日本工業大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

日本工業大学

先進工学部・ロボティクス学科

人工知能やロボット技術など未来へつながる先駆的分野を学べます。

ロボット製作には機械工学、制御工学、電気工学、情報工学などの基礎的知識を習得した上で、さまざまな状況に対応するための要素技術を身につけていることが必要です。本学科では講義と実習の両面から、必要となる知識・技術を修得。産業分野から日常生活まで、あらゆる場面での活躍が見込まれるロボットの可能性を、先駆的な学びの中で探求していきます。
ハードウェア系の学びでは、機械製図や電気回路といったロボットを製作するためのハードウェア(物理的な構成要素)を学びます。
ソフトウェア系の学びでは、プログラミングやプロジェクト管理といったロボットを動かすためのシステムやプログラムの実行方法・制御手法について学びます。

機械工学を学ぶ 工学・建築

1年次からロボット作成に必要な各分野の基礎科目を学びます。

「ロボット工学演習」では、1年次からロボットの開発に必要な知識・技術を身につけるために、機器類の取り扱い方法や特性をはじめ、注意点について学びます。表計算ソフトを使用した画像処理の基礎やアナログ・デジタル回路の実験基板を作成することで身につけます。

また、高度なプログラミング技法が要求される人間型ロボットの動作教示を実機によって演習し、複雑なシステムの制御方法を学びます。
1・2年次には、ロボットの制御技術やプログラミング技術を実習を通して学びます。

実験によって得られた結果を的確に説明・考察し文章化できる論理的思考力と、図やグラフを用いた「見える化」できる想像力を身につけていきます。

日本の林業を活性化させる作業支援ロボットを開発し、現場で役立つ新たなテクノロジーを創造。

日本の山は、急斜面で複雑な形状をしているため、林業の機械化が欧米先進諸国に比べて遅れています。この課題を解決するために、現場の声を聞き、日本の林業に合った支援の形を工学的に考えた「森林作業支援ロボット」の開発を行っているのが先進工学部・ロボティクス学科・フィールドロボティクス研究室です。
研究は高所作業用の木登りロボットから、GPSを利用した安否確認用のネットワークシステムまで幅広く取り組んでいます。
研究室には3Dプリンターをはじめ、さまざまな工作機械が揃っており、思いついたらすぐに手を動かして製作作業が出来る環境が整っています。機械工学、電子工学、情報工学など幅広い知識を駆使した課題解決の経験はあらゆる分野で応用が可能であり、現場で役立つ新たなテクノロジーの創造に取り組んでいます。