広島工業大学専門学校

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

専修学校(専門学校) / 広島県 認可

広島工業大学専門学校

IT・電気・機械・建築・土木・音響・映像。各業界で必須の資格と技術を身に付ける!

■「ものづくり」を学ぶ
情報・電気・機械・建築・土木・測量などのエンジニア系、音響・映像などのクリエイター系の両分野で社会のニーズに応える学科を設置。「ものづくり」の最前線で即戦力として活躍できる技術と知識、豊かな「人間力」を持った人材を育成します。

■認定校・指定校
各業界における必須の資格は「認定校」「指定校」なので、有利な条件で取得を目指せます。経験豊富な教員陣がしっかりサポートします。

■安心の就職サポート
チューター(担任)とキャリアサポートセンター(就職支援室)が学生一人ひとりの希望や適性に合った就職指導を個別に実施。企業からは即戦力として高く評価されており、2018年3月卒業生の就職率は97.9%(就職者数183名/就職希望者数187名)でした。

■幅広い学びの制度
シンガポールとベトナム、タイにそれぞれ姉妹校があり、グローバルな視野と技術を養う「海外研修旅行」「短期留学」「海外インターンシップ」などの制度があります。
また、より広く、より深く学びたい学生の意欲に応えるため、広島工業大学に編入学できる「学園内推薦制度」も設けています。

トピックス

2019.03.01 全学科「職業実践専門課程」に認定されました

2014年文部科学大臣により「職業実践専門課程」に本校が認定(建築士専攻科は1年制のため対象外)されました。企業などと定期的に連絡会を開催し、今現場で求められている技術や知識、人物像など、業界の最新ニーズをカリキュラム編成に反映させているほか、企業と連携した実習授業も実施。本校のこれまで行ってきた教育内容が、職業に直結した実践的なものであることを認められた結果となります。

2019.03.01 人間力を高める本校オリジナルの講座『生き方講座』

将来、仕事を通じてより豊かな人生を創造していくために「人間力(生きる力)」を高める本校オリジナルの講座。「新聞の読み方講座」や税金についての講演会、ボランティア清掃活動などから就職ガイダンスまで、内容は多岐に渡ります。
この『生き方講座』を通じて自己分析、職業理解を深めながら、自らの職業人生設計を描いていきます。全クラス毎週1コマ(90分)の開講です。

2019.03.01 取得を目指せる資格

本校は、各業界において必須資格の「認定校」「指定校」で、有利な条件で資格取得を目指せます。
経験豊富な教員陣がしっかりサポートします。


〈取得できる国家資格〉
第二種電気工事士
第二・三種電気主任技術者※1

〈受験資格が取得できる国家資格〉
二級建築士
一級建築士※1
1・2級建築/土木/管工事/造園/電気工事施工管理技士※1
機械加工技能士2級※2
舞台機構調整技能士2級※2

※1 卒業後に実務経験が必要
※2 3級合格者は在学中に2級を受験可能

2019.03.01 より広く、深く学びたい意欲に応える大学編入

本校は同じ学園である広島工業大学への編入学について「学園内推薦制度」を設けています。成績、出席率、学習意欲(面接)を総合評価し、本校の校長推薦で編入学試験が受けられます。

<学園内推薦制度の特典>
広島工業大学の編入学試験において、筆記試験を免除

<単位の読み替えについて>
広島工業大学の卒業要件単位数124単位のうち、本校で取得した単位は最大で62単位まで読み替えることができます。各専門科目の単位はもちろんのこと、本校で大学編入に対応する一般科目も開講し、スムーズに単位の読み替えができるようサポートしています。
※編入年次は3年次を目指していますが、単位の取得状況によっては2年次になる場合があります。

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2018年3月卒業生実績

中電工業㈱ | 中国工業㈱ | 錦建設㈱ | ㈱増岡組 | ㈱伏光組 | (一財)中国電気保安協会 | 広島ガステクノ・サービス㈱ | ㈱電力サポート中国 | 下花建設㈱ | 広電建設㈱ | トータテグループ | 日立建機日本㈱ | ㈱ハマダ | 広島アルミニウム工業㈱ | 広島精密工業㈱ …など

2018年3月卒業生 
就職率 97.9%(就職者数183名/就職希望者数187名)
就職者の専門職率 96.7%(専門職就職者数181名/全就職者187名)

就職支援

<個別の就職指導>
チューター(担任)が学生一人ひとりの希望や適性に合わせた個別指導を行います。
保護者対象就職ガイダンスや三者面談も実施。
キャリアサポートセンター(就職支援室)と連携して、履歴書の書き方や就職試験・面接指導などを個別に行うので安心です。

<試験直前に合格力をアップ! 就職試験直前支援>
企業に提出する書類の志望動機や、自己PR内容の確認・添削をはじめ、就職試験の前には、個別に筆記試験・適性試験・面接指導を実施。
また、先輩の残した入社試験報告書による貴重な情報も提供します。

<何でも気軽に相談できる頼もしい存在 キャリアサポートセンター>
キャリアサポートセンター(就職支援室)には、就職戦線を勝ち進むためのサポート体制が万全。
経験豊かなスタッフがきめの細かいアドバイスを提供しており、学生一人ひとりの個性と希望に沿った就職を支援するための資料も充実しています。

各種制度

広島工業大学専門学校での学びを支援する各種制度のご紹介!

独自の奨学金制度でサポート

本校には学費を軽減するための給付型奨学金制度を独自に設けています。日本学生支援機構奨学金と併用することができます。

●(公財)鶴虎太郎奨学金
学園内独自の奨学金制度で返還不要です。
選考方法:書類選考
給付期間:採用年度限り(単年度採用)
給付金額:年額12万円(前後期2回に分けて6万円ずつ給付)

●広島工業大学専門学校同窓会奨学金
本校独自の奨学金制度で返還は不要です。
選考方法:書類選考
給付期間:採用年度限り(単年度採用)
給付金額:年額6万円(前後期2回に分けて3万円ずつ給付)

※鶴虎太郎奨学金と同窓会奨学金の重複採用はありません

頑張る学生を応援する「特待生制度」

意欲的かつ成績優秀な学生のために、当該年度の授業料等が減免される特待生制度を設けています。日々の頑張りが学費の負担軽減につながり、さらに学習に専念できます。

●第一種特待生制度
新入生を対象とする制度。推薦入試または指定校推薦入試の出願者が対象で、筆記試験と面接試験を行います。
詳しくは、学生募集要項で必ずご確認ください。
<特待生の種類>
特待生A:初年度の授業料全額(55万円)を免除
特待生B:初年度の授業料半額(27.5万円)を免除
特待生C:入学金の全額(10万円)を免除
※本校が指定する条件(評定平均値、各種資格試験合格など)を満たせば、特待生C以上で採用します

●第二種特待生制度
在校生を対象とする制度。成績、出席率、学習意欲(資格取得、ボランティア活動など)などの基準を満たしてチューターの推薦を受けること。書類選考を行います。
<特待生の種類>
特待生A:当該年度の授業料全額(55万円)を免除
特待生B:当該年度の授業料半額(27.5万円)を免除
特待生C:当該年度の授業料のうち10万円を免除

海外研修でグローバルに学ぶ

本校は、専門学校としては全国的にも珍しくシンガポールとベトナム、タイに姉妹校を持ち、学生交流を活発に行っています。
1993年に国立シンガポール・ポリテクニック校との交流をスタートさせ、「海外研修旅行」「海外インターンシップ」「短期留学」などの交流プログラムを実施。
2009年からは、ベトナムのホンバン国際大学と交流協定を結び、シンガポールに続く第2の海外研修をスタートさせました。
さらに2015年、タイの国立カセサート大学とも交流協定を結び、今後、海外インターンシップなどのプログラムを開始します。
こうした海外での研修や学生交流を通して、視野を広げるとともに、国際理解力を身につけ、グローバルに活躍できる人材を育成しています。

学校No.2938更新日: 2019.03.01

広島工業大学専門学校ページ上部へ