東京工科大学

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

東京工科大学

「実学主義」の教育・研究を推進する理工系総合大学。

東京工科大学は「実学主義」を掲げ、開学以来、常に社会のニーズを読んだ先端分野を学べる環境を整備してきました。実学ではなく「実学主義」としているのは、先端の知識を養うのはもちろんのこと、著しく変化していく社会に対応するために欠かせない国際的な教養や、豊かな人間性の養成を重視しているため。教養教育においては専属の教育組織である教養学環を設置し、充実したリベラルアーツを修得できる環境を整備。また、これらの教育を実現するにふさわしい充実した施設・設備群を各キャンパスに備えるほか、研究面では各学部において先進的なテーマに取り組み、よりハイレベルな内容に取り組める環境を整えた大学院も設置しています。

こうした環境下において、専門分野の知識とともに、時代や技術の変革に対応しながら力を発揮できる適応力を備え、先端分野で末永く活躍し続けられる人材を育成しています。

トピックス

2019.03.01 受験生情報サイト【工科大ナビ】

各学部・学科の紹介からキャンパス紹介、在学生インタビューまで動画で知ることができる受験生情報サイト”工科大ナビ”を公開しました。
学びの詳しい内容から在学生の生の声まで、よりリアルな工科大を知ることができます。

詳しくはコチラから。
★受験生情報サイト 工科大ナビ★
工科大ナビ(https://jyuken.teu.ac.jp/)

2019.03.01 全学で人工知能(AI)研究に取り組んでいます

東京工科大学では、理念にもある「先端的研究を介した教育とその研究成果の社会還元」にも合致する画期的な取り組みとして、全学部が参加する「人工知能(AI)研究会」を起ち上げました。この研究会では学部横断の分科会を設け、それぞれの特色を生かした研究を行い、得られた成果は教育へと還元していきます。

詳細につきましては、下記をご覧ください。
人工知能(AI)研究会(https://www.teu.ac.jp/ai/)

2019.03.01 工科大で学ぶ女子学生を特集【工科女子】

東京工科大学の学生、教員、卒業生の女子が大集合!
東京工科大学で見たこと、学んだこと、感じたことを、
女子力溢れる工科女子たちが、女性ならではの着眼点で紹介。
彼女たちのリアルトークインタビューを掲載しています。

★工科女子特集★
工科女子(https://www.teu.ac.jp/ap_page/koukajoshi/)

主な就職先・キャリアサポート

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2018年3月卒業生実績

ソフトバンク | NTT東日本 | JR東日本 | コナミデジタルエンタテインメント | サイバーエージェント | 明治安田生命保険 | 紀文食品 | ノエビア | 資生堂ジャパン | レベルファイブ | サンライズ | ロボット | ぐるなび | 東京メトロ | 大和証券 | アキレス | 大東建託 | アイダ設計 | 日本電設工業 | 関電工 | 横浜市東部病院 | 東京都立墨東病院 | 慶應義塾大学病院 | 虎の門病院 | 警視庁 …など

キャリアサポート

就職情報やインターンシップの機会を提供する就職サポートの拠点「キャリアサポートセンター」。キャリアサポートセンターでは、企業の人事担当者を招いての業界研究や講演会、就職模擬試験などの就職関連セミナーを主催しています。もちろん模擬面接やエントリーシートの添削といった学生個別の指導も実施。さらに進路選択・就職に直結するキャリア形成科目や資格支援対策なども行います。センターの専属スタッフのほか、就職専任の特任講師、特定の業界に精通したアドバイザーといったスペシャリストから多角的にアドバイスをもらえる体制も整えています。
加えて、東京工科大学では、入学直後から社会人基礎力を育成する「実践型キャリア教育」を展開。アクティブラーニングや到達度のチェックにより、将来を見据えながら計画的に社会人基礎力を養っていきます。

各種制度

東京工科大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

教養教育専属の組織「教養学環」

先端技術が日々進化を遂げている時代や、グローバル化の時代には、さまざまな問題に直面し、それを乗り越えていく力が求められます。東京工科大学は、こうした認識のもとに、教養を育む専属の教育組織である『教養学環』を設置しています。ここでは、学生が主体的に学ぶアクティブラーニングやPBL(問題解決型授業)などを特色に、社会人として欠かせない、そして本学卒業生としてふさわしい国際的な教養の修得と人間形成をめざします。これにより、物事を多角的に分析する知性、本質を捉える能力を培い、のちの専門教育や研究をより充実させることにつなげます。

◆コーオプ教育(Cooperative education)

約2か月間に及ぶ有給の就業経験をカリキュラムに組み込んだ教育プログラム。大学と企業が共同で実習プログラムを設定し、授業で学んだ知識・技術が社会でどのように適用できるか、活用方法や課題を発見し、その後の大学で学ぶ意義や就業力の強化を図ります。「実学主義」のもと、より実践的な学修の場として、工学部の必修科目で実施しています。

◆八王子キャンパス

約38万㎡を誇る緑豊かな広大な敷地に、未来的フォルムの片柳研究所を中心とする研究・学習施設、ホール、スポーツ施設などを有機的に配置。
モーションキャプチャリングシステムを導入している世界最大級のDMCスタジオには、専用カメラが360度に設置され、演技者の動きを忠実にコンピュータ上に再現することが可能。これをはじめ、時代のニーズに応える施設が充実しています。

◆片柳研究所(八王子キャンパス)

先端研究領域に関わる施設で、その特長は、我が国にとって重要性の高い先進技術や社会のニーズに直結する有用な研究を、世界最高水準の設備を活用して産官学の連携により進めていくことにあります。
ほかにも、学生生活や授業・研究に活用されるクラウドシステムを運用するクラウドサービスセンターや、視聴覚ホール、最新鋭のバイオ研究設備が整うバイオナノテクセンターなどもあり、日々、研究・学修に活用されています。

◆蒲田キャンパス

JR・東急「蒲田」駅から徒歩2分に立地する蒲田キャンパス。地上20階の3号館を中心に、デザインと医療を学ぶ充実した施設を配備しています。約550名のキャパシティを誇るホールや、高解像度・高輝度プロジェクターを備えたプレゼンテーションルームを設置。また、実際の医療現場と遜色ない設備で演習ができる実習室も用意しています。

◆奨学金制度等

2019年度実績
◇奨学生入試
合格者(全学部学科合計103名)に、返還不要の年額130万円の奨学金を最長4年間支給する奨学生入試を実施。2学科併願可能で、併願の際の追加の検定料は不要。奨学生合格者に加えて、一般入試免除合格者も発表します。
◇表彰制度
学生の努力や創意工夫、大学への貢献を評価することを目的として、表彰制度を設けています。表彰学生には、授業料の一部を免除することを目的として、表彰の種類に応じた所定の奨学金を支給します。
◇東京工科大学同窓会奨学金
経済的に困難な在学生に100,000円支給します。
◇卒業生、在校生のご子息等入学金免除制度
東京工科大学、日本工学院専門学校など、学校法人片柳学園の卒業生または在校生のご子息、令嬢、令孫、ご兄弟姉妹が東京工科大学の学部に入学される場合、その際の入学金が免除となります。免除額は一律25万円です。
◇学費サポートプラン
大学提携のクレジット会社を利用できる制度です。利用者はクレジット会社に分割納付が可能となっており、大学への納付金や寮費の支払いはクレジット会社が立て替えます。

◆学修支援センター

「もっと基礎を固めたい」「より高度なレベルにチャレンジしたい」「高校で習っていない内容があって不安…」「不得意科目について誰に相談したらいいかわからない」。こうした学生の声に応えるために設置されているのが「学修支援センター」です。センター内には、数学や英語、理科などの指導歴を持つ教員が常駐。学生は自分の好きな時間にセンターを訪ねて、納得いくまで個別の指導・アドバイスを受けることが可能です。また、プログラミングの指導については大学院生が親身に対応。このような学修支援サービスを通じて在学生の基礎学力強化を図るとともに、入学前に修得しておくべき内容を固める入学前準備教育なども実施しています。
※実施内容の詳細はキャンパスにより異なります。

◆学生会館[寮](八王子キャンパス)

八王子キャンパスの最寄駅であるJR横浜線「八王子みなみ野」駅のすぐそばに、学生会館(寮)があります。
八王子キャンパスへはスクールバスで約5分と、通学にとても便利。ビッグスケールな建物の中は、プライベート面・学習面に配慮した部屋を用意。
全部屋個室となっており、家具も完備。食事もついており、食堂で好きなメニューを選ぶことができます。また、カードキーと常駐の管理人により、セキュリティも万全です。

学校No.353更新日: 2019.04.23

東京工科大学ページ上部へ