大阪音楽大学短期大学部

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立短期大学

大阪音楽大学短期大学部

クラシックからジャズ、ポピュラー、ミュージカルまで学べる「音楽の総合大学」。

1915年に創立して以来、3万人を超える音楽人を輩出する関西の伝統ある「音楽の総合大学」。
現在12コースを擁する短大では声楽、ピアノ、管弦打楽器などのクラシック音楽をはじめ、ジャズ、ポピュラー、ミュージカルなど多様な音楽分野における担い手の育成を行っています。中学校教諭(音楽)2種の資格取得をめざせるほか、大阪音楽大学への編入も可能です。
また、音楽単科大学ならではの施設として、本格的な音楽ホール、多数の練習室、オーケストラや吹奏楽に適した大教室、楽器資料館、多様な種類が揃う楽器・楽譜室、膨大な視聴覚資料を所蔵する図書館などを備え、抜群の学習環境を誇ります。2017年度からは新校舎「100周年記念館」の使用開始により、ジャズ、ポピュラー、ミュージカル等の専用教室を刷新。そして、2020年度より、「作曲デザイン・コース」「ヴォーカルパフォーマンス・コース」「ポピュラーインストゥルメント・コース」の3コースがスタート、音楽文化の発信地として更なる教育環境の充実を図っていきます。

トピックス

2020.03.01 2020年4月より、3つの新しいコースがスタート!

1つ目は、あらゆる音楽ジャンルの作曲編曲技法を学べる「作曲デザイン・コース」。DAWで音楽制作する「DAWクラス」、楽譜での作曲を行う「ライティングクラス」、作編曲だけでなくプレイヤーとしての演奏力も磨く「電子オルガンクラス」の3クラスを設置しており、ジャズ、ポピュラー、ミュージカルから吹奏楽、劇伴、現代音楽まで幅広い作曲ジャンルに対応しています。2つ目は、歌唱技術、パフォーマンス力、トーク力、ファッションセンス等、トップアーティストが備えるべきスキルを多角的に学習する「ヴォーカルパフォーマンス・コース」。3つ目は、プロのミュージシャンに必要な演奏技術の修得を中心に、楽器インストラクターとしての技術や音楽ビジネスの起業等、幅広い知識を身につける「ポピュラーインストゥルメント・コース」。いずれのコースも、第一線で活躍するプロが熱意をもって丁寧に指導します。

2020.03.01 深くも、広くも学べる組み合わせ自由な12コースと週2回のレッスン。

各コースのレッスン(第一主科目)に加え、もうひとつレッスン(第二主科目)が選択可能。
第一主科目は週1回・45分の個人レッスン、第二主科目は週1回・30分のレッスンで、同じ科目でも異なる科目でもOKです(これらの主科目は2セメスターごとに変更も可)。

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2019年3月卒業生実績

ヤマハ音楽教室 | 島村楽器(株) | 新響(株) | ヤマハ大人の音楽レッスン | (株)青二プロダクション | 劇団四季(研究生) | (株)ユー・エス・ジェイ | (株)ヤマハミュージックリテイリング | 日本郵便(株) | 小・中学校教員 …など

就職支援

<キャリア支援センター>
演奏家、教員、音楽教室講師、企業への就職など、本学の在学生が描く希望進路は一人ひとり大きく違います。それぞれが目指す目標にむかうために、キャリア支援センターでは個別対応重視のキャリアサポートを行っています。一般企業への就職支援はもちろん、教員を目指す学生には「コンクール・オーディション等の情報閲覧システム」、演奏活動で道を切り開こうとする学生には「音楽の仕事情報館」、音楽と関わりながら働く道を探る「音楽関連産業でのインターンシップ(職場体験)」など、様々な窓口を設け、スタッフが学生一人ひとりとじっくり話し合いながら、きめ細かな支援体制で取り組んでいます。

<就職・進路ガイダンス 、個別面談>
一年次には「教養基礎セミナー」という必修授業の中で、卒業後の進路に関わる概要の説明を行います。
また、進路に関する個別相談は学年問わず、いつでも対応していますが、特に一年生については、どのような進路を希望していようと、全員必ず一度はスタッフが面談し、その道にあったサポートを提供しています。

各種制度

大阪音楽大学短期大学部での学びを支援する各種制度のご紹介!

オープンレッスン制度

本学ではオープンレッスン制度を取り入れています。教育環境改善の一環で、全ての在学生は、希望すれば全教員のレッスンが聴講できます。

海外提携校

大阪音楽大学短期大学部では、王立ウェールズ(イギリス)、デトモルト(ドイツ)、ワイマール(ドイツ)、フォルクヴァング(ドイツ)、ミラノ・ヴェルディ(イタリア)、デポール(アメリカ)、上海音楽(中国)、啓明(韓国)の各音楽大学及び音楽院と提携関係を結び、国際間交流の活性化や留学のケアを行います。

練習室・楽器

【練習室】多数の練習室が設置されております。ピアノをはじめ、パイプオルガン、電子オルガン、シンセサイザー、チェンバロなども設置しています。下宿生など自宅練習の難しい学生にとっても充実した環境です。

【楽器】授業や練習、演奏会や発表会に使用するための楽器を多数備え、学生個人への貸し出しも行っています。グランドピアノや電子オルガン、チェンバロなどの鍵盤楽器、クラリネットやヴァイオリン、ティンパニなどの管・弦・打楽器、箏・三絃などの邦楽器やリコーダー、古楽器などの合奏・アンサンブル用の楽器などが多数あります。

学生寮

大学から南東へ約1,300m。女子のみが入寮できます。
全室個室、フローリング、エアコン、ベッド、収納棚を備えています。食堂棟は、朝・夕の食事や談話に使用、自炊コーナーもあります。ユニットバス、シャワー室、洗濯室も設置しています。
入寮費 70,000円
寮費(年額) 342,000円~372,000円
食費(年額) 151,200円
(入寮者は全員納入、朝・夕食事提供日数200日)

大阪音楽大学短期大学部特待生授業料減免制度

減免額:350,000円(年額)
適用人数:10名程度
対象:推薦入試、一般入試における専門実技成績上位合格者(1年次のみ)

遠隔地出身者支援給付奨学金

遠隔地出身で推薦入試 専門実技の成績上位者に対し給付する。

支給額::年額20万円を2年間
適用人数:5~10名程度
対象の入試:推薦入試

※遠隔地出身者とは、自宅から本学までの道のりが概ね100kmを超え、公共交通機関を用いた片道の通学時間が2時間以上を要する方。

大阪音楽大学短期大学部給付奨学金

奨学金A 第一主科目と専門教育科目の成績がきわめて優秀で、一般・外国語・保健体育科目の成績が優秀な学生。
奨学金B 第一主科目と一般・外国語・保健体育科目の成績がきわめて優秀で、専門教育科目の成績が優秀な学生。
奨学金C 全履修科目の平均成績がきわめて優秀で、第一主科目の成績が優秀な学生。

支給額・人数:
 奨学金A 45万円 2名以内
 奨学金B 30万円 3名以内
 奨学金C 20万円 5名程度
対象:申請年度において2年次に在学し、前年度1年次の在学期間中に所定の単位を取得した学業・成績が優秀な学生。
(留学生は私費留学に限る。申請年度の転入学・再入学・長期履修生及び科目等履修生は対象外)
審査方法:書類審査
*「海外提携校留学助成金」「国内・海外音楽講座受講助成金」との重複採用はされません。

海外提携校留学助成金

海外の提携大学または音楽院等にて、より専門性を深めるため留学を希望する学生を対象に審査をおこない、適用者に所定の金額を助成する。

期間:3ヶ月~6ヶ月
支給額・人数:
 4ヶ月以上6ヶ月まで 50万円以内 3名以内(併設大学適用者との合計)
 3ヶ月以上4ヶ月未満 40万円以内 4名以内(併設大学適用者との合計)
 ※留学期間は留学先提携校の授業期間とします。
対象:
申請時、2年次の学生であり、第2セメスター(1年次後期)の第一主科目の成績及び全受講科目の成績が優秀な学生。前年度末の取得単位数は35単位以上であること。
(留学生は私費留学に限る。申請年度の転入学・再入学・長期履修生及び科目等履修生は対象外)
審査方法:書類審査・外国語面接・最終面接

*「大阪音楽大学短期大学部給付奨学金」「国内・海外音楽講座受講助成金」との重複採用はされません。
*留学終了後には学習内容・留学成果について報告書の提出を義務付けます。

学校No.4202更新日: 2020.03.01

大阪音楽大学短期大学部ページ上部へ