ぶ科目も開設しているため、幅広い知識を身につけることができます。
また、学内で行われる実習では実際の病院内での検査を再現し、模擬人体(ファントム)を用いてエックス線撮影を行います。講義で学修した内容を実践してみることで、「知識」を「実技」に落とし込むことができます。3年次には病院での臨床実習がはじまり、最先端の医療機関にて技術や知識を学ぶほか、患者さんへの接遇法、マナーなどを身につけることができます。

こんな学問が学べます。
  • 医療技術学
こんな職種が目指せます。
  • 診療放射線技師

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

接遇と技術を兼ね備えた理学療法士になる

理学療法士は、病気やけがにより身体に障害を持つ方が一刻も早く回復できるよう、運動療法や物理療法などを行います。最近では、病院はもちろん、介護業界やスポーツ業界でも活躍しています。
本学のリハビリテーション学科(理学療法学専攻)では“報恩感謝”の理念に則り、接遇と技術を兼ね備えた即戦力となる理学療法士の育成に力を入れています。リハビリテーション医療で重要なチーム医療を1年次から学修し、2・3年次には臨床実習を想定した学生同士のロールプレイングを実施。コミュニケーション能力・表現力を養い、各科目を関連付けながら、実技演習トレーニングを行います。さらに各学年間の共同演習では、学生同士で学びあいながら、気づきを深めていきます。

活躍できるフィールドは様々、実習で実践力が身につく

卒業後は病院をはじめ、介護施設やリハビリテーションセンター、スポーツ分野、フィットネス産業など様々なフィールドで活躍できます。臨床実習では病院・施設など多くの現場を体験でき、それぞれ目的に沿った実習を行うことが可能です。
「理学療法評価学臨床実習Ⅱ」では、学内で修得した知識と技術を応用して、病院・施設などの臨床の場で、検査・測定と治療計画の立案を行い、理学療法の技術・能力を実践の中で身につけていきます。
「理学療法治療学臨床実習」では、治療および経過からみた効果判定まで、臨床の現場で実習を行い、理学療法の技術・能力の向上を図ります。実習終了後は、臨床実習セミナーを通じて、疾患と理学療法に関する理解を深める学修を行います。

こんな学問が学べます。
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
こんな職種が目指せます。
  • 理学療法士

リハビリテーション学科 作業療法学専攻

豊かな人間性と論理的な思考力で活躍するセラピスト、作業療法士になる

超高齢社会の到来により、医療保険をはじめとする社会保障制度が整備、改革され、幅広い年代から作業療法が求められるようになりました。作業療法士が活躍できる場面も多岐にわたり、病院でのリハビリテーションを担うほか、高齢者への寝たきり予防など、介護領域でも活躍が期待されています。
本学のリハビリテーション学科(作業療法学専攻)では、豊かな人間性と論理的な思考力を有し、確かな作業療法技術を持つ作業療法士の育成を目指しています。
また、身体だけではなく精神に障害を持つ方のサポートを行えるよう、「精神医学」「臨床心理学」も併せて学習します。このほかにも医療人としてのマナーや教養を修得するために、「基礎教育科目」も充実しており、チーム医療の中で活躍できる力を培います。

実習を通して、様々な力が身につく

1年次から臨床現場で見学実習し職業意識を高め、職業的態度を身につけるなど、臨床教育に注力。学内でも豊富な実習機器で実践練習を繰り返します。
学内で学んだ作業療法の基礎知識をもとに、病院・施設での見学実習を通して具体的な業務を把握する「作業療法学見学実習Ⅰ」から、病院・施設にて治療計画を立案し、作業療法を実践する「作業療法学総合臨床実習Ⅱ」まで、段階的に技術が身につけられるよう実習が組まれています。
また、地域作業療法の勉強では、実際に地域に出向き自ら考え計画し、情報の集約と考察を行うアクティブラーニングにより、問題解決能力を高めます。
学内での施設・設備も充実しており、いま現場で注目をされているサイボーグ型ロボットも導入。最先端の技術に触れることも可能です。

こんな学問が学べます。
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
こんな職種が目指せます。
  • 作業療法士

看護学科

チーム医療のキーパーソンとして活躍する看護師になる

看護職が活躍できるフィールドはどんどん広がっており、社会的必要性がますます高まっています。看護師は患者さんの病気だけではなく、日常生活の援助や個々のケアなど、様々な役割を担っています。チーム医療が重要視されるなか、看護師は要的な存在になっていくと期待されています。
本学の看護学科ではチーム医療を担う存在として活躍するために、多職種の仕事内容や役割を知ることで、どのように連携すべきかを学びます。看護師になるための過程には、大学での学びと病院・施設での実習があり、幅広い分野の教養と経験を身につけることが必要です。そのようなハードルを越えていくために、本学では教員が定期的に個別面談を行い、学修状況を把握。学生生活における悩みにも迅速に対応し、学生を全面的にサポートしています。

専門性を高めるための実習が豊富

1、2年次にしっかりと看護の基礎を学び、3、4年次に本格的な臨地実習を体験することで、看護の専門性を高めていきます。
実習の種類も多岐にわたり、「小児看護学実習」では子どもの健康を支えるために必要な知識や技術、態度などを学修し、「在宅看護学実習」では在宅で療養をしている患者さんとその家族に対し、その人らしく生活ができるように必要な援助や訪問看護師としての役割を学びます。
また「高齢者看護学実習I・II」では、住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、保健・医療・福祉など様々な機関や施設と連携をとりながら高齢者の生活を支える方法を学びます。高齢化が進む現代において、高齢者へのケアも大切な学修の一つとなっています。

こんな学問が学べます。
  • 看護学
こんな職種が目指せます。
  • 看護師

臨床工学科

いのちを守る医療機器のスペシャリスト、臨床工学技士になる

臨床工学技士は生命維持管理装置をはじめとする医療機器のスペシャリストです。医療技術が進み続ける現代において、医療機器を安全かつ効率的に運用できるように支える臨床工学技士は、チーム医療に欠かせない存在です。
本学の臨床工学科では最先端の医療機器を豊富に揃え、現場経験豊かな教員による実践的な指導のもと、自ら考え行動できる臨床工学技士の育成を目指しています。
医学の基礎となる解剖学、生理学を徹底的に理解して人体の構造と機能を学ぶ一方で、工学に関する知識と技術を学んで医療機器に対する専門性を高めます。
実習室には病院で実際に採用されている医療機器が設置されています。学生の身近に医療機器がある環境のため、早くから機器に慣れ、特性を知ることができます。

これからの医療業界をリードする力を養う

1年次では医学と工学の基礎を学ぶと同時に、病院見学と学内での実践的な授業によって、将来、臨床工学技士として働く姿をイメージできるようになります。実習の一つである「血液浄化装置学実習」では、実際に血液透析装置や血液透析に必要な水処理装置について、1日の業務をシミュレートしながら血液透析の施行法について学びます。
また、4年次からの臨床実習では、臨床分野における臨床工学技士の位置づけや役割、実際の業務の流れを理解することができます。
さらに本学では4年間という大学教育の特性を活かし、幅広い教養を身につけることができます。社会人や医療人としての資質を高め、コミュニケーション能力を磨き、臨床工学技士としてのチーム医療への関わり方などを学びます。
国家資格の取得を目指すだけではなく、現代医療に欠かせない知識や技術を身につけることで、医療業界をリードしていく力も培うことができます。

こんな学問が学べます。
  • 医療技術学
こんな職種が目指せます。
  • 臨床工学技士

臨床検査学科

専門知識と技術力に裏付けされた検査データを提供する臨床検査技師になる

臨床検査技師は、主に病院内の検査室や検査センターなどで、血液の分析、超音波診断検査、細菌検査、病理細胞検査、尿検査などをしています。今まで診断不能といわれていた疾患も、最新の検査により、診断・治療ができるようになってきており、診断支援をする臨床検査技師への期待が高まっています。
本学科では、他の医療スタッフとの横断的なコミュニケーション力や臨床医学・臨床検査医学の知識、AI搭載の最新機器を使いこなす技術力を持った臨床検査技師を育成します。
現在は病院だけでなく、不妊治療の胚培養士として、創薬開発の治験コーディネータとして、さらには検査試薬・検査機器の開発に分析の専門家として、クリニックや企業から臨床検査技師が求められています。学生一人ひとりの個性にあわせて、就職支援センターだけでなく現場経験豊富な教員も就職活動を支援します。

経験豊富な教授陣と現場に即した実習設備で、確かな診療支援力が身につく

臨床検査技師として病院などでの経験が豊富な教授陣と、研究指導に特化した教授陣による指導を受けます。最新鋭の検査機器と設備により確かな技術を磨くことができます。更に、技術を磨きデータを出すだけでなく、検査データの精度保証を確保しつつ、疾患の検査データの特徴を理解し、診療部門への適切な検査アドバイスができる力も身につけます。
1年次は人間性を培うとともに、生命倫理を基礎に、医療人としての幅広い教養を身につけます。2年次は病理検査、微生物検査など様々な臨床検査の知識と技術を学びます。3年次は臨地実習を行い、人の命に携わる責任感とチームで働く力を身につけます。4年次は卒業研究を通して課題発見能力や問題解決能力を身につけ、臨床検査技師国家試験合格を目指します。

※2021年4月開設学科

こんな学問が学べます。
  • 医療技術学
こんな職種が目指せます。
  • 臨床検査技師