眼鏡医療技術専門学校 ワールドオプティカルカレッジ

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専修学校(専門学校) / 岡山県 認可 / 学校法人志学学園

眼鏡医療技術専門学校 ワールドオプティカルカレッジ

「生活に必要、オシャレにも使えるものとは?」メガネのプロフェッショナルを目指そう!!

ワールドオプティカルカレッジ(以下、WOC)は、眼鏡(めがね)のスペシャリスト「眼鏡士(がんきょうし)」を育成する専門学校です。メガネは小さい子供からシニアの方まで多くの人に必要とされており、一人ひとりに適した眼鏡が提供されなければいけません。豊かな人間性を養うこと、確かな専門知識を身につけることをベースにした3年制(第二眼鏡科は2年制)のカリキュラムで学びます。
本校は「メガネの三城」「パリミキ」の全面バックアップのもと、充実した設備と経験豊かな講師陣を揃え、「人間に合わせる眼鏡学」という独自の学習体系で確かな「技術」の習得や、ファッションの一つである眼鏡を扱う者としての「美」意識、そしてお客様一人ひとりに真に向き合うための「おもてなしの心」を育むことを念頭に置いています。

「眼鏡(がんきょう)学」は5つの分野で構成されます。
・視科学…眼について、視力・屈折測定を学ぶ
・加工調整学…レンズの加工方法、メガネの調整方法を学ぶ
・眼鏡美学…色やデザインが顔に与える印象の変化を学ぶ
・商品学…フレームやレンズの素材や構造を学ぶ
・お客様学…接客術、おもてなしの心を学ぶ

トピックス

2017.04.03 WOCのオープンキャンパス 【4月】

~WOCオープンキャンパス~
「似合うメガネはこれ!デザインを学ぼう☆彡」

【開催日程】2017年4月22日(土)

似合うメガネ選びにはいくつかのポイントがあります。
最新流行を取り入れて、自分だけのデザインを完成させよう!

*オープンキャンパスのタイムスケジュール*
  13:00~ 受付開始
  13:30~ 学校の紹介・入試について・案内係の紹介
  14:00~ 研究棟見学・パネル展示(年間行事)見学
  14:20~ 授業体験・今回は「CGデザイン」
  15:20~ 学校棟・教育棟見学
  16:00~ ティータイム 先輩に聞いてみたいこと
  16:30  オープンキャンパス終了

ご案内から体験、ティータイムまで、すべて在校生が担当します。

お申し込みは、WOCホームページまで。

2017.03.01 インターンシップ研修(第一眼鏡科2年&第二眼鏡科1年)

WOCの夏季休暇は、少し期間が長くて9月中旬まで。
ちょっと羨ましいでしょ。(*^_^*)

しか~し、長いのはそれなりの理由があります。
第一眼鏡科2年&第二眼鏡科1年は、夏季休暇中に、2週間のインターンシップ研修があるのです。
(他の学年も別の研修があります。)

このインターンシップ研修は、
学校で学ぶ眼鏡に関する知識・技術がお客様に対してどのように発揮されているかを確認する。
さらに、実際の仕事や職場の状況を知り、学んだ知識・技術の実践力を高める。
また、店舗体験を通して、自分に不足している部分を認識し、今後の授業で取り組むべき課題を発見することを目的としています。

さあ、彼らがどのような店舗体験をしたのか・・・、後期授業が楽しみです。

2017.03.01 「見る」に加えて「聞く」もお助けします。

メガネだけではなく、「補聴器」についての授業(補聴器学)があります。
日本にある眼鏡学校の中では珍しく補聴器の授業を取り入れており、「見る」と同時に「聞く」ことも重要なコミュニケーション手段で生活に欠かせない機能です。
眼鏡店は、この両方に関わることのできる唯一の職業であることも必要とされる一つです。

2017.03.01 豚眼解剖実習(特別講義)

豚眼解剖実習(特別講義)は、目の構造を知るための大事な授業です。
教科書の紙上で見るものと、実際手に取り観察したものでは習得度合いが違います。
1年生の時は「おそるおそる…」ですが、2年生となってくると「慣れたもの」。
3年生は、スクリーンに映し出される実習手順の「見本」だったり、「解説」を担当。
後輩に指導できるようになります。


※「特別講義」とは毎週一回(金曜日)に行われ、様々な分野のプロフェッショナルに講義や実習をしていただき、教養を深めて行くための授業です。

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2014~2016年3月卒業生実績

(株)三城 | アイシーベルリンジャパン | フォーナインズ | 中野屋眼鏡院 | (株)LOOK | メガネの丸善 | 中央コンタクト | 川島眼科 | ナカシマグラス | (株)エイジェック | スタッフ・メディカル・ サービス …など

★2016年3月卒業生の就職率100%(就職希望者11名全員就職)

就職支援

【就職率100%*の理由】
厳しい就職状況の中、なぜWOCでは就職を希望する学生のすべてが就職を果たせているのか。
それはきめ細やかなバックアップ体制と実践力、そして本校の基盤となっている「技」「美」「おもてなしの心」にあります。

学生それぞれの適性や希望を把握した支援体制を整えています。本校のスタッフは眼鏡店経験者が多く、学生の悩みにも親身になって応えることができます。
また店舗研修や病院実習などの体験学習プログラムも用意しているほか、併設の三城光学研究所から現場の最新情報を入手することもできます。

そしてやはり学生一人ひとりの「努力」と「自信」が得た結果なのです。


【主な就職先】
主な就職先はメガネの三城、パリミキなどの全国チェーン店をはじめ、メガネや眼科医療に関わる専門分野です。
特に眼鏡店については、全国の優良店への就職を全面的にバックアップしています。さらに「メガネの三城」「パリミキ」では、入社後も継続して「生涯教育」を行い、将来、眼鏡店オーナーとして独立するための支援をしています。

*就職希望者11名全員就職(2016年3月卒業生実績)

各種制度

眼鏡医療技術専門学校 ワールドオプティカルカレッジでの学びを支援する各種制度のご紹介!

技・美・おもてなしの心をベースに学ぶ楽しさを伝える授業

一口に「メガネを学ぶ」と言っても、WOCのカリキュラムは実に多彩。
目やメガネの構造、店舗での接客販売などを学べることはもちろん、色彩やデザインの観点からお客様の容姿やファッションに合うメガネを提案する「眼鏡美学(デザイン)」、フレームの形に合わせてレンズを自在に加工する技術を身につける「メガネ加工実習」、医学的知識をもとに両目の視力をバランスよく活用する方法を学ぶ「両眼視機能学」などの授業を通じて、幅広い視野から「メガネ」について究めることができます。
もちろん、特殊な眼鏡機器や設備を活用しての実習も充実。
さらに、コンタクトレンズや補聴器についての知識もまんべんなく学べることが魅力です。

視野を広げ、人間力を培う「特別講義」

眼鏡だけにとらわれず、幅広い教養を身につけるための授業です。様々な分野(たとえばお茶、美しい文字・文章の書き方など)を専門の先生・プロフェッショナルから学ぶ体験型の時間を設けています。どの講義内容も興味深く、新しい発見に驚くことばかりです。中には「特別講義」で学んだ分野をさらに深める学生もいます。
また、校外研修などの報告を全学生にプレゼンテーションする時間もあります。専門性の習得は重要ですが、豊かな人間性(人間力)を身につける教養もとても大切です。その人間力は、就職活動にももちろん大きな力を発揮してくれるのです。

校外研修で「メガネ」をもっと好きになる!

WOCでは校外研修の機会を数多く設けています。これは学びのフィールドを広く社会に求め、学生達に広い視野をもってもらうためです。
最上級生(第一眼鏡科3年生、第二眼鏡科2年生)は、学生のみで海外研修を行います。行き先も目的も全て学生が企画し実行するので、専門性だけではない社会で生き抜く力が養われ、仲間と有意義な時間を過ごすことができます。現地の眼鏡店の見学も行い、世界のメガネ事情を知ることにもつながります。
また、第一眼鏡科2年生、第二眼鏡科1年生では各地のフレーム工場・レンズ工場の見学を実施しています。日本のメガネフレームの90%以上を生産する福井県・鯖江市などの工場をめぐり、高品質なフレームやレンズがどのように作られているかをその目で見ることができます。作り手の方々と直接触れ合い、メガネの成り立ちや現状について理解することが、その後の学びや仕事にも活きています。

メガネを通じて、地域や世界とつながる「ボランティア活動」

WOCでは専門技術や知識をただ学ぶだけではなく、それらを活かして積極的に社会とつながっています。
たとえば、地域でのボランティア活動では、福祉法人と協力しメガネクリーニングのサービスなども行っています。また、不要になったメガネを学生自身が調整やクリーニングを行い、新品同様にリフォームを済ませたうえでスリランカ大使館に寄贈する取り組みも行っています。寄贈したメガネは現地のメガネを必要としている人々のもとへ届けられます。一人ひとりの手で修得した知識や技術を活用して、地域や世界に貢献することができます。