植草学園大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

植草学園大学

保健医療学部リハビリテーション学科作業療法学専攻 2020年4月新設(構想中)

やさしさに満ちた環境で、身体と心のケアを学修

障害やさまざまな困難を抱える人を支援できる、心の豊かさを育みます

植草学園大学の保健医療学部の教育理念は、人間と命を尊ぶ心(=徳育)を育み、確かな技術に裏打ちされた実践力(=技育)と、保健医療の高度な知識と探究心(=知育)を持ち、地域社会へ貢献できる人材を育成すること。困難をもつ人もそうでない人も、子どもからお年寄りまで、誰もがその人らしくいきいきと生活できるよう支援することを目標に、 “身体の痛みだけでなく、心の痛みにも寄り添うことができる医療人”となるべく教育を実践しています。
植草学園大学では、「インクルージョン(包み込む)」という考え方を大切にしています。この言葉に含まれる意味は、「誰も区別しない、すべての人を包み込むやさしさ」。一緒に学ぶ学生同士、先輩と後輩の関係、学生と教員の関係など、身近な人間関係であってもお互いの人間性や個性を尊重し合うことで、大学全体がやさしさに満ちています。そうした環境の中で障害と支援を深く学ぶことで、自然と人に寄り添うやさしさを身につけることができます。保健医療学部では、身体障害、老年期障害、精神障害、発達障害など、多様なリハビリテーション領域において、身体のケアだけでなく、心のケアもできるあたたかなリハビリテーションのプロを養成しています。

リハビリテーションにおけるチーム医療の精神を育む

音楽と科学からアプローチし、作業療法の新たな治療法を探る

リハビリテーションには、理学療法士と作業療法士の2つの専門職が携わっています。理学療法士は、障害や後遺症などの残る部位の曲げ伸ばしなど運動療法を中心に、機能回復のためのリハビリテーションを実施。作業療法士は、理学療法のリハビリで基本動作が回復した患者さんに対し、生活の質(QOL)をより高く保つためのさまざまな療法を行います。植草学園大学のリハビリテーション学科では、リハビリテーションを担うチーム医療で活躍できる人材育成を目標に、それぞれ専攻を設け、専門性の深化を図っています。
作業療法学専攻では、「アート&サイエンス」をキーワードに、運動機能などの改善方法として、音楽やおもちゃを利用したアプローチ法を学びます。それと同時に、人の心に起きる楽しい、悲しいなどの感情を科学的に分析し、数値化する研究にも注力。経験や憶測だけに左右されない、最新で的確な治療についても修得します。卒業時には作業療法士の受験資格と同時に、音楽療法士の資格が取れるカリキュラムを組んでいることも学生にとってはメリットです。
学びの特色としては、施設が広く充実していること。少人数制なので器具なども全員がいつでも使えるだけの数が揃っているので、自習や復習などに活用でき、技術習得に役立てられます。また、千葉県内のさまざまな医療施設と実習契約を結び、臨床現場での実習を重視したカリキュラムを組むことで、高度な知識と技術を実践で学修できます。

こんな学問が学べます。
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
こんな職種が目指せます。
  • 作業療法士