兵庫医科大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学 / 学校法人 兵庫医科大学

兵庫医科大学

※2022年4月兵庫医療大学と統合予定。現在文部科学省へ認可申請中であり、状況などにより変更する場合があります。

医学部 医学科

医師への一歩を踏み出すために、精神面もしっかり学ぶ。

医師は人の痛みや苦しみに向き合うことも多く、若いうちから過酷な局面に対応しなければならない職業です。今の医療現場では知識・技能だけでなく「人間力」を併せ持つ医師が求められています。しかしその両方のバランスがとれた人材を育てるのは実に難しいことです。

医学部では低学年時のフレッシュな時期に医療の現場を体験します。患者さんや多くの医療スタッフの姿に接することで、医師にとって最も大切な優しい気持ちを学び、漠然とした医師への志望や憧れを具体的な目標に変えていきます。また、20名にも及ぶ経験豊かな専任教員がアドバイザーとして学生の精神面をサポートしています。

4つの体系的な柱による教育プログラム。

●社会性を育む
低学年時から繰り返し患者さんや他の医職種、他学部の学生との交流を通じて、コミュニケーション能力はもちろん、豊かな社会性や倫理性を身につけることをめざしています。

●チーム基盤型学修(TBL)によるアクティブラーニング
全学年にチーム基盤型学修(TBL)を導入しています。TBLとは、少人数のグループに分かれ、それぞれが協調的に課題に取り組み、自主的にディスカッションすることを目的とした教育方法です。

●多職種連携(チーム医療)
他学部の学生と、多職種連携教育に取り組んでいます。他学部との交流を通じて多職種の着眼点に気づき、チーム医療の必要性を認識し多職種への理解を深めます。

●「痛み集学的診療」ができる医療者を養成
痛みは患者さんの受療行動の基本であり、痛みからの解放は医療の原点と言えます。体系的な痛み教育をおこなえる十分な基盤を有する本学では、「痛み集学的診療」を教育できるシステムを構築しています。

こんな学問が学べます。
  • 医学

薬学部 医療薬学科

チーム医療の現場を担う、薬のプロを育成。

自らの専門性や能力を磨くだけでなく、他の医療専門職者とうまく連携してこそ、すばらしい医療は実現できます。チーム医療(多職種連携)の中でも、近年、特にその活躍が期待されているのが薬剤師です。

薬学部では6年をかけて、薬学の基礎から臨床薬学まで幅広く学びつつ、薬剤師資格の取得、そしてその先にある医療現場での実践力を養います。豊富なチーム医療関連講義と兵庫医科大学病院での学びなど、医系総合大学の強みを生かした多職種連携教育で、真に活躍できる実践力を備えた薬学人を育てます。

5年次には、計5ヶ月間の実務実習(病院と薬局)で臨床スキルを磨きます。その前には、実際の薬局を模した「臨床薬学研修センター」で、薬剤師に必要な基本的技能や態度を養うためのトレーニングを実施。臨床現場に近い充実した実習施設で、段階的に学んでいきます。

入学前から卒業後まで、きめ細かにサポート。

すべての学生が薬学の面白さを感じ、成長していけるように、基礎学力を補強する「入学前教育」や「リメディアル教育」を実施します。計算力不足や化学の理解不足がある場合はしっかりと解消し、大学で学ぶための土台を築くことが大切です。

2年次からは、アットホームな少人数制で教員との距離が近くなる「少人数制長期密着型ゼミナール」がスタート。1人の教員が、1学年6名程度の学生を丁寧に指導します。研究室は常時オープンで、研究棟には相談ブースも設置。学習内容の質問や進路についての不安があれば、気軽に相談できる環境が整っています。

徹底的な学習サポート体制のもと、薬学に関わる基礎および専門科目を1年次から学び、高等年次には研究室で薬学研究に携わり、薬剤師や薬学に関する専門職に必要な問題発見・解決能力を養います。

また、既卒生へも継続して国家試験対策や就職活動などのサポートを行います。

*兵庫医療大学との統合により、2022年4月開設予定(構想中)

こんな学問が学べます。
  • 薬学

看護学部 看護学科

温かく豊かな心と、高い専門性を身につける。

さまざまな医療専門職が連携し、患者さんに最適な医療やケアを提供する現代の医療現場では、看護師にも高度な専門性が求められます。

看護学部では、主体的に行動するための深い看護の知識に加え、多職種連携を円滑に行うための豊かな人間性や幅広い教養を併せもった、看護師・保健師・助産師を育成しています。

主な実習施設は、大学附属の医療機関である兵庫医科大学病院。兵庫県では最大級の病床数を誇り、災害拠点・救命救急・高度で先進的な医療を担う、地域の中核的医療機関で実習を行うことができるのは大きな強みです。現場の看護師と大学教員によるきめ細かな指導のもと、先進医療・チーム医療で役立つ力や医療コミュニケーション能力が身につきます。

看護師+保健師か助産師のW資格取得もめざせます!

4年間の学修で、看護師と同時に、選択制で保健師または助産師いずれかの資格取得もめざすことができます(定員あり/国家試験受験資格)。出産の介助や妊婦の体調管理、新生児ケアに携わる助産師。保健所や企業で人々の病気予防や健康増進を図る保健師。この2つも視野に入れながら、看護だけにとどまらないキャリアデザインを描けます。

卒業後の進路については、兵庫医科大学病院に強い就職パイプがあり、病院勤務をめざす人にとって心強いサポート体制が整っています。

*兵庫医療大学との統合により、2022年4月開設予定(構想中)

こんな学問が学べます。
  • 看護学

リハビリテーション学部 理学療法学科・作業療法学科

理学療法学科

●身体機能を回復に導く知識とスキルを修得する
理学療法士は、身体機能や基本的動作能力の回復のための治療、トレーニングを行う専門家です。医療や福祉、スポーツなど、幅広い分野で活躍しています。

理学療法学科の教員には、ホッケー日本代表のフィジオ(トレーナー)経験者など、スポーツ理学療法のスペシャリストも在籍。現場に即した学びで、さまざまな分野で社会に貢献できる、心豊かな理学療法士を育成しています。さらに、1学年40名という少人数教育のため、クラスメイト同士はもちろん、学年の枠を越えて学び合えるアットホームな環境が自慢です。

実習は、大学附属の医療機関および「学校法人 兵庫医科大学連携病院の会」の関連施設を中心に、学生が通いやすい実習先を数多く配置しています。丁寧なサポートと併せて、一人ひとりの実践力を着実に高めていきます。


●チーム医療や現場で役立つ、実践的な学び
医療現場で求められている「チーム医療(多職種連携)」では、医師や看護師などさまざまな医療専門職間の相互理解と、それぞれが専門性を発揮しながら協力し合う医療のカタチが不可欠です。医学部・薬学部・看護学部・リハビリテーション学部の学生が合同で行うチュートリアル学修(少人数制のグループ学修)を通して、「チーム医療」で活躍できる基礎を作ります。他学科生と接する機会が多いため、医療コミュニケーション力が自然と身につきます。

兵庫県で最大級の病床数を誇り、災害拠点・救命救急・高度で先進的な医療を担う、地域の中核的医療機関の病棟で体験実習ができるのは、本学ならではの大きな強みです。運動器疾患や神経疾患だけでなく、集中治療室(ICU)の重症患者さんへの急性期対応、トップアスリートのケアを手がけるトレーナーによるスポーツ理学療法など、リハビリテーションについて幅広く学ぶことができます。

*兵庫医療大学との統合により、2022年4月開設予定(構想中)

作業療法学科

●人の生活の質を高めるスペシャリストになる
心と身体の機能回復をサポートする作業療法士の需要は、近年ますます高まっています。

作業療法学科では、作業療法士として求められる知識と技術を学ぶなかで、さまざまな方とコミュニケーションを図りながら、対象者の状態や嗜好に合わせた支援を行う力を身につけていきます。

大学附属の医療機関や関連施設との関係性を活かし、最先端の技術や地域医療について実践的に学べる機会も豊富です。1年次の早期臨床体験実習などは兵庫医科大学病院の医療現場で行い、入学後間もない段階から患者さんと接することができます。また、兵庫医科大学ささやま医療センターのリハビリテーションセンターとも密接に連携するなど、生きた知識・教養を身につける場が充実しています。


●医療コミュニケーション力が自然と身につく学び
医療現場で求められている「チーム医療(多職種連携)」では、医師や看護師などさまざまな医療専門職間の相互理解と、それぞれが専門性を発揮しながら協力し合う医療のカタチが不可欠です。医学部・薬学部・看護学部・リハビリテーション学部の学生が合同で行うチュートリアル学修(少人数制のグループ学修)を通して、「チーム医療」で活躍できる基礎を作ります。他学科生と接する機会が多いため、医療コミュニケーション力が自然と身につきます。

また、陶芸や華道、織物などの「作業」やレクリエーションを通して、患者さんの心身の機能回復をめざす作業療法では、地域の中で学ぶことも大切です。実習では、地域に暮らす高齢者の方々への模擬指導にもチャレンジ。地域の方との関係を育みながら、作業療法士に必要なコミュニケーション能力を磨いていけます。

*兵庫医療大学との統合により、2022年4月開設予定(構想中)

こんな学問が学べます。
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法