森ノ宮医療大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

森ノ宮医療大学

看護学科

関西最大級の「医療系総合大学」で、“看護師”をめざす

2022年、看護教育がさらに充実!西日本屈指の教育・研究体制へ

看護師は、医師の診察にもとづき、診療や治療の補助を行い、病気やケガなどで不自由な生活を送る患者さんに対して、看護を提供します。また、医師の補助だけでなく、高度化・専門化する医療体制のなかで、患者さんと医療スタッフ間のコミュニケーションを円滑にし、患者さんの相談や指導などといった心のケアも看護師の大切な仕事です。このため、看護の知識や技術だけでなく、患者さんの立場に寄りそった看護が期待されています。
2022年4月より、看護教育の専門性をより高めるために看護学科を看護学部*に、大学院においては「看護学専攻」に博士後期課程*を設置し、看護現場で教育研究能力を発揮できる人材の育成をめざします。さらに、博士前期課程には、西日本の私立大学で2番目となる高度実践看護師を育成する「NP養成課程*」を新たに設置する予定です。これにより、学部から大学院・助産学専攻科まで一貫した専門性の高い教育を実現します。
*仮称・構想中
【NPとは】医師の指示がなくても患者のQOL向上に必要な一定レベルの診断や治療を行う裁量を有し、特定行為を実践することができる看護師。

看護師国家試験の合格率、3年連続100%達成!

看護師になるための国家試験合格に向けて、各学年に応じた対策を行い、徹底的にサポートしています。具体的には、他の大学より一足早く1年次から専門の教員やチューターによる特別講義を行います。2年次からは模擬試験を実施し、ひとりひとりの学力の把握と弱点を洗い出し、強化するための学びを行います。4年次は、これまでの学びを充実させた学修サポートを行い、学生全員が合格できる対策を整えています。
その結果、看護師の国家試験合格率は3年連続100%を達成しました。(2017~2019年度実績/受験者数256名全員合格)
また、過去5年間の看護師国家試験合格率も99.3%(合格者数418名/受験者数421名/全国平均:89.5%)、保健師国家試験合格率も94.0%(合格者数47名/受験者数50名/全国平均:87.1%)と、長年にわたって高い合格率を誇っています。

こんな学問が学べます。
  • 看護学
  • 保健衛生学
こんな職種が目指せます。
  • 看護師
  • 助産師
  • 保健師
  • 養護教諭

臨床検査学科

関西最大級の「医療系総合大学」で、“臨床検査技師”をめざす

検査だけでなく複合的に疾患を判断できる『臨床検査技師』を養成!

臨床検査技師は、血液検査・尿検査・微生物検査などの検体検査、心電図・脳波測定などの生理機能検査により、診断の根拠や治療方針の指針となる患者さんの生体データを分析する検査のスペシャリストです。
本学科では「画像検査」と「遺伝子検査」に特化したカリキュラムを展開しています。疾患がもたらす身体への影響を目で見て確認する「画像診断」は、現代の医療には欠かせない要素です。そのため超音波(エコー)検査を中心として、臨床で使える検査の技術と、画像データを的確に読み取るスキルを磨くための科目を配置しています。心電図検査、MRIなどでも欠かせない画像診断方法を学び、複数の画像から疾患を判断することのできる臨床検査技師を養成します。
また、今後急速に重要性が増すであろう、遺伝子に関わる「がん診断検査」を学ぶことができる科目も用意しています。さらに画像データや血液検査データなど、複数の検査データから疾患や症状を推測する「リバースCPC」といった教育法を導入するなど、データを読み解く力を徹底的に鍛えます。一方でデータを適切に説明できる「コミュニケーション力」も養います。
ほかには、最先端の医療技術を学ぶ「遺伝子検査学実習」などの科目を設け、新しい視点を学ぶと同時に、医療の進歩に貢献できるような研究マインドを身につけることのできる環境です。

がん細胞を専門に検査する『細胞検査士』をめざせる!

細胞検査士とは、人間の身体をつくっている細胞を顕微鏡などで調べて、がん細胞を見つけ出す仕事です。がんの早期発見や診療に欠かせない「細胞診」という検査を専門的に行います。患者さんから採取した細胞をガラス板に置いて染色し、これを顕微鏡でのぞいて悪性細胞と良性細胞を区別していきます。その中にがん細胞があった場合は医師と一緒に診断をすることになります。細胞を見て、細かい違いを発見できなければ判定することができないので、高い集中力と鋭い観察力が求められます。また、チーム医療の一員として医師や看護師をはじめ、他の医療職と連携していくためにコミュニケーション力も必要です。
本学科では、2020年4月入学生より「細胞検査士」養成課程※の選択が可能になりました。スキルアップの選択肢の一つとして、めざすことができます。
実習室では、細胞診を行うための高度な顕微鏡を、学生一人に対して一台設置するなど、充実した環境で学ぶことができます。

※定員15名。3年次に選択(選考制)。ただし、2年次までに所定の科目の単位を修得することが必要。

こんな学問が学べます。
  • 医療技術学
  • 保健衛生学
こんな職種が目指せます。
  • 臨床検査技師
  • 細胞検査士