東京国際大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

東京国際大学

言語コミュニケーション学部 英語コミュニケーション学科

コミュニケーション能力とスキルを磨いて、国際社会にはばたく

グローバル社会を生き抜くツールとして求められる語学力。英語コミュニケーション学科ではネイティブ教員による「1クラス=10名程度」の対話型授業をアメリカの語学教育で広く実践されている「1科目=60分×週3回」で行います。高い集中力を維持しながら効率よく学ぶことで、英語力を問題解決や情報発信が行えるレベルまで向上させます。
87ヵ国(地域)約1,300名の留学生が学ぶキャンパスでは日常的に外国語や多文化とふれることができ、豊かな国際感覚が育まれます。特に英語オンリーのEnglish PLAZAでは海外留学と同じように英語や異文化に接することができるだけでなく、ネイティブ教員による英会話のレッスンや英語学習のアドバイスを受けることもできます。
また、ASP(姉妹校ウィラメット大学への1年間の留学プログラム)をはじめとする多彩な留学プログラムを展開しているので、個人の実力と目的に応じて留学先や期間を選択することができます。留学プログラムの中で上級編に位置づけられている長期留学では、現地学生と同じ条件で本格的に学びます(1~2年間)。ウィラメット大学、南オレゴン大学ではダブルディグリー(東京国際大学と留学先大学の学位)協定により、4年半~5年間で日米両大学の卒業(学位取得)が可能です。

国際ビジネスの即戦力を目指す上級コース

2020年「グローバルビジネスコース」がスタート。英語力を鍛え上げる英語コミュニケーション学科のカリキュラムに、海外留学、海外インターンシップ、英語で学ぶビジネス科目等を組み込んでいます。授業は学生が能動的に学ぶ「アクティブラーニング」や問題解決型学習「PBL(Problem Based Learning)」を柱とし、①ビジネススキル、②英語、③英語以外の言語、④情報通信技術「ICT(Information and Communication Technology)」を修得した、即戦力となるビジネスパーソンを養成します。
同コースは全員が特待生。一定の条件を満たせば最大で「入学金+4年間の学費+長期留学学費」が免除されます。

こんな学問が学べます。
  • 語学(外国語)
  • 国際関係学
  • 国際文化学
  • 教員養成