仙台大学

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

私立大学

仙台大学

SPORTS FOR ALL ~スポーツの探求を通じて新たな価値を創造~

 1967年、東北・北海道の体育大学として先駆けて開学した仙台大学。多様化する体育・スポーツへのニーズに応える指導者を育てる『体育学科』。地域の人々の健康づくりに貢献できる人材育成を目指す『健康福祉学科』。栄養分野を中心に「食・栄養」と「運動・スポーツ」との相互作用を学ぶ『運動栄養学科』。情報でスポーツを読み解くプロを育てる『スポーツ情報マスメディア学科』。武道教育現場の指導者や警護・警備のプロを育てる『現代武道学科』。運動遊びを軸とした幼児期における子どもの保育と教育に関する学びをとおして、社会に貢献できる保育者を育てる『子ども運動教育学科』。

 「スポーツ・フォア・オール」という基本理念のもと、仙台大学体育学部は、スポーツ科学の裾野を広げる6つの学科で構成、社会で充分活動できるための知識と技能力を身につけ、心身の健康育成を重視した教育を行っています。

トピックス

2020.04.01 競技力の向上、健康の保持増進に寄与できる「運動」と「栄養」の実践力を運動栄養学科

 健康増進、スポーツにおける競技力向上のためには、「運動」と「栄養」のバランスを考えることが大切です。したがって、このような現場において活躍が期待される指導者は、運動やスポーツについての知識のみではなく、栄養・食事についての知識も求められることがあります。しかしながら、これまで「運動」と「栄養」の関連性をポイントに学べる環境は少なかったのが現状でした。仙台大学運動栄養学科は、この両者の知識豊富な専門家を養成することができる全国的にみても大変ユニークな学科です。
 運動栄養学科では、「運動」と「栄養」に関する幅広い知識や技能が習得できる豊富な講義、実習や実験などの授業が用意されています。さらに運動・スポーツの現場に直接出向き、授業で得た知識・知能を活用し、「運動」と「栄養」の関連性を修得できる活動も充実しています。
 そして、本学科の卒業生は、「栄養」について指導できる中高保体の教員、健康運動指導士、運動やスポーツについて知識豊富な栄養士、栄養教諭として全国で活躍しています。卒業時には「学士(運動栄養学)」の学位が与えられます。

2020.04.01 スポーツが好き!子どもが大好き!!あなたの想いを実現させる、子ども運動教育学科

 幼児期の子どもは体を動かし、音楽に親しみ、図画工作などを通じて好奇心と想像力を養い、心身ともに発育・発達していきます。そのプロセスを、運動遊びの支援助長を軸にして、心身の発育・発達を促す子どもの保育と教育のあり方についてじっくりと理解を深めていきます。
また、子ども運動教育学科では、所定の教育関連科目および所定の保育士資格関連科目の単位を履修することにより、幼稚園教諭一種免許状と保育士資格の取得が可能です。このほか、「幼児体育指導員」(日本幼児体育学会)、「ジュニアスポーツ指導員」(日本体育協会)の資格取得の道も開かれています。
運動遊びを軸とした幼児期における子どもの保育と教育に関する学びをとおして、社会に貢献できる保育者を育てていくという、これまでの保育者養成校にはない体育学に幼児教育学と保育学を融合させた学科です。卒業時には「学士(子ども運動教育学)」の学位が与えられます。
 必ずしもピアノが弾けなくても、図画工作が不得手でも、運動が得意でなくても、心配しないでください。学生一人ひとりの習熟度に応じて、安心して取り組むことができます。

主な就職先・就職支援

先輩たちの就職先・学校の就職支援をご紹介!

主な就職先2019年3月卒業生実績

北海道乙部町立乙部小学校 | 気仙沼市立津谷小学校 | 気仙沼市立階上小学校 | 登米市立米川小学校 | 東松島市立鳴瀬桜華小学校 | 丸森町立金山小学校 | 戸田市立美女木小学校 | 船橋市立夏見台小学校 | 石巻市立河南西中学校(保健体育) | 寒河江市立陵南中学校(保健体育) | 神奈川県立武山養護学校 | 横浜市立左近山特別支援学校 | 警視庁 | 宮城県警察 | 山形県警察 | 福島県警察 | 仙台市消防局 | 石巻地区広域行政事務組合消防本部 | 福島市消防本部 | 郡山地方広域消防組合 | 寒河江市役所 | 北海道公立小中学校事務 | 防衛省(自衛隊) | ヴァンラーレ八戸フットボールクラブ | (株)VONDSV市原 | (株)こども体育研究所 | (株)フクシ・エンタープライズ | ゼビオ(株) | (株)きらやか銀行 | (株)秋田銀行 | (株)秋田銀行 | (株)JTB | 西日本電信電話(株) | 綜合警備保障(株) | (株)LEOC | (株)グリーンハウス | エームサービス(株) | (医社)慶成会青梅慶友病院 | (社福)八木山福祉会 | (社福)大崎市社会福祉協議会 …など

就職支援

進路を考える人生設計科目「キャリア・プランニング」

「卒業後の進路」を学生生活の重要な課題と位置づけ、全学科のカリキュラムに「人生設計科目~キャリア・プランニング~」を設け、1年から3年まで学年ごとに必修科目として開講しています。「大学卒業後の進路」すなわち「一人の大人(社会人)として自力で生きること」を学生時代にしっかりと意識してもらい、目的を持った学生生活を過ごしてもらうことが本科目の大切なねらいです。

学生一人ひとりの希望をかなえる就職指導

本学の就職指導は個別対応を原則とし、一人ひとりの人生設計をしっかり考えることに重きを置いています。企業研究に関する情報提供や、エントリーシート・履歴書の添削など、学生一人ひとりに対応しています。さらに就職後も長く勤められるよう、職業に対する理解を深めモチベーションを高める指導を行っています。
また、さまざまな業界から企業を招いて開催する「学内企業セミナー」や単独企業による「学内説明会」、教員・公務員試験対策などのイベント・講座も開催し、希望どおりの進路を実現できるようサポートしています。

各種制度

仙台大学での学びを支援する各種制度のご紹介!

教員免許や福祉系資格など、就職につながる多彩な資格が取得を目指せます

 本学は、体育大学としてスポーツ系資格はもちろん、教員免許や福祉系資格も多数取得を目指せるカリキュラムとなっています。
中学・高校教諭(保健体育)の免許状を取得を目指せるほか、学科により、養護教諭、特別支援学校教諭、福祉科教諭、栄養士・栄養教諭二種、介護福祉士受験資格、社会福祉士受験資格、ジュニアスポーツ指導員、健康運動指導士、幼稚園教諭一種免許、保育士、幼児体育指導者資格などの資格の取得を目指せます。

「情報」を活用してスポーツを読み解く、スポーツの感動や醍醐味を伝えるため

 スポーツ情報サポート研究会は、社会に出て情報を有効に扱うことができる人材育成と本学サークルの競技力向上支援を大きな目的とし、活動がスタートしました。
現代はインターネットの普及やICT利活用が急速に進み、情報化社会とも言われています。これはスポーツ界においても同様で、最新テクノロジーを駆使することであらゆる情報が「可視化」されるようになり、チームの競技力向上やスポーツ中継にも多様なデータが活用されています。そのため研究会では情報戦略とマスメディアの両分野において、情報の収集・加工・分析・提供方法について実践を通した学びを深めています。

熱意を支える先進のキャンパス環境

 NSCA(日米ストレングス&コンディショニング協会)認定校でもあることから国内屈指のマシンが揃うトレーニングセンターや、日本陸連第3種公認の全天候陸上競技場や、バスケットボール3面・バレーボール4面が同時利用できる第五体育館、屋内温水プール、アスレティックトレーナー養成の講義実習の場でもあり、ケガをしたアスリートへのサポートなどを行うアスレティックトレーニングルームと新体操・ダンス専用フロアのある第四体育館、人工芝サッカー、フリーミーティングエリア(LC棟)、テニスコート5面、ラグビー場、屋内多目的練習場と屋外多目的グラウンドなど、スポーツ科学を堪能できる豊富な設備が整っています。

地域の健康づくりに貢献! 健康づくり運動サポーター

 体育系大学の特徴を活かした本学独自のカリキュラム「健康づくり運動サポーター」。学内でトレーニングを積んだ学生たちが、地域の中で生活習慣病や介護予防等を目的とした運動指導を行っています。また、東日本大震災では、避難所などへエコノミークラス症候群予防の指導や健康測定などに赴きました。

日頃の食生活から競技力向上を考える、スポーツ栄養研究会

 運動と栄養の関係を学ぶ運動栄養学科には、学科のカリキュラムとは別に、部活動に対し栄養学的側面からサポートを実施する「スポーツ栄養研究会」があります。チームの一員として練習や大会への同行や身体状況を調査して食事を提供したりするなどの活動を行い、身体の中から競技力向上を応援しています。

専門コースの実践研究の場として

「アカデミックパートナーシップ」として協定を結んでいるのは、東北楽天ゴールデンイーグルスの運営会社である株式会社楽天球団、株式会社ベガルタ仙台、Bリーグ仙台89ERSのいずれも仙台に本拠地を置く3球団。コーチングやトレーニング、イベント運営の体験学習、技術指導、インターンシップ、球団管理栄養士による現場体験の講義など多彩なプログラムを実施し、専門コースの実践研究の場として様々な取り組みを行っています。

学校No.289更新日: 2020.07.20

仙台大学ページ上部へ