日本工業大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

日本工業大学

基幹工学部 機械工学科

工学の基盤となる機械工学の「伝統」と「最先端」を学ぶ

確かな基礎技術と優れた柔軟性で、これまで世界になかったものを創る

機械工学科では基礎となる知識と能力を大切にし、最先端の知識・技術や考え方を学びながら、科学技術のハード面を支える確かな基礎能力と優れた柔軟性を兼ね備えたエンジニアを育成します。機械工学の基本となる3つの分野(「デザイン・設計」「エネルギー・制御」「生産技術」)には過去から受け継がれてきたものづくりの知識と技術が集約されています。
まず1つ目の分野は「デザイン・設計」。
製品を生み出すための工業デザインの知識を学び、提案力を身につけるとともに、製品を実現させるための機構開発や構造解析およびCAD/CAM/CAEを用いた設計手法を学びます。開発の現場で求められる実践的な能力を持った人材を育成します。
2つ目の分野は「エネルギー・制御」。
エンジンなどの動力関連機器の高効率化、風力発電などの自然エネルギーの有効利用に貢献する技術を身につけるために、流体や熱に関連する応用技術を学びます。また、機械の機構・制御・計測の知識を修得し、ロボットや加工装置の高機能化に寄与できる人材を育成します。
3つ目の分野は「生産技術」。
材料および加工方法について学び生産技術に関する実践的な知識と技能を修得します。さらにこれらをもとに新材料や新たな加工方法を開発するための能力を育てることで、工業製品の高精度化・高品質化および低コスト化に貢献できる人材を育成します。

幅広い将来性

基礎能力と柔軟性を身につける!

「機械」といってもその分野は設計から製造まで多様です。基礎能力と柔軟性を重視する学びが、卒業後の可能性を大きく広げます。
まずは講義と実験・実習を並行して学修し理解を深めていきます。多彩な実験・実習は、興味・関心を広げる大きなきっかけとなるはずです。豊富な演習とアクティブラーニングを取り入れた科目を用意。グループでの活動や企画から製作まで一貫して取り組む実習など、エンジニアにとって大切な協調性や積極性を高める授業スタイルを取り入れています。
機械工作実習では、機械設計を行うには不可欠な加工技術の知識を、実際に加工や測定を体験することで実践的に学びます。また研究分野ゼミでは、配属された研究室で高度な研究を行うため、研究室ごとに専門知識や技術の学習を深く学びます。工業デザインでは、実用だけではない、美しいデザインをいかに生み出すかを専門的に学びます。

【主な将来の進路】
大学院進学、自動車産業、鉄道事業、工作機械産業、建設機械産業、精密機械産業、プラントエンジニアリング、医療機器産業、計測機器産業、金属素材産業、公務員、教員など。

【目指せる資格】
技術士、機械設計技術者、CAD 利用技術者、一般計量士、国家技能検定試験、高等学校教諭一種免許(工業)、中学校教諭一種免許(技術、数学)。

こんな学問が学べます。
  • 機械工学
こんな職種が目指せます。
  • インダストリアルデザイナー

基幹工学部 電気電子通信工学科

社会を支える動力設備から情報機器、人をつなぐ情報通信を学ぶ

産業構造の変化や技術革新に対応できる柔軟な技術力を持ったエンジニアを育成

電気電子通信工学科では「電気情報」「電子情報通信」の2系統の学びを中心に、幅広く取り組むことで、基幹技術を身につけたエンジニアを育成します。計測技術やプログラミング技術など、実験・実習を通してエンジニアに必要不可欠な技術を身につけます。
基礎的な知識と技術を重視し、電気電子通信に関わる幅広い分野で活躍できる技術力を習得します。さらには新たな価値を有した技術を創発できる素養も培います。
社会を支える動力設備からスマート情報機器、そして人をつなぐ情報通信を学びます。インターネットや携帯電話の誕生は世の中を大きく変え、スマートフォンはいまや私達の生活に欠かせないものとなりました。ワイヤレスネットワークの授業では、無線LANや携帯電話等の無線通信の仕組みや特性評価について学びます。モバイルネットワークやIoT等の次世代技術の理解が深まります。
こうした情報機器の中身や信号の送受信、それらを動作させるための電気などのすべてが電気電子通信工学科の学びの対象となります。あらゆる産業で求められる知識を修得し、実践的な技術を身につけ、卒業後、現場で活躍できるエンジニアとなるために必要不可欠な力を4年間で修得します。
自動車や家電製品など関係するフィールドは多種多様。人々の生活の土台を支える分野で活躍できる知識と技術を修得することができます。

人々の生活や社会インフラを支える

人と人、あるいは人と装置をつなげる

電気電子通信工学科には16の研究室があります。電気分野では、「強電」と呼ばれ、電気電子通信工学の中で、高電圧や大電流を扱う分野です。強電特有の理論とともに、「電気電子通信工学実験Ⅲa,Ⅳa」で強電を扱う際の安全面も含めて実践的に学修します。社会インフラを支える、電気設備などに興味のある学生オススメの分野です。
電子分野では、「弱電」と呼ばれ、電気電子通信工学の中で低電圧や低電流を扱う分野です。電子部品や半導体を扱う電子材料も重要なテーマです。私達の身近な所にあり、エレクトロニクス社会を具現化する、電化製品や電気電子材料など、将来携わって行きたい学生は必見の分野です。
通信分野では、携帯電話が無くては人と人のコミュニケーションが成り立たない現在において、無線通信や情報ネットワークなどの通信技術は、情報を伝達する手段として必要不可欠です。電気電子通信工学で学ぶ通信とは、人と人、あるいは人と装置を結びつける分野です。
電気情報系と電子情報通信系に共通する情報分野についてです。情報系は、電子制御やディジタル信号処理に直結しており、情報工学に興味をもつ学生だけでなく、電気電子通信のすべての分野に深く関係しています。私達の日々の生活や社会インフラを支える電子装置と、人との間を快適につなぐ分野です。

【将来の進路】
電力・電気設備設計、電力・電気設備管理、電力発電、電気事業者、電気自動車設計、電子回路設計、電子部品設計、電子デバイス設計、計測器設計、非破壊検査技術者、生産管理、通信機器設計者、通信システム設計者、ネットワークエンジニア、無線通信士、通信設備保守管理、システムエンジニア、カスタマーエンジニア、アプリケーションエンジニア、中学校・高等学校教員など。

【めざす資格】
電気主任技術者、電気工事施工管理技士、エネルギー管理士、電気通信主任技術者、ガンマ線/エックス線作業主任者、電気通信工事担任者、無線従事者、ネットワークスペシャリスト、情報処理技術者、基本情報技術者、応用情報技術者、ITパスポート、高等学校教諭一種免許(工業)、中学校教諭一種免許(技術・数学)。

こんな学問が学べます。
  • 電気工学
こんな職種が目指せます。
  • 電気工事士
  • 通信技術者

基幹工学部 応用化学科

化学+科学全般の知識をベースにスマートなものづくりを学ぶ

最先端の研究を通じて実践的能力を育成

本学科は、化学以外にも物理や生物や材料プロセスなどの専門家が集まった学科です。ここでは、最先端の研究に取り組むことで、化学関連産業に携わる人材に必要とされる豊かな基礎知識だけでなく、実践的な知識と経験も身につけることができます。
生活のあらゆる場面に関わる化学分野では、時代ごとのニーズや課題に向き合う必要があります。本学科ではそんな時代の変化に対応できる、柔軟な人材育成を重視します。
これまでにない新たな物質の合成や製造など、化学には私達の生活を大きく変える可能性が秘められています。ただしそれを実現するためには化学だけでなく、科学全般に対する幅広い知識が必要です。
カリキュラムには軸となる化学分野に加え、物理や生物など科学全般に関する科目も設置。卒業後に活きてくる基礎知識を学んでいきます。
化学物質は約100種類の元素からつくられますが、各元素の組み合わせは無限にあります。人類の繁栄や地球環境の保全・改善に役立つ機能をもつ新しい物質をデザインし、創出するとともに、それらを実用的なデバイスへと応用することをめざします。
卒業研究では教員とともに最先端の研究に取り組みます。研究者やエンジニアとしての素養が磨かれるこのプロセスを通して、実践的な知識と経験を身につけていきます。

広い視野と柔軟な適応能力を身につける!

2019年秋、「応用化学棟」竣工予定!

本学科では、化学関連産業で活躍できる実践力と創造力を持ったエンジニアを育成するために、共通科目と専門科目がバランスよく配置されたカリキュラムを用意しています。
化学以外にも物理や生物などさまざまな分野を学び、化学関連産業に関わる人材に必要な豊かな基礎知識を修得します。さらに最先端の研究にも取り組むことで、実践的な知識と経験を身につけていきます。
近年の科学技術の目覚ましい発展を支える化学関連産業において、わが国は世界をリードしています。応用化学科では、医薬品・食品から半導体や次世代エネルギー素材まで、卒業生が広く産業界で活躍できるよう、化学を基盤とした自然科学・工学に関する豊富な知識と経験を備え、産業や技術の変化を敏感に察知できる広い視野と迅速に対応できる柔軟な適応能力、ならびに生涯学び続ける高い意識を持つ研究者・技術者を養成します。
2019年秋には、「応用化学棟」が竣工予定。応用化学科の学びの環境が、ますます充実します。

【将来の進路】
大学院進学、化学関連製造業、製薬・薬品関連製造業、医療機器関連製造業、電子部品・デバイス関連製造業、精密機器・光学部品製造業、金属製品関連製造業、公務員、教員など。

【めざす資格】
毒物劇物取扱責任者、甲種危険物取扱者(受験資格)、火薬類製造保安責任者(一部科目免除)、技術士(一次試験 共通科目免除)、放射線取扱主任者、高圧ガス製造保安責任者、公害防止管理者、環境計量士、上級バイオ技術者、高等学校教諭一種免許(工業)。

こんな学問が学べます。
  • 応用化学
こんな職種が目指せます。
  • 化学系研究・技術者
  • バイオ技術者

先進工学部 ロボティクス学科

人口知能やロボット技術など、未来へつながる先駆的分野を学ぶ

ロボットの技術革新とさらなる発展をめざす

本学科では講義と実習の両面から、必要となる知識・技術を修得。産業分野から日常生活まで、あらゆる場面での活躍が見込まれるロボットの可能性を、先駆的な学びの中で探求していきます。
機械工学、制御工学、電気工学、情報工学など幅広い工学分野を学修します。それらをロボットに統合するための技術もあわせて身につけます。
ロボットとは多様な工学技術をひとつの形に統合したもの。その製作には機械工学、制御工学、電気工学、情報工学などの基礎的知識を修得したうえで、さまざまな状況に対応するための要素技術を身につけていることが必要です。横断的に多分野の知識・技術を学びます。
授業では実際に手を動かすことで、講義で学んだ知識への理解を深め、実践的な技術を身につけます。実験・実習を中心としたカリキュラムで、知的好奇心を刺激し、興味を持って学べる環境を重視しています。
機械製図や設計、電気回路といったロボットを製作するためのハードウェア(物理的な構成要素)について学びます。演習・実験と並行して講義を受けることで機構や材料、電子部品等の具体的な利用方法を学びロボットなどの設計・開発ができるようになります。
あらゆる工学分野を修得することで、ロボット分野だけでなく、その他の製造業やシステム関連分野など、将来の進路は多様に広がります。幅広い分野で活躍できる能力を修得していきます。

横断的に多分野の知識・技術を学ぶ

人類を幸せにする新しい技術!

ロボティクス学科では、様々な人々が協働でイノベーションを生む必要がある現在の産業において必要とされている、自分の工学の専門性と自分以外の人が持っている他の複数の工学の専門性を組み替えて活用し、人類を幸せにする新しい技術を提案・実現できるクロスリンク型の技術者を育成します。
機械工学・電気電子工学・情報工学・制御工学の4分野に関する広い基礎技術を生産現場で広く用いられている制御装置から最先端のロボットまで、多くの実機を用いた実験・実習科目と、これらに関係する講義科目とを有機的に組み合せた先進的教育システムにより修得させます。
さらに、ロボットは多くの技術の複合技術であることから、卒業研究を一つの研究室に閉じて行うのではなく、他研究室と交流しながら進めていくことで「コミュニケーション能力」や「マネジメント能力」のような様々な職種に対応できるクロスリンク型技術者に必要な素養を育成します。

【将来の進路】
製造業の中で加工や組立を行うような機械系・電気系メーカーを中心に設計開発などを行う会社への就職が期待できます。また、情報系企業だけでなく、情報技術を必要としている製造業やサービス業など、幅広い分野の企業への就職が期待できます。

【めざす資格】
機械設計技術者、CAD利用技術者、電気工事士、電気主任技術者、ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者、高等学校教諭第一種免許(工業)、中学校教諭第一種免許(技術)その他、機械系電気系の資格取得をめざせます。

こんな学問が学べます。
  • 機械工学
こんな職種が目指せます。
  • ロボット設計技術者

先進工学部 情報メディア工学科

超スマート社会を形づくる最新の技術・表現技法を学ぶ

情報メディアを活用して、世界に新たな価値を生み出す

本学科は、高度に発達し、目まぐるしく変化する現代の情報化社会で活躍できる高度技能技術者を育成します。もはや生活の一部となったスマートフォンやインターネットをはじめ、情報技術は世界の在り方と、私達の生活を大きく変えました。情報メディア工学は現代の工学技術に欠かせないものであり、その活用方法は現在進行形で拡大しています。本学科では情報工学の知識だけでなく、自ら情報発信を行うためのメディア表現技法も学習。世界に新しい価値を創造することができる、次世代のエンジニアを育成していきます。
社会変化への感度を高め、未来を予測するための感性を養います。さらに次世代のメディアをデザインし、社会へ発信する能力を培います。課題を解決するためのシステムをチームで実際に構築します。そのプロセスを通して将来的に活用できる実践的問題解決能力を身につけます。
プログラミングでは、社会で幅広く利用されているC言語を学びます。プログラミング初心者の学生に対しては、丁寧に基礎から指導していきます。メディアデザインプロジェクトでは、1~2学年に習得したプログラム言語を実践的に使いこなします。プロジェクトの企画からアウトプットまで学生が主体となって取り組みます。情報ボランティアでは、地域の学校や施設で、情報活用支援やシステム開発にボランティアとして関わります。知識を活かしつつ、問題解決能力向上を図ります。

将来の進路にあわせて科目を履修

変化する情報化社会にこたえる!

本学科では、情報化社会の要求に応え得る、実践的な技能を有する高度技能技術者の育成をめざします。さらに情報工学の知識だけでなく、自ら情報発信を行うためのメディア表現技法も身につけた次世代のエンジニアを育てます。「ソフトウェアデザイン系」「メディアデザイン系」「ビジネスシステム系」の3系統を設置し、将来の進路にあわせて科目を履修できます。
ソフトウェアデザインでは、「想像したことを実際に創造することができる開発力」を身につけます。論理的思考に基づくプログラミング能力およびソフトウェアの設計・開発能力を育成することを目的とします。
メディアデザインでは、「人と人、人とできごとをつなげ効果的にメッセージを伝えることができる対話力」を身につけます。メディア情報システムの設計・開発能力およびメディアコンテンツ制作能力を育成することを目的とします。
ビジネスシステムでは、「微細な社会変化をとらえ、情報を選別しながら潜在的なニーズを捉えられる分析力」を身につけます。情報システムの構築能力およびビジネスシステムの企画・評価・マネジメント能力を育成することを目的とします。

【将来の進路】
映像制作、メディア開発、システム開発、技術サービス(保守・点検など)、システムインテグレイションなどを中心とする情報産業全般。IoT、M2Mなどの先進技術を用いた製造業、物流業など。中学校・高等学校教員。大学院進学など。

【目指す資格】
ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者、データベーススペシャリスト、ネットワークスペシャリスト、情報セキュリティスペシャリスト、情報セキュリティマネジメント、高等学校教諭一種免許(工業)、中学校教諭一種免許(技術)。

こんな学問が学べます。
  • 情報学
こんな職種が目指せます。
  • ITコーディネータ
  • 電子・電気系研究・技術者

建築学部

建築学科・建築コース

技術とデザインの融合による100年後を見据えた建築について学ぶ

建築コースでは、建築デザインとエンジニアリングの両側面から、実践的なものづくりと理論を同時に修得。ただ建物をつくるだけではなく、遠い未来の人々の暮らしまでもイメージしながらまちづくり・地域づくりに取り組める建築家・建築技術者を育成します。これからの「建築」に求められるものは何か。快適な生活や賑やかな地域、魅力的で安全に過ごせる空間など、そこにはたくさんの要素が秘められています。デザイン、設計から構造、環境、歴史まで幅広く学びます。建築物に関わるあらゆる分野に取り組み、卒業後に活きる基礎力と、自ら考えて行動する力を培います。
学外とのコラボレーションや共同研究、設計コンペへの出展、学内外での研究発表などを通して、学生自身が自ら考えて行動する自主性と積極性を身につけていきます。また、一級建築士の資格取得をめざすことのできるカリキュラムを設定しています。大学で指定科目の単位を修得し、卒業後2年以上の実務を経ることで受験が可能となります。

【将来の進路】
建築工事業を中心として、設備工事業、建築設計業が主な就職先ですが、住宅メーカーや建材メーカー、不動産業などの建築関連産業分野にも幅広く就職しています。

【目指す資格】
一級建築士(指定科目の単位を修得し、卒業後2年以上の実務を経て受験可能)、二級建築士・木造建築士(指定科目の単位を修得し、卒業後直ちに受験可能)、1級建築施工管理技士(卒業後3年以上の実務を経て受験可能)、建築積算士、建築積算士補(指定科目の単位を修得し、在学中に受験可能)、1級インテリア設計士(卒業後1年以上の実務を経て受験可能)、インテリアプランナー(在学中に受験可能)、高等学校教諭一種免許(工業)、中学校教諭一種免許(技術・数学)。

建築学科・生活環境デザインコース

人の心の「豊かさ」を育む室内空間や住環境について学ぶ

生活環境デザインコースでは、建築学をベースに住居・公共空間・店舗・福祉施設などさまざまな場所における生活空間づくりの技術と知識を培います。子どもから高齢者まで、多様なユーザーの多様な用途をイメージしながら、人の心の「豊かさ」につながる空間づくりのエキスパートを目指します。人々の暮らしをイメージするには、社会や文化を理解し、人を理解する力が必要です。現場での体験やコミュニケ—ションを通して、広い視野と想像する力を養います。実習を通してアイデアを形にする力を修得。アイデアを発案するだけでなく、課題を形にするだけでもない。設計製図や家具製作を通して、ゼロからアイデアを発案し、自らの手で実際に形にするスキルを修得します。
住空間デザイン分野では、インテリアデザインのセンスと建築の技術を併せ持ち、住宅の設計や身の回りの室内空間をトータルコーディネートできるデザイナーを養成します。建築の基礎知識を身につけたうえで、優れた建築の空間体験や家具を実際に制作するといったものづくり体験も重視します。

【将来の進路】
建築設計者(住宅・店舗・福祉施設設計など)、インテリアデザイナー、住宅設備機器の製品開発者、施工管理者、建築行政公務員・教員など。

【目指す資格】
一級建築士(指定科目の単位を修得し、卒業後2年以上の実務を経て受験可能)、二級建築士・木造建築士(指定科目の単位を修得し、卒業後直ちに受験可能)、1級建築施工管理技士(卒業後3年以上の実務を経て受験可能)、1級インテリア設計士(卒業後1年以上の実務を経て受験可能)、インテリアプランナー(在学中に受験可能)、インテリアコーディネーター(在学中に受験可能)、2級福祉住環境コーディネーター(在学中に受験可能)、マンションリフォームマネジャー(在学中に受験可能)、高等学校教諭一種免許(工業)、中学校教諭一種免許(技術・数学)。

こんな学問が学べます。
  • 建築学・意匠
こんな職種が目指せます。
  • 建築士