東京農業大学の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

東京農業大学

農学部

生命に触れ、育て、持続可能な社会の実現に貢献します。

農学部では、広範な動植物分野を研究・教育の対象としています。生命に触れ、生き物を育てるだけでなく、得られた知識を利用して地域・地球規模での環境保全や豊かな社会の実現に取り組みます。
2018年4月から農学部は大きく生まれ変わります。
植物や植物資源について学ぶ農学科、動物生命科学の追究と生産科学を学ぶ動物科学科(※2)、”生物多様性”をキーワードに生態系の解明や保全を学び、持続的社会する生物資源開発学科(※)、食と農の多面的機能の開発を通じて社会・地域・生活をデザインするデザイン農学科(※)と農学の広がりに対応した形に変わっていきます。
※2018年4月設置構想中/※2 2018年4月名称変更予定

農学部では緑豊かなキャンパスの中で、実際に体験を通して学ぶ”実学”をそれぞれの学科が連携しながら、動植物そのものや人間と動植物との関係を総合的に科学していきます。

農学を学ぶ 農学・水産学・生物

農作物の基本を理解し、農薬や肥料、環 境保全についても学びます。

農学部では、農作物の生産の基本を多角的に理解するための科目を多数用意しています。
1年次に行う「作物生産学」の授業では、農耕の起源と農耕文化の歴史、作物の分類や利用法・生産状況、気象要因と作物生産の関係、光合成などの講義を実施します。また水稲栽培を中心に播種から収穫までの一連の作業に関する技術を学びます。さらに耕地生態系の物質循環のための農薬や肥料の適切な使い方などを学び、生産と環境保全への理解も深めます。消費者のニーズにも対応するための基礎的な知識を身に付けます。

動物の生殖・発生のメカニズムを解明

動物科学科(※2)では、動物をミクロからマクロまで研究しています。
その中の家畜繁殖学研究室では家畜や家禽、マウスなどを対象として、生殖に関する研究を多岐にわたって行っています。生殖細胞や胚、それに由来する動物の産子の正常性に及ぼすストレスや加齢などの影響について、遺伝子やタンパク、内分泌、行動を対象に研究しています。また発生工学や生殖補助技術を応用して、絶滅危惧種などを含む動物の遺伝資源の保存や増殖に役立てる技術の開発をめざしています。本研究室の卒業生は一般企業だけでなく、農業関連企業、公務員、不妊治療クリニックなど、多分野で活躍しています。

生命科学部

遺伝子、分子、微生物を解明し、諸問題の解決に取り組みます。

生体内の化学反応により作られる生命の設計図ともいうべき遺伝子をもとにして、生命の仕組みを理解して、応用することで、私たちの生活をより豊かにする試みに時代のニーズが高まっています。
生命科学部では、最先端のバイオ技術を遺伝子、化学、微生物の視点で駆使し農学の枠を越え、医学や薬学、工学に至る分野への応用にチャレンジします。
生物の仕組みを調べ活用することで、食糧問題や環境問題、健康問題などに取り組んでいきます。

生物学を学ぶ 農学・水産学・生物

遺伝子の材料である”タンパク質”を学ぶ

人を含めた生物の設計図は遺伝子です。
我々が会話をしたり、生活していることも遺伝子が関係しています。その遺伝子を作っているのがタンパク質です。このタンパク質がどのような働きをし、どのような性質があるのかを日々研究しています。
生命科学部バイオサイエンス学科では、1・2年次はバイオの根幹となる化学と生物を中心に基礎から学習。遺伝子、そして、タンパク質分子が生体の中で働く仕組みを様々な視点から、じっくりと学びます。実験実習では、今後の研究活動の基礎となる、化学、微生物、植物、動物に関する基礎的技法を身につけます。2年次に行う「生化学実験」では、生体成分の精製や解析を学び、生体内物質の取り扱いを身につけます。さまざまな分野の生物学を学ぶ上でも基礎となる技術になります。

″ゲノム″を操作して作物の新たな育種改良を目指す

近年生命の設計図であるゲノムの情報が植物においても解明されてきており、生長、開花、耐病性、栄養吸収等に関わる遺伝子の解明やその生理的メカニズムも次第に明らかになってきています。バイオサイエンス学科植物分野 植物分子育種学研究室では、主に作物を対象として、最新のゲノム育種法に加えて分子生物学的手法を用いて遺伝子組み換え、ゲノム編集等の先端的なゲノム操作技術を組み合わせた育種システムを開発し、生産性、ストレス耐性等を飛躍的に高めた新しい作物開発に貢献することを目指しています。

生物産業学部

生物産業を学び、食料自給や環境保全などの課題解決に取り組みます。

私たちの生存に欠かせない生物産業を豊かな大自然に囲まれた日本有数の畑作地帯オホーツクの大地で学びます。
本学科では、生物産業を一つの流れと捉え、「生産」、「加工」、「流通」、「ビジネス」の各段階の産業活動を自然科学の視点から探求し、また社会経済的な視点から改善をめざしていきます。
近年、着目されている「農」の新たな展開として期待されている6次産業化・農商工連携に対応した教育・研究体系を組んでいます。
本学部では、食料自給や環境保全などの人類が共有する課題に興味を持ち、問題解決に意欲的にチャレンジし、生物産業の発展に参加することで社会に貢献する人材を育成しています。

生物資源学を学ぶ 農学・水産学・生物

広大なオホーツク地域で生物・環境関する研究を行います。

大規模な畑作や畜産が営まれているオホーツク地域で生物生産と環境に関するあらゆる研究を行っています。
1年次に行う「生物資源各論」では、人々の生活とのかかわりの深い多種多様な生物について、それぞれの生物学的および才物産業学的な特性を学びます。主にウシ・ブタ・ニワトリなどの家畜動物や、イネ・マメ・イモなど作物として植物を対象に、農業や畜産業のなかで各生物が果たしている役割を学びます。また日本と世界の生物の生産と需給の状況を比較しながら、生活環境における各生物のポジションを理解します。

自然環境保全の基礎と実践を広大なフィールドで学びます。

◆生物資源保全分野 生態系保全学研究室

オホーツク圏を含む北海道東部は、日本有数の農業生産拠点のひとつであると同時に、世界自然遺産「知床」や釧路湿原国立公園に代表されるような森林・湿原・海浜などの豊かな自然環境に恵まれています。
当研究室では、自然と共生した社会の実現をめざして、地域の様々な自然をフィールドとした生態系の保全・再生・管理に関する教育研究をおこないます。具体的には、野生動植物の種生態や個体群動態、生態系の物質循環など基礎的な生態学的研究に加え、対象種の種特性を踏まえた保全・再生策や持続的な生態系管理などに関する実践的な研究を地域の関係者と連携しておこなっています。