こども教育宝仙大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

こども教育宝仙大学

こども教育学部幼児教育学科

オーストラリア保育留学制度や充実した実習カリキュラムで実践力のある保育者を目指す

「仏教精神を基調とした人間教育によって品格と知性を兼ね備えた人を造る」ことを建学の精神としている本学では、学園創立以来90年にわたって「真の教育とは単に知識や技術を植え付けるものではなく、それらを自らの人生に生かす『知恵』とすることに他ならない」という創立者の信念に基づいた少人数制教育を一貫して行っています。
「こども」を学ぶ専門の単科大学という強みを活かし、こどもと関わる力を育てる実践的なカリキュラムや、本学独自の表現教育、さらにグローバル化が進む現代に対応した教養教育をベースに、これからの時代を担う保育者の育成を目指しています。

本学は2014年度以来、オーストラリア課外プログラム(短期留学制度)を実施してきましたが、これを発展させ、2022年度からオーストラリア保育留学制度を開始いたします。
また、本学の実習カリキュラムの大きな特長は、入学して1ヶ月半後に隣接する宝仙学園幼稚園で行われる体験学習をはじめ、「保育の現場を知る」の授業や実習を通して、さまざまなこどもたちとふれあえることです。
特に1年次の早い時期にこどもたちと直接ふれあう経験は、保育の魅力を見いだすきっかけにもなり、学びの意欲にもつながっていきます。また先生方の姿を通し、保育者としての責任感や自覚が芽生えていきます。多くのこどもたちとの出会いを通して、こどもと寄り添う仕事のやりがいや楽しさを実感できるはずです。

音楽、造形、身体という多様な表現教育で、「表現する力」「遊ぶ力」「コミュニケーションする力」を習得

【音楽】こどもの感性を豊かにする、楽しい音楽の表現者を育成します。
保育者にとって必要な音楽の素養とは、こどもたちがどれだけ楽しく音楽とふれあうことができるかを考えられること。こうした能力を磨くため、本学では弾き歌いや、器楽合奏、リトミックなど、バラエティに富んだカリキュラムを実施しています。
また、ピアノ経験のない人でも、学生のレベルに合わせた指導を行っているので安心です。本学でのさまざまな体験が音楽への興味を深め、こどもたちに音楽のすばらしさを伝えられる保育者を育成します。

【造形】遊びを通じ、ワクワクする造形表現の魅力にふれます。
こどもたちは絵を描いたり、いろいろな素材を使って思い思いにかたちをつくる遊びを通して、表現することの喜びを経験していきます。こうした造形遊びや表現活動を楽しむための環境を整え、こどもたちの創造性や豊かな感性を伸ばしていくことは保育者にとって大切な仕事のひとつです。本学の造形の授業ではいろいろな教材を使い制作活動を展開します。多様な素材によるさまざまな造形表現の方法を学ぶことで、実際の保育現場で役立つたくさんの引き出しを増やし、こどもと一緒に表現活動を楽しむ保育力を身につけていきます。

【身体】こどもの発達に応じて身体運動を楽しく学びます。
こどもにとって身体を動かして遊ぶことは発育・発達に欠かせないもの。本カリキュラムのねらいは、保育者として必要な身体表現に関する知識を身につけ、実践できるようになること、そしてこどもに身体表現の楽しさを伝えることができるようになることです。運動の得手不得手は関係なく、多様なレクリエーションスポーツや運動遊び、リズムダンス等を楽しみながら学ぶことができます。また、自然に囲まれた愛川グラウンドでの校外活動では、仲間とともに心身のリフレッシュを図ることもできます。

こんな学問が学べます。
  • 児童学
  • 保育・幼児教育
こんな職種が目指せます。
  • 保育士
  • 幼稚園教諭