東京国際大学

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

東京国際大学

充実した英語教育と多彩な留学プログラム、「人間力」を形成するスポーツ教育

東京国際大学の建学の精神は、公徳心を備えた「真の国際人の養成」です。
未来に向かって「大志(Vision)」を掲げ、大胆に行動する「勇気(Courage)」を持ち、「知性(Intelligence)」を磨く。私たちが育むのは、自国の社会や文化を大切にしながらグローバルな視点で考え、世界で活躍できる人材です。

トピックス

2017.03.01 アメリカ直輸入の英語教育(GTI)

40名を超えるネイティブ教員らで英語教育組織 Global Teaching Institute を編成。アメリカの語学教育の手法を取り入れた1クラス10名程度の少人数対話型授業を、「1科目60分×週3回」で実施。授業時間を短縮し高い集中力で学ぶことで、効率よく確実に英語力をアップさせ、国際人に必要なコミュニケーション能力を養います。

2017.03.01 アメリカンスタディーズ・プログラム(ASP)

姉妹校ウィラメット大学(オレゴン州)の一員として学ぶ、約1年間のプログラムです。ウィラメット大学のルームメイトと寮生活をしながら、英語とリベラルアーツを学び、クラブ活動、ボランティア活動、地域との交流活動などを通じて、実践的な英語を学びながらキャンパスライフを満喫します。規定の単位数を修得すると帰国後はそのまま上級年次へと進級し、4年間で卒業できます。

2017.03.01 世界の留学生とともに学ぶ(E-Track)

英語による講義のみで卒業できる英語学位プログラム「English Track Program(E-Track)」を開講。一般の学生も入学後に英語力をつけてから一部の科目を E-Track で受講することができるので、英語と日本語のハイブリッド型ラーニングも可能です。50カ国を超える国・地域から集まった多様な価値観やバックグラウンドを持つ留学生と一緒に受ける授業は、知識や英語力が得られるだけでなく、ものの見方・考え方にも大きな刺激となり、世界で活躍するリーダーを育てます。

2017.04.24 学部横断「グローバルコース」 2017年よりSTART!

1年次からGTIネイティブ教員による少人数対話型授業で英語漬けに、2年次のASP参加で本物の異文化体験、3年次以降には長期留学やE-Trackプログラムも組み合わせて、さらにワンランク上の英語能力を身につけます。ASPや長期留学に関しては従来どおりの国際交流奨学金制度があるほか、ASPに参加したグローバルコース受講者を対象に100万円の補助制度もあります。

2017.04.24 スポーツを通じた人間形成

人にとって最も重要な心と精神を鍛えるのがスポーツ。優れた指導者のもとでの勝利への切磋琢磨は、学生の人間力を磨き、自立した若者へと成長させてくれます。
本学ではトップレベルの施設(坂戸キャンパス[総合グラウンド])と各競技を代表する指導者のもと、強い意志を持って行動できる人材を養成しています(古葉竹識/硬式野球、宇津木妙子/女子ソフトボール、前田秀樹/サッカー、大竹七未/女子サッカー、佐藤直子/硬式テニス、横溝三郎/駅伝、湯原信光/ゴルフ、三宅義信/ウエイトリフティングなど)。

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2016年3月卒業生実績

青山商事(株) | (株)イトーヨーカ堂 | (株)エイチ・アイ・エス | (株)岡三証券グループ | (特非)学童保育おおみや | ギャップジャパン(株) | 近畿日本ツーリスト(株) | 警視庁 | 航空自衛隊 | 国土交通省 | (株)ゴルフダイジェスト・オンライン | 埼玉県警 | さいたま市役所 | さいたま生活協同組合 | 生活協同組合コープみらい | 積水ハウス(株) | (株)ゼンショーホールディングス | 全日本空輸(株) | 第一生命保険(株) | 大和ハウス工業(株) | タカラスタンダード(株) | (株)ツツミ | (株)電通 | 東京消防庁 | (株)ニチイ学館 | 日本水産(株) | 日本ヒルトン(株) | 日本ホテル(株) | 日本郵便(株) | 日本ロレアル(株) | (株)羽田エアポートエンタープライズ | (株)パレスホテル | (株)ビー・エム・エル | (株)ビックカメラ | (株)びゅうトラベルサービス | (株)ファーストリテイリング | 福山通運(株) | 富士重工業(株) | 富士ソフト(株) | 藤田観光(株) | 本田技研工業(株) | (株)マルエツ | (株)みずほフィナンシャルグループ | (株)三越伊勢丹ホールディングス | 三菱鉛筆(株) | (株)武蔵野銀行 | (株)USEN | (株)ユナイテッドアローズ | (株)レオパレス21 …など

就職支援

就職支援デスクに専門コンサルタントが常駐し、学生一人ひとりを個別にバックアップ。最新システムによる精度の高い就職紹介、ハローワークとの連携、スポーツ系クラブ所属学生への特別な支援、多様なインターンシップ(海外を含む)、国家資格・検定試験講座など、独自の就職サポートで強力に支援します。

各種制度

東京国際大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

多彩な留学プログラム

姉妹校ウィラメット大学をはじめ、世界各国の大学と交流・提携し、多彩な留学プログラムを実施しているので、個人の実力と目的に応じて留学期間や留学先を選択することができます。また、交換留学を推進する世界的組織ISEPに日本から加盟している8大学のひとつでもあるため、交換留学生として300を超える加盟大学に留学も可能です。全卒業生の8人に1人が留学経験者です。

キャンパスにいながら留学体験① English PLAZA

English PLAZA は本学の英語学習の拠点。専任のネイティブ教員が常駐し、リラックスした雰囲気で英会話を楽しめるラウンジ(カフェも併設)や、個人でもグループでも英語学習のアドバイスを受けられるエリアなどがあります(Mac Book Air も導入)。留学前からネイティブの英語に触れることで英語への抵抗感がなくなり、また留学後も積極的に活用することにより、留学で培った英語力を維持できます。また、留学生たちが自国を紹介するスピーチイベントや、ハロウィンやクリスマスなどのイベントも行われており、留学をしない学生たちもキャンパス内で異文化を身近に感じつつ、実践的なコミュニケーション力を身につけることが可能です。

キャンパスにいながら留学体験② Japanese PLAZA

50カ国(地域)900名を超える留学生たちの「日本語が上手になりたい」「日本の文化を体験したい」というリクエストに応える場であると同時に、日本人学生にとっては日本語で留学生と交流できる場所です。四季折々のイベント等も開催され、留学生たちが民族衣装で参加したり、日本と外国の違いを比較したりすることで、日本にいながら自然に多文化が学べる環境になっています。純和風様式の「公徳庵」、立礼式の「京都」(正座に慣れていない留学生への配慮)という二つの茶室も設置されています。

産学連携で観光の最前線を学ぶ

JTB総合研究所との産学連携により、国際関係学部では「観光立国プログラム」を展開。第一線で活躍する実務経験者から観光の最新業界動向や観光実務などを学修します。また、JTBグループ各社でのインターンシップ、全国各地の観光施設や観光協会での実務研修、英語を活用した国際会議場での研修など、旅行・航空・ホテルといった観光の第一線とダイレクトに結びついた実践的な学びが充実しています。

社会との連携教育も積極的に

「小江戸(川越)まちおこし~グローバル人材育成のための地域連携型教育研究拠点づくり」が文部科学省「地(知)の拠点整備事業」へ初年度に採択され、いくつかのプロジェクトが推進されています。川越の観光地を結ぶ巡回バス運営会社からの委託を受けて開発した着地型観光商品は、モニターツアーを実施しました。フィニッシングスクールを意識した大和撫子プロジェクトでは、21世紀のグローバル社会を美しくしなやかに生き抜くためにメイク・ファッション・パーソナルカラー・お茶・着付け・英会話など、品格と教養を身に着けるマナーや礼儀作法の講座を開講しています。学内の教育および研究体制を地域と連携する形で整備・充実させ、社会貢献活動型のプロジェクトを通し、今後も「地域に貢献できる人材」を育成していきます。

シンポジウム・公開フォーラム

本学では知の社会還元として年に数回、「国際シンポジウム」や「英語教育フォーラム」などを開催しています。昨年(2016年)第5回を迎えた国際シンポジウムは、講演者に外務大臣などを歴任した自民党副総裁の高村正彦氏、国際政治学者ジョセフ・ナイ氏(ハーバード大学教授)、同じく国際政治学者ヴァリ・ナッサー氏(ジョンズ・ホプキンス大学SAIS所長)、外交評論家の岡本行夫氏を迎え、日米の論客による熱い議論を展開しました。

大学院

商学研究科、経済学研究科、国際関係学研究科、臨床心理学研究科

学校No.339更新日: 2017.04.26

東京国際大学ページ上部へ