九州電気専門学校

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

専修学校(専門学校) / 福岡県 認可

九州電気専門学校

98年のノウハウと経験豊かなプロが、新しい「電気のプロ」を育てる!

1923(大正12)年開校の「九州電気工学校」を前身に、98年の歴史を持つ本校は、国の第二種・三種電気主任技術者認定校であり、第二種電気工事士養成施設指定校です。生活に不可欠な「電気」を扱う「電気主任技術者」「電気工事士」育成を目的とし、卒業生の多くが電気技術者として活躍しています。
学びの内容は専門性の高いものですが、講師陣は電気関係の企業や大学の研究室での現場経験豊かなプロの集まりです。培ったノウハウを生かした分かりやすい指導を行います。

トピックス

2021.03.01 約7割が電気初心者・約5割が再進学者

「電気技術者」を目指すのに不安を感じることはありません。本校には、普通科高校や文系クラス出身の学生が多く集まっています。担任制を採用し、学生一人ひとりの目標やレベルに合わせた学習環境で、イチから卒業後の即戦力を育て上げます。
また、再就職、スキルアップを目指す再進学者が多いのも特徴です。違う分野の学校や業種から、電気を一から学び直す方でも、目標資格を得ています。

2021.03.01 博多駅から徒歩10分の好立地で通学に便利!

本校はJR・地下鉄「博多」駅から徒歩10分圏内という便利の良いロケーションに位置します。天神・薬院にもアクセスしやすい場所で、学ぶ環境も整っています。遠方では、熊本や佐賀から通学している学生もおり、遠方からも通いやすい立地にあります。

2021.03.01 国家資格取得を目指すカリキュラム

2年コースの電気工学科は、第二種・三種電気主任技術者の認定学科のため、認定科目を中心に一般電気科目と一般教育科目を学びます。第一種電気主任技術者の資格を持つ講師陣が合格への近道を伝授します。また、目標資格に合わせた授業が組み込まれており、複数の資格合格を目指します。
1年コースの電気工事士科は、第二種電気工事士の免状が卒業と同時に取得(※1)できるため、全てのカリキュラムを修了することで、現場ですぐに電気工事を扱える技術を身に付けることができます。その他、積極的に第一種電気工事士や消防設備士の試験に挑戦していきます。

(※1)2020年6月16日 経済産業省 第二種電気工事士養成施設一覧より

2021.03.01 夜間部を併設、国家資格レベルの学びを昼間のアルバイトや仕事をしながら両立

夜間学校からスタートした歴史から夜間部を併設しています。昼間部より校納金を安価に設定していることもあり、アルバイトで自力進学を試みる学生や仕事をしながらスキルアップや再就職を目指している方が夜間部を選択しています。1クラスが少人数のため個々のペースで勉強ができ、国家資格の取得率が高い傾向です。

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2020年3月卒業生実績

九州電力 | 九電工 | 九州電気保安協会 | ニシム電子工業 | 九電ハイテック | JR九州電気システム | 西日本電気テック | 正興電機製作所 | 日産自動車 | ダイキン工業 | 日本電設工業 …など

●2020年3月卒業生就職率  98%(就職希望者49名/就職者48名) 
●2019年3月卒業生就職率 100%(就職希望者47名/就職者47名)
●2018年3月卒業生就職率  98% (就職希望者59名/就職者58名)
●2017年3月卒業生就職率 100%(就職希望者42名/就職者42名)
●2016年3月卒業生就職率 100%(就職希望者76名/就職者76名)

就職支援

〈卒業生の活躍が次の世代へ繋がる〉
本校では社会情勢に関わらず、毎年95%以上の安定した就職実績を上げています。先輩たちは産業界の各分野で高く評価され、それが求人の多さにつながり、後輩たちの就職にも大きな力となっています。内定企業は、大手有名企業や福岡の電力会社とそのグループ会社、九州各地域で貢献されている優良企業が多いのも特徴です。

〈就職サポート〉
入学直後から、いつでも相談できる体制をとっています。
夜間部はカリキュラム上、就職ガイダンス等の時間が取れないため、希望者には昼間部のガイダンスへの参加や個別相談で対応しています。
また、毎年学内において会社説明会を実施しています。就職実績のある約25社の人事の方々に来校いただき、早期に就職活動をスタートできるようにしています。

各種制度

九州電気専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

高等教育の修学支援新制度(対象:電気工学科)

「大学等における修学の支援に関する法律」の公布・施行により、令和2年度以降、大学や専門学校などの高等教育機関における修学の支援のための取り組みとして、機関要件の確認を受けた高等教育機関に入学する新入生や在学生を対象とした給付型奨学金の支給や授業料・入学金の減免措置が行われます。本校は、これら修学支援の対象機関となりました。

専門実践教育訓練給付制度(対象:電気工事士科)

労働者や離職者が自ら費用を負担して、指定する講座を受講し修了した場合、本人がその支払った経費の一部を支給する制度です(上限40万円)。終了後に就職した場合は、さらに一時金が支給されます。ただし、入学前に居住地域のハローワークでジョブカードの申請が必要です。詳細はハローワークで確認ください。

兄弟姉妹・親子入学特典制度

本校の卒業生または在校生の子女・兄弟姉妹が入学希望する際に入学金を全額免除する制度です。(同時入学の場合は2人目以降が対象となります)
続柄の分かる書類(戸籍抄本など)の提出が必要です。

校納金 分納・延納制度

校納金は、前期・後期の2期に分けて納入していただきます。(指定納入月前に請求書をお送りします)
ただし、延納・分割を希望される場合は、ご連絡ください。指定の手続き等を行うことで支払いを遅らせることができます。

併願制度

本校では、併願制度を認めています。本校への入学手続き(入学金の納入など)は、大学・短大の入試結果発表後まで遅らせることができます。
ただし、併願申込書に記載の合否発表日以後、1週間を過ぎても本校への入学の意思表示がない場合は、入学を取消すことがあります。

聴講生制度

生涯学習の推進を図ることを目的として設けられた制度で、指定科目の中から学びたい科目を選び、正規の学生たちと一緒に授業を受けることができます。
主に社会人や企業が国家試験対策や社員研修などで利用しています。

表彰制度

在学中に、対象となる国家資格試験に合格した場合、表彰する制度です。合格者には奨励金と賞状を授与いたします。

<対象となる国家資格>
●第二種電気主任技術者
●エネルギー管理士
●第三種電気主任技術者
●第一種電気工事士

学校No.3009更新日: 2021.04.14

九州電気専門学校ページ上部へ