静岡医療科学専門大学校の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専修学校(専門学校) / 静岡県 認可

静岡医療科学専門大学校

旧校名:静岡医療科学専門学校

医学工学科(2017年4月「臨床工学科」より名称変更)

6つの学科でチーム医療を学びながら、臨床工学技士を目指す。

医療の現場で医療機器の操作や保守を担当し、かけがえのない命のサポートをする、それが臨床工学技士の仕事です。現在の医療シーンでは、人工心肺装置、人工透析装置、人工呼吸器、心臓ペースメーカーなどさまざまな医療機器が開発され、以前は不治の病とされていた腎臓病や心臓病その他の病気の治療が可能となってきています。こうした機器の操作と保守点検を行う臨床工学技士は、病院内で欠かせない存在となっています。

臨床工学技士を学ぶ 医療・歯科・看護・リハビリ

医療機器工房:実際の医療現場で求められるスキルを身につけることができる

臨床工学技士の主な仕事に医療機器の保守点検があります。実際に治療中に機器がトラブルを起こした場合、メーカーを呼んで修理、調整をしている時間はありません。リアルタイムでの対応が求められます。本学では実際の医療機器を用い、分解・修理・組み立て作業を行い、実践で求められるスキルを修得し、機器の構造や動作理論、調整法などを学びます。

人工心肺実習

人工心肺業務とは、心臓手術において心臓や肺の代わりをする人工心肺装置を操作することを指します。人工心肺装置の周辺には複数の医療機器が使用されています。本授業では座学で学んだ基本的な知識をより深めるため、実際の機器を使用して人工心肺装置およびその周辺機器の操作方法や原理・構造を修得します。