京都伝統工芸大学校

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専修学校(専門学校) / 京都府 認可 / 学校法人 二本松学院

京都伝統工芸大学校

京都で一流の工芸士から最高峰の工芸技術を学び、工芸・ものづくりのプロをめざす。

本校は、日本の優れた伝統工芸の技を、未来の担い手へ広く継承することを目的に、国・京都府・伝統工芸産業界の支援のもと、伝統工芸の技を伝える学びの場として誕生しました。
業界の第一線で活躍する匠たちを講師に迎え、京都だから学べる伝統工芸の技を、従来の従弟制度ではなく、実習中心のカリキュラムで学べる独自の教育を展開。「工芸士」資格の在学中取得が目指せ、さらに4年制を選択すると、大学卒業資格(放送大学教養学部学士号)も取得できます。
また、本校ではフランス・イタリアとの国際交流も実施しており、フランス最高峰のパリにある「エコール・ブール国立工芸学校」との交換留学やイタリアへの作品出展などを通して、世界に通じるデザイン、感性を磨くことができます。
卒業生は、身につけた技術を活かして、伝統工芸の後継者や作家、インストラクターなど幅広い分野で活躍しており、工芸・ものづくり関係で95%(2017年3月実績:希望者84名中80名)の高い就職率を残しています。

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2017年3月卒業生実績

パイロットコーポレーション | ケイ・ウノ | 大阪錫器 | 開化堂 | 宮崎木材工業 | 三浦佛工 | 守田漆器 | 虚空蔵窯 | 嘉祥窯 | 冨田工藝 | 松谷佛具店 | 誠美堂 | 古代匠畠中 | 丸モ高木陶器 | 田原工芸 | 新野彫刻店 …など

就職支援

<インターンシップ>
希望する企業・工房でプロの現場を体験。

3・4年次では、学生それぞれが希望する企業や工房で、職業体験を行うインターンシップ(工房実習)を実施。実際のプロの現場に肌で触れることが、後の就職につながる貴重な体験となっています。

<本校から無限に広がる可能性>

実用と美を追求したプロダクトで、新しいライフスタイルを提案するデザイナー。感性とセンスで見る人や使う人に幸せを与えるクラフトマン。日本の匠の技を受け継ぎつつ、より洗練された技を次代へつなぐ工芸士。未来の創造者、つくり手を育むインストラクターをはじめ、近年では福祉施設や学校でものづくりの楽しさを伝えたり、国境を越え、ものづくりを通じて社会貢献を果たすなど、福祉や教育の領域までその活躍の場は拡大しており、本校で身につけた確かな技の前には、無限とも呼べる可能性が広がっています。

各種制度

京都伝統工芸大学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

学生たちの作品が海外デビュー。展示会出展や海外研修を毎年実施。

本校では希望者によるイタリアへの海外研修を実施しています。デザインの本場イタリアの空気に肌で触れ、その造形美を実感することを主題に、ミラノやフィレンツェ等の文化遺産の見学や通常のツアーでは決して見学できない伝統工芸の工房見学などを行い、学生の視野や創造の幅を広げる機会としています。
海外研修の他にも、イタリアで開催される国際的な展示会に学生作品30点を毎年出展し、賞も受賞しています。また、2017年にミラノ郊外のリッソーネ市現代美術博物館で開催された「アルティジャナルテ展」において、本校生作品の中から4作品が名誉ある賞を受賞しました。

本校生の活動を支援し、ものづくりの魅力を発信する拠点があります。

「京都伝統工芸館」は、京都が世界に誇る伝統工芸の素晴らしさを、社会へ広く発信する施設。優秀な学生作品・卒業作品は展示され、多くの人の目にふれることになる他、卒業生の個展開催など作品発表の場としても利用され、卒業生の活躍を全面的にバックアップ。作品展示の他、制作実演コーナーやものづくり体験コーナーなども設けています。

はじめての一人暮らしも快適にサポートする、本校直営の学生寮・マンション。

本校では、はじめての一人暮らしでも安心して生活していただけるよう、本校直営の学生寮・マンションを多数用意しています。セキュリティ機能や設備の快適さに関しては、通常の賃貸アパート・マンションをはるかに上回るレベルの充実度。
女性専用マンションも豊富にご用意し、家賃も相場よりずっと低く設定されるなど、保護者の方からもご安心いただいています。

学校No.3182更新日: 2018.05.17

京都伝統工芸大学校ページ上部へ