北海道医療大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

北海道医療大学

リハビリテーション科学部 理学療法学科

他学部と連携した医学系科目、多職種連携科目が充実

理学療法士は座る、立つ、歩くなど、生活上の基本動作の回復、維持をサポートするリハビリテーション専門職。本学科は、スポーツ障害や義肢を使用した理学療法にも対応。他学部と連携した医学科目も設け、医療系総合大学ならではの学びを充実させています。

人体の機能や構造など、理学療法の基盤となる知識は、基礎医学に精通した各学部の教授陣から学びます。また、医療人としての教養や倫理観を身につける「全学教育科目」も開講。チーム医療、多職種連携を実践できる高度な医療人をめざし、学部学科の枠を超えて保健・医療・福祉を幅広く学びます。

地域住民との触れ合いや充実した学内設備で、コミュニケーション能力と実践力を高める。

地域住民が患者さんと役として協力する医療面接演習をはじめ、高齢者や障がいのある方々など、地域住民と触れ合う機会を数多く設けています。さらに、多職種連携で、退院後の地域での生活支援や健康支援活動などへ積極的に参加。さまざまな職種の人と接することで、医療人としてチームで取り組む大切さを学びます。

また、三次元動作分析システム、超音波検査装置など、スポーツ理学療法の最新機器やバリアフリーラボなどの学内施設が充実。臨床実習では、医療機関から社会福祉施設まで幅広い領域で実際の仕事を体感。学内外を通して高い実践力とコミュニケーション能力を養います。

こんな学問が学べます。
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
こんな職種が目指せます。
  • 理学療法士

リハビリテーション科学部 作業療法学科

チーム医療の現場を1年次から体験

作業療法士は、日常生活で行うさまざまな作業活動を通して、障がいのある方の心身の回復と自立生活への支援を行う専門職。本学科では、1年次の早い段階から、医療機関や社会福祉施設などの現場を体験する「臨床見学」を実施。さまざまな専門職が連携しながら地域社会に貢献している様子を見学することで、仕事に対するイメージや学びの意欲を高めます。

また、他学部の学生とのディスカッション、地域の高齢者クラブでの体操実施や日常生活のヒアリング、障がいのある方やそのご家族との対話など、実践の場が豊富。さらに、発達支援や地域医療など、多彩な実習施設を通して幅広い専門領域に対応できる作業療法士をめざします。

「音楽療法士」養成コースを設置

「音楽療法士」とは、音楽の力を活用し、子どもの発達促進や高齢者の認知症予防などのリハビリテーションを行う専門職。音楽のもつ生理的、心理的、社会的な働きを用いて、心身の障がいの回復や生活の質の向上を図ります。

本学科では2019年度から、リハビリテーション関連学科としては珍しく、音楽療法士の養成コースを設置(選択制)。音楽療法を実践してきた豊富な経験を持つ教員による多彩な学びによって、高度な知識と実践力を備えた音楽療法士を育成します。

作業療法士と音楽療法士のダブルライセンスは、卒業後の活躍の場を大きく広げます。

こんな学問が学べます。
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
こんな職種が目指せます。
  • 作業療法士
  • 音楽療法士

リハビリテーション科学部 言語聴覚療法学科

医学、言語学、心理学など全身の知識から言語聴覚分野を極める。

言語聴覚士は、「聞く」「話す」「食べる」「飲む」に関わる障がいの評価や訓練を行う専門職。超高齢社会を迎え、活躍の場が大きく広がっています。

人体の構造・機能を理解したうえで「ことば」「聞こえ」のしくみを理解できるよう、解剖学をはじめとする医科・歯科学領域の科目が充実。さらに、心理的要因からことばを失った人たちへの支援を視野に入れ、心理系科目も配置。全身から言語聴覚分野を学びます。

多彩な分野での活躍を想定した臨床実習

臨床実習はキャンパス内の大学病院をはじめ、地域に密着した病院、救急医療を担う病院、小児病院や心身障がい児施設など多種多様な役割を果たしている実習先を確保しています。言語聴覚士が活躍する多様な現場で経験を積むことで、幅広い分野で活躍できる総合的な臨床能力を養います。

また、さまざまな事例を取り入れ、学生同士で支援方法を議論するPBL(問題解決型実習)の導入や学外実習前には、検査技能や態度などを評価するOSCE(オスキー:客観的臨床能力試験)も実施。医療人としての高い思考力・応用力を身につけ、多彩な現場で活躍する言語聴覚士をめざします。

こんな学問が学べます。
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
こんな職種が目指せます。
  • 言語聴覚士