東京コミュニケーションアート専門学校(デザイン・マンガ・ゲーム・CG・アニメ・小説・イラスト・インテリア・自動車)の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専修学校(専門学校) / 東京都 認可 / 学校法人滋慶学園

東京コミュニケーションアート専門学校(デザイン・マンガ・ゲーム・CG・アニメ・小説・イラスト・インテリア・自動車)

マンガ&イラストワールド コミックイラスト専攻

アナログ、デジタルを駆使して魅力的なイラスト制作を習得する

コミックイラストというのは、「マンガ家が描くイラスト」のことを言います。
本専攻では、マンガとイラストの基礎力を身につけて、デビューやイラスト技術を活かした就職目指すためのカリキュラムとなっています。そのため、デッサンなどアナログ作業での技術から、コンピュータデザインといった、デジタル技術を身につける授業が用意されています。
また、このようにイラスト技術を学ぶことはもちろんのこと、イラストだけでなく、デザイン、ホームページ制作など、授業内容は多岐にわたって用意されているため、将来様々な業界で活躍できる技術を身につけることができます。
デビューを目指した作品制作を行う、クリエーティブワークや、デビューゼミなども用意しているので、プロとして活躍したいという学生にも手厚いサポートとなっています。

イラストレーターを学ぶ デザイン・芸術・写真

業界の第一線で活躍するクリエイターから学ぶ「業界特別ゼミ」

TCAで開講されている業界特別ゼミは、業界の最前線で活躍するトップクリエーターが直接指導する少人数制の授業です。トッププロを目指す人のために、ハイレベルな授業が受けられます。

本校副校長 篠崎先生による、「アドバンスド・グラフィック・ゼミナール」では、1年次にデザインの基礎やマナーを学び、ロゴマークを作成。2年次は実践的な課題に取り組んでいきます。3年次になると、就職活動にも活かせるようなポートフォリオ(作品集)にまとめていきます。
企画、デザイン、パッケージ制作、プレゼンなど、実際の企業を題材にして、仕事の流れをシミュレーションするので、リアルな設定は卒業後も現場で役に立つ経験です。プロの現場を想定したデザインスキルを身につけて、即戦力として活躍できるデザイナーの育成を目指します。

実際の仕事を経験する〝企業プロジェクト”

年間40社を超える企業と取り組む企業プロジェクト。
企業より直接課題をいただき、在学中から何度も実際の仕事を経験することができます。プロの仕事と同じ工程を経験する事により、業界で求められる人材に必要な「コンセプト力」「クリエーティブ力」「プレゼンテーション力」「コミュニケーション力」を磨いていきます。

企業プロジェクトは、企業から課題の目的や制作上の注意点などの説明を受ける「オリエンテーション
」、目的・目標を明確にし、制作の方向性を定める「コンセプトワーク」、企画書にもとづいて作品を制作し、中間審査、プレゼンテーションという流れで進んでいきます。審査に結果、最優秀作品は商品化させることもあります。

このような流れを経験することで、業界が求める「実践力・即戦力」を身につけます。