明治国際医療大学の学びの特色

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立大学

明治国際医療大学

保健医療学部 救急救命学科

多様な実習プログラムにより即戦力となる「救急救命士」を育成!

救急救命士は、患者を病院まで搬送する間に救急車の中で救急処置を行う医療従事者です。医師の指示のもと、器具を使った気道確保や気管挿管、薬剤投与、輸液点滴といった高度な救急処置を行います。本学科では、救命救急センターや消防機関などの協力を得て実施する臨地実習をはじめ、海・河川・雪山、都市災害のレスキューを学ぶ実習など、あらゆる救急現場を想定した実習プログラムにより、高い判断力と実践力を兼ね備えた救急救命士を育成します。

救急救命士を学ぶ 医療・歯科・看護・リハビリ

実際の救急現場で役立つ救助法を学ぶ

即戦力として活躍できる救急救命士を育成するために、本学科は、実際の現場を体験する実習プログラムを用意しました。特に自然災害が頻発する現代において、雪山、河川、海などでの救助法を学ぶ学外実習が充実。各種団体とも連携しながら、基本的な知識・技術の修得に留まらない、実践的な救護経験を蓄積します。

【マウンテンレスキュー実習】
雪山における遭難とけが人の救助法を学びます。実際に救助を体験するほか、山に関する知識やスキー場における救護所とパトロール隊との関係、事故の種類とその対策などについても学びます。

【ウォーターレスキュー実習】
河川と人間生活との関係性や、水難事故とその対策について知識を深めた上で、水難救助法を修得します。

【ライフセービング実習】
海に関する理解を深め、基本的な泳法や海上での救助法・応急手当を学修。救助技術によっては、日本ライフセービング協会の協力のもとで実習を行います。

【都市型救助実習】
都市部における救助事例の増加をふまえ、高層ビルでの火災や家屋の倒壊といった多様な場面をシミュレーションします。

キャンパス内にある「救助訓練施設」で実践力を身につける

大学の広大な敷地を活かして、専用の救助訓練施設を建設。都市型救助実習などで活用する高層ビルを模した施設や、がれきなどが山積する災害現場など、本学ならではの施設で実践演習に取り組むことができます。

また、救急救命士はさまざまな医療機関や医療従事者たちとの連携も大切な仕事の一つ。大学附属病院をキャンパス内に有する本学では、この附属病院を活かした独自の教育を展開。医療の最先端を肌で感じる環境の中で、さまざまなスキルを持つメディカルスタッフ(医療専門職)が連携・協働して患者さんにアプローチするチーム医療を学びます。