日本体育大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

日本体育大学

体育学部 体育学科

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッション・ポリシー

日本体育大学は、『體育富強之基』を建学の精神(教育理念)として、体育及びスポーツを通して全ての人々の願いである「心身の健康」を育むとともに、世界レベルの優秀な競技者・指導者の育成を一貫して追求し続けてきた。本学は体育及びスポーツの科学的研究を基に、競技力の向上や健康で豊かな社会の実現に向け多様な学修(「実践」と「理論」)を展開し、特に身体を動かすことによって認知された人間の運動感覚(=身体知)の諸問題について、分析や検討を加え、そこから得られた新たな知見を再びスポーツの現場に活かしていこうとする双方向の試みを積極的に展開している。

そこで体育学部では、「一般入試」を始めとして「AO入試」、「推薦入試」、「リカレント入試」等の多様な入試を実施し、高い競技力を有する者から一定の基礎学力を持ちスポーツに関する知的好奇心の旺盛な者を幅広く迎え入れることとしている。本学独自の実践と理論との一体的学修を通じて、競技力の向上やスポーツが拓く「健康で豊かな社会」の実現に向け、眼前の課題に対して総合的かつ実践的な解決を真摯に探究できる者の入学を期待するものである。

<入学時までに身に付けてほしい学力・能力>
本学は体育及びスポーツの科学的研究を基に、競技力の向上や健康で豊かな社会の実現に向け多様な学修(「実践」と「理論」)を展開している。そこで入学時までに、スポーツの実践力はもとより、次のような学力や能力を研いてこれらの学修に臨むことが期待される。国語や英語で学んだことを基盤としたコミュニケーション力、地理歴史や公民等を通じた地球規模で今日の社会を読み解く力、さらには数学や理科等で学んだ思考力に基づき、スポーツを客観的に分析する力などである。

※2018年4月以降、アドミッションポリシーが変更となる可能性があります。

スポーツを通じて健全な心と身体とを育む力や、スポーツの競技水準の向上に資する力を修得

スポーツの競技水準向上に必要な実践的な技術や理論について学修。スポーツ科学やスポーツ医科学、コンディショニング管理、スポーツ傷害予防に関する知識・技能を有し、集団において有機的連携が図れるリーダーシップを養成します。『スポーツ教育領域』は、主に学校体育の指導者養成を目的としたカリキュラムで、『競技スポーツ領域』はトップアスリートやコーチ、アスレティックトレーナーの養成を目的としたカリキュラムです。

こんな学問が学べます。
  • 体育学
  • スポーツ学
こんな職種が目指せます。
  • 監督・コーチ
  • 体育教師