東京農業大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

東京農業大学

農学部

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッション・ポリシー

農学部では、生産科学、生命科学、環境科学および生活科学としての農学の立場から、生命現象の解明、国内外における農作物や畜産物の安全かつ安定した生産と供給および技術革新、さらには生物多様性の保全と活用、動植物や食の持つ多様な機能の活用による人の生活の質の向上など、広範な領域で活躍できる人材を養成しています。そのため、本学部では次のような学生を求めています。

(1) 高等学校までに得られる国語、英語、数学をはじめ、農学を学ぶ上で必要な生物や化学などの基礎学力と知識を身につけている。
(2) 人類社会の直面する食料問題、資源問題や環境問題などの解決、生命現象の解明に取り組む意思と意欲を持っている。
(3) 自然や生き物の持つ価値を理解し、それらを人類の福祉と持続的な社会の構築に役立てる意欲を持っている。

人間と動植物との共生をめざして

農学は生命(いのち)に触れ、生き物を育てる生産科学の学問であるばかりでなくそこで得られる知識や知恵を利用して、地域レベルから地球規模の環境保全、生活の質の向上やライフスタイルの形成にまで関わることが大きく期待されています。

こんな学問が学べます。
  • 環境学
  • 農学
  • 農業工学
  • 農業経済学
  • 林学・林産学
  • 農芸化学
  • 畜産学
  • 水産学
  • 生物学
  • 生物工学
  • 生物資源学
  • 生物生産学
  • 栄養学
  • 食物学

応用生物科学部

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッション・ポリシー

応用生物科学部は、「生命」、「食料」、「健康」、「環境」、「エネルギー」などをテーマに、〝生きる”を多元的に支える応用生物科学の力を駆使して、人と環境が調和する私たちの生活のあり方や未来に貢献する意欲を持ち、国際的な視野のもと、実社会で指導的立場に立って活躍することを目指す、次のような学生を求めています。

(1) 高等学校において、化学、生物学および外国語を履修し、本学部で学ぶ上での必要な基礎学力、知識および語学力を有している。
(2) 「生命」、「食料」、「健康」、「環境」、「エネルギー」などに関心を持ち、関連専門分野の実社会で活躍し、情報発信する意欲を有している。
(3) 実験・実習・研究等を通じた学びに強い関心があり、主体性を持って多様な人々と協同して学ぶ姿勢を有している。
(4) 様々な事象や未解決の課題に対し、多面的かつ客観的に観察し、理論的に考察して自分の考えを適切に他者に伝えることが出来る。

未来の地球をバイオで拓く

生物学と化学をもって生物の生命現象を追究し、農学の最先端を進む研究を行っています。最新の理論と技術で生物の基本反応を理解し、これをわたしたち人類の生活の向上と、大気・水質・土壌といった環境問題の解決につなげていきます。基礎から応用への積み上げ方式で構築されたカリキュラムで最新鋭の高度な機器、施設・設備環境のもとで、有機化学、生物化学、微生物学、分子生物学の実験・実習を多彩に展開しています。

こんな学問が学べます。
  • 環境学
  • 農学
  • 農業工学
  • 農業経済学
  • 林学・林産学
  • 農芸化学
  • 畜産学
  • 水産学
  • 生物学
  • 生物工学
  • 生物資源学
  • 生物生産学
  • 栄養学
  • 食物学

生命科学部

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッション・ポリシー

生命科学部は、本学が掲げる「生命」、「食料」、「環境」、「健康」、「エネルギー」、「地域創成」のテーマのもと、人類が直面する問題に果敢に挑戦し、持続的な社会の発展に貢献する人材の養成を目指しています。そのため、本学部では、次のような学生を求めています。

(1) 生命、自然科学に関心あり、意欲を持って学修に取組むことができる。
(2) 社会問題に関心を持ち、その問題解決に貢献しようとする意欲を有している。
(3) 基礎的な学力、広い視野、豊かな人間力、コミュニケーション能力、倫理観を持ち、それらをさらに高めようとする意欲を有している。

“生きる”をつくる、生命科学。

生命科学部では、生命を調節する分子をデザインし、最小の生命である微生物の新機能を創生、植物育種や動物個体発生・脳機能といった高次生命機能解明まで、ミクロからマクロまでを統合的に捉える教育研究を行っています。生体内の化学反応により作られる生命の設計図ともいうべき遺伝子をもとにして、生命の仕組みを理解し、応用することで、私たちの生活をより豊かにする試みに期待が高まっています。

こんな学問が学べます。
  • 環境学
  • 農学
  • 農業工学
  • 農業経済学
  • 林学・林産学
  • 農芸化学
  • 畜産学
  • 水産学
  • 生物学
  • 生物工学
  • 生物資源学
  • 生物生産学
  • 栄養学
  • 食物学

地域環境科学部

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッション・ポリシー

地域環境科学部は、グローバルな地球環境から、ミクロな地域環境に至るまでの幅広い知識・理解力を有し、様々な環境問題の解決や持続可能な地域づくりに貢献できる人材の養成を目指しています。そのため、次のような学生を求めています。

(1) 環境問題や環境共生型・循環型の地域づくり、地域環境と生物資源の保全・利用・管理に興味を持っている。
(2) それらの実現に向けて幅広い知識への関心や柔軟な思考力を身につけている。
(3) それらの実現に向けてチャレンジする意欲を有している。
(4) コミュニケーション力や表現力などの素養を有している。

地域での行動を通して地球環境を創造

現代では、輸送機関やインターネットが発達した反面、私たちが毎日生活を送っている、山村・農村・都市といった諸地域には、過疎化の問題、農林業の問題、人口の集中などといったさまざまな問題が山積しています。本学部はこれらの諸問題を解決するため、自然と人間が共生できる循環型社会の実現を目指して、専門的知識と技術を身につけます。

こんな学問が学べます。
  • 環境学
  • エネルギー・資源工学
  • 農学
  • 農業工学
  • 農業経済学
  • 林学・林産学
  • 農芸化学
  • 畜産学
  • 水産学
  • 生物学
  • 生物工学
  • 生物資源学
  • 生物生産学
  • 栄養学
  • 食物学

国際食料情報学部

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッション・ポリシー

国際食料情報学部は、人類共通の課題として提起された食料・農業・環境・エネルギー・経済成長・人口・情報などの諸問題を地球規模的視野で捉え、これらの問題解決のために取り組む人材を養成します。そのため、本学部では、次のような学生を求めています。

(1) 食料・農業分野を総合的に学ぶにあたり、基礎的学力と必要な知識を有している。
(2) 「農業」、「食料」、「環境」分野における「国際協力」、「技術」、「ビジネス」、「マーケティング」、「文化」、「教育」、「政策」などに関心を持ち、地域社会や国際社会で活躍する意欲を有している。
(3) 実験・実習・演習等に通じた学びに強い関心があり、多様な人々と協働して学ぶ姿勢を有している。
(4) ある事象に対して多面的かつ論理的に考察して、自分の考えをまとめ、適切に他者に伝えることができる。

食料と環境・ビジネスで国際社会にチャレンジ!

本学部は「日本と世界の食料・農業・農村問題の解決に向けて、国際的情報網の活用のもと総合的・実践的に挑戦する」をモットーとしています。人類共通の課題として提起されている食料・環境・エネルギー・経済成長・人口・情報などの各問題を地球規模の視野から幅広く学びます。

こんな学問が学べます。
  • 環境学
  • 農学
  • 農業工学
  • 農業経済学
  • 林学・林産学
  • 農芸化学
  • 畜産学
  • 水産学
  • 生物学
  • 生物工学
  • 生物資源学
  • 生物生産学
  • 栄養学
  • 食物学

生物産業学部

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

アドミッション・ポリシー

生物産業学部は、現代社会にとって不可欠な生物産業(生産-加工-流通・ビジネス)と自然環境の共生をテーマに、わが国有数の生物資源・自然資源を持つ北海道オホーツク地域という学びのフィールドと“冒険は最良の師である”という格言に基づく人間力の育成を重視した教育課程により、21世紀の持続的循環型社会に貢献できる人材を養成します。そのため、本学部では、次のような学生を求めています。

(1)フロンティア精神・チャレンジ精神を持ち、将来、地域や組織のリーダーとして社会に貢献したいという志を有している。
(2)生物産業(生産-加工-流通・ビジネス)およびこれらを統合した6次産業化を、実体験の中で学ぶことに強い関心がある。
(3)健全な人間関係の構築を可能にするコミュニケーション能力を有し、恊働して課題解決にあたることができる。
(4)生物産業学を学ぶにあたり、各学科が求める基礎的学力と必要な知識を修得している。

北の大地で感動し、体験し、学び、究めよう

豊かな大自然に囲まれた日本有数の畑作地帯オホーツクの大地で、生物生産・自然環境・生命を学びます。豊かな大自然を対象とした実体験教育、地域が持つ「農と自然の教育力」にもバックアップされながらの体験を広大なオホーツクのフィールドで学びます。生産・加工技術、自然環境保全手法、経営技法など実社会で即通用する高度技術を身に付けることができます。

こんな学問が学べます。
  • 環境学
  • 農学
  • 農業工学
  • 農業経済学
  • 林学・林産学
  • 農芸化学
  • 畜産学
  • 水産学
  • 生物学
  • 生物工学
  • 生物資源学
  • 生物生産学
  • 栄養学
  • 食物学