静岡医療科学専門大学校の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専修学校(専門学校) / 静岡県 認可

静岡医療科学専門大学校

旧校名:静岡医療科学専門学校

医学工学科(2017年4月「臨床工学科」より名称変更)

6つの学科でチーム医療を学びながら、臨床工学技士を目指す。

医療の現場で医療機器の操作や保守を担当し、かけがえのない命のサポートをする、それが臨床工学技士の仕事です。現在の医療シーンでは、人工心肺装置、人工透析装置、人工呼吸器、心臓ペースメーカーなどさまざまな医療機器が開発され、以前は不治の病とされていた腎臓病や心臓病その他の病気の治療が可能となってきています。こうした機器の操作と保守点検を行う臨床工学技士は、病院内で欠かせない存在となっています。

臨床工学技士を学ぶ 医療・歯科・看護・リハビリ

医療機器工房:実際の医療現場で求められるスキルを身につけることができる

臨床工学技士の主な仕事に医療機器の保守点検があります。実際に治療中に機器がトラブルを起こした場合、メーカーを呼んで修理、調整をしている時間はありません。リアルタイムでの対応が求められます。本学では実際の医療機器を用い、分解・修理・組み立て作業を行い、実践で求められるスキルを修得し、機器の構造や動作理論、調整法などを学びます。

人工心肺実習

人工心肺業務とは、心臓手術において心臓や肺の代わりをする人工心肺装置を操作することを指します。人工心肺装置の周辺には複数の医療機器が使用されています。本授業では座学で学んだ基本的な知識をより深めるため、実際の機器を使用して人工心肺装置およびその周辺機器の操作方法や原理・構造を修得します。

医学放射線学科【2018年4月開設】

静岡県初!放射線技師の養成校が誕生。

本学は、静岡県で初(※)となる診療放射線技師養成校です。医学放射線学科の開設により、経済的な理由で県外に進学できなかった学生にも道が開かれることになりました。学内に医学工学科・医学検査学科を併設しており、医療技術部門全般についても学ぶことが可能です。また、看護学科では豊富に実習模型を取り揃えており、人工呼吸やAED、造影検査に必要な実習も行うことができます。
診療放射線技師の業務は、健康診断やケガの際に行われるエックス線撮影だけでなく多岐にわたります。その役割は医師の診断・治療に欠かせません。責任が重く、やり甲斐のある職種として放射線技師を目指す人が増えています。

※厚生労働省HP・静岡県 専修学校、各種学校HPより

診療放射線技師を学ぶ 医療・歯科・看護・リハビリ

診断に大きな役割を果たす、診療放射線技師。

放射線診療技術の高度化に伴い、診療放射線技師は高いレベルでの専門知識や技術を身につけた専門職として職域が形成されました。業務は、健康診断やケガ・病気の際に行われるエックス線撮影だけでなく、一部の眼底カメラから、超音波診断装置、全身を映し出すMRIやCT、PET、乳がん診断を行うマンモグラフィーといった検査、核医学検査に放射線治療まで多岐にわたります。また、造影検査やラジオアイソトープ検査、カテーテル治療なども重要性が高まってきており、その役割は医師の診断・治療に欠かせないものとなっています。特に、放射線治療は主にガンに強力な放射線を照射し、医師以外が直接治療行為を行う貴重なもの。責任が重い仕事ですが、だからこそやり甲斐のある職種として放射線技師を目指す人が増えています。

医療系専門大学校だからこそ、チーム医療を学べる。

本学科では、放射線診療技術だけでなく、学内にある医学工学科や医学検査学科との連携により、医療技術部門全般について学ぶことができます。同じく看護学科では実習模型が豊富に取り揃えられ、人工呼吸やAED、造影検査に必要な下部消化管カテーテル挿入、抜針の実習も行うことが可能。保健医療系総合専門大学校だからこその強みです。実習先として、十全記念病院と提携しており、臨床実習で放射線学を学ぶことができます。
また、3年間の履修と修学により、「診療放射線技師」国家試験の受験資格、「エックス線作業主任免許」、「ガンマ線透過写真撮影作業主任者免許」の取得を目指します。国家試験合格へ向け、学生個人に合わせた指導を行っています。