日本菓子専門学校の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専修学校(専門学校) / 東京都 認可 / 専修学校・厚生労働大臣指定

日本菓子専門学校

製菓技術学科

独自のカリキュラムで、お菓子づくりに欠かせない常識にとらわれない想像力と創造力を養う

洗練された真のプロフェッショナルを育成するため、パティシエに欠かせない知識・技術を学ぶだけでなく、人間性豊かで美的感覚と創造性を兼ね備えた人材づくりを目的としています。1学年で基礎知識・技術の修得をマスターできるよう、材料の配合、仕込み、組立て、仕上げといったプロセス、道具や機械の使い方など、和菓子・洋菓子・製パンの基礎をしっかりと身につけます。 そして2学年で衛生知識の徹底と実践につとめ、製菓衛生師資格取得を目指すとともに、専攻で洋菓子・和菓子をそれぞれ専門的に学びます。 和菓子・洋菓子という対極にある菓子づくりを学ぶことで、常識にとらわれない自由な想像力と創造力を養い、実力強化をバックアップします。 入学時からパティシエを目指す人にとっても、少しでも多くの経験を積んでから、2学年に学ぶことを決めてほしい。学生の皆さんが抱き続けてきた夢を実現することも、日本菓子専門学校に課せられた大切な役割だと考え、独自のカリキュラムを設定しています。

パティシエを学ぶ 食・栄養・調理・製菓

確実に力をつけるため、密度の濃い少人数制の実習授業を徹底

確実に力をつけるため、一緒に実習を行う人数の基準を、1テーブル3人制に定めています。2年という限られた期間で、より多くのお菓子づくりを体験し、より多くのお菓子に触れ、しっかりとした技術を身につけてもらうために、日本菓子専門学校の長い歴史と経験から割り出された、製菓の技術を学ぶのにベストな人数構成です。すべての学生がより多くのお菓子やパンづくりに参加できるように考えられた少人数制のスタイルで、「実習なのにただ見ているだけ」ということがなく、必ず作業に関わることができるようになるため、すべての学生が無駄なく学ぶことができます。また、先生や助手の目がひとり一人に行き届くため、きめ細かな指導を行うことができます。少人数のグループであるため、必然的にコミュニケーションを取り合い、協力し合うようになり、社会に出てから重要となる協調性やチームワークを同時に学ぶことができます。

ジャンルにとらわれないバラエティに富んだ授業で自由な発想力を磨く

1年目にはひとつのジャンルにとらわれず、全学科で和菓子・洋菓子・製パンそれぞれの基礎を学び、枠にとらわれない自由な想像力と創造力を養います。実習に多くの時間を費やしながら、理論を学び、文化に触れる一般教養科目、和菓子・洋菓子・製パンの基礎知識を身につける専門教育科目など、さまざまな分野に及ぶ授業を展開しています。さらに、2学年では、ゼミナール等のカリキュラムも取り入れるなど、実力を高めながら、一人ひとりの感性を磨いていきます。ディスプレイやカフェ、茶道などのゼミナールを組み込むなど、卒業後に社会人として即戦力となるためのカリキュラムを実施しています。技術と理論をバランスよく学ぶことで、プロとしての自覚と行動力、かつ時代に対応できる業界人を育てます。