大阪河崎リハビリテーション大学の学部・学科紹介

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

大阪河崎リハビリテーション大学

※「崎」の右側のつくりは実際には“奇”ではなく“竒”です

リハビリテーション学部 リハビリテーション学科

寄り添うこころ、支える技術。

リハビリは心のケアだけでは不十分、身体のケア(=技術)だけでも不十分であり、心と身体の両方のケアをしないと患者の明るい未来を叶えることができない。
だからこそ我々大阪河﨑リハビリテーション大学は、人に寄り添うことができるような心の成長をすると同時に技術の成長もすることで、他にはないリハビリ業界の人材を育てていく。
そういう大学でありたいし、そういう教育機関であると知られて欲しい。

「寄り添うこころ」には、私から患者へ/先生から学生へ/大学から学生や先生といった様々な立場の人が様々な相手に寄り添う、
という多様な想いが込められており、 そのように寄り添うことができるようになるために、「技術」を身につけることが重要。

「支える技術」には、患者に対する医療の技術、先生が学生を教える技術など、多くの人がひとりの人を支えるための技術、つまりみんなで支えあうことができるには技術が必要という想いが込められている。

また、『寄り添うこころ、支える技術。』の真ん中にある「、」の意味をそれぞれで考えてほしい。
「and」なのか、「for」なのか、もしくは「with」なのか、みんなそれぞれの「、」を考え、そしてそれを行動に移して実現していってほしい。
このことを軸に据えて、常に考えることでみんな変わっていけると信じている。

リハビリテーション分野で活躍する理学療法⼠、作業療法⼠、⾔語聴覚⼠のプロを育成

【理学療法学専攻】
ケガや病気により⾝体に障がいを持った⽅や、障がいを持つことが予測される⽅に対し、「起き上がる・⽴ち上がる・歩く」などの基本的動作能⼒の回復や、障がいを予防するリハビリテーションを学修します。
失った機能の回復と眠っている機能を覚醒させるためのリハビリテーションを⾏う理学療法⼠を養成します。


【作業療法学専攻】
「⾷べる・着替える・トイレができる」などの⽇常⽣活を⽀える⾝体機能の維持・改善・向上を図るリハビリテーション技能を学修します。
「こころ」と「からだ」の両⾯から患者様を⽀える作業療法⼠を養成します。
⼀⼈ひとりに寄り添った治療ができるように、治療の知識や技能から、地域での⽀援、他職種との連携まで幅広く学びます。

【⾔語聴覚学専攻】
「話す・聴く・飲み込む」などの⼝や⽿に関する機能の維持・改善・向上を図るリハビリテーション技能や、⼩児発達障害に対する⽀援⽅法を学修します。
また、障がいを理解する上で必要な⼼理学・⻭科学系の授業も開講。
コミュニケーションを取る事や⾷べる事に障がいを持った⽅に、その⼈らしさを取り戻すためのリハビリテーションを⾏う⾔語聴覚⼠を養成します。

【チーム医療】
医療の進展・複雑化に伴い⼀⼈ひとりの患者様の⽣活に合わせた医療の提供が必要になってきました。
そのためには多職種間で連携を取り、多⽅⾯の専⾨的な⽴場からケアを⾏う「チーム医療」が必要とされています。
本学はリハビリテーションに不可⽋な理学療法⼠・作業療法⼠・⾔語聴覚⼠を養成する3つの専攻を置き、他専攻との交流を通して「チーム医療」を実践する上で必要な“他職種への理解”を深め、卒業後にチーム医療が⾃然とこなせる環境を整えています。

【関連施設・OBOG】
本学では、徒歩圏内に複数ある関連病院・関連施設でプレ実習(実習前教育)や実技授業・演習授業が実施できるので、⽇々の学修のみならず⻑期実習に向けてのフォローも万全です。

こんな学問が学べます。
  • リハビリテーション・作業療法・理学療法
こんな職種が目指せます。
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士