東京教育専門学校の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専修学校(専門学校) / 東京都 認可 / 学校法人和田実学園

東京教育専門学校

幼稚園教諭・ 保育士養成科

卒業時に5つの免許や資格を取得できます

幼稚園教諭・保育士養成科では、心身両面から子供たちの健全な育成を支えられる人材を育成するために、高度な専門知識や技術を身につけられるカリキュラムを組んでいます。学生の学びを支える講師は保育現場での豊富な経験を持つベテラン勢。学生の自主性を尊重しながら、自己開発をサポートしていくため、学生は知識や技術を習得するだけでなく、人間として成長を実感できるのも大きな特徴です。また、卒業と同時に「幼稚園教諭2種免許」、「保育士資格」、「救急・蘇生法適任証」、「レクリエーション・インストラクター」、「乳幼児健康体育指導士」の5つの免許と資格が取得を目指せます。特に幼稚園教諭と保育士のダブルライセンスの取得は、就職にも有利になります。

実践を重視した充実のカリキュラム

本校のカリキュラムは、「講義」「実技・演習」「教育・保育実習」の3つの授業形式から構成されています。
「講義」では、幼稚園教諭・保育士になるために必要な理論や知識を身に付けます。時には、模擬体験を行ったり、学生同士でディスカッションを行い、考えながら学んでいきます。聴くだけではない能動的な講義は、自分で考える力も同時に養ってくれます。
「実技・演習」は、音楽・体育・造形など実践や体験をともなったいろいろな科目の授業を通して、保育者になるための実技や技術を学びます。自宅での練習や学校外での体験学習もあり、授業を受ければ受けるほど経験が積まれ成果を得ることができます。「教育・保育実習」は実際の幼稚園や保育園や児童福祉施設で実習を行います。1年次の11月の教育実習から始まり、2年間で5回の実習をそれぞれ2週間行い、現場感覚を養います。この実習では、学校で学んだ知識や技術を活かすだけでなく、社会人としての基本的な態度などを学ぶ場でもあります。こうした実習を重ねることが学生の自信に繋がり、即戦力として胸を張って社会に出ることができるようになります。

こんな職種が目指せます。
  • 保育士
  • 幼稚園教諭